【保存版】ダイエットに緑茶がいいって本当?

緑茶に含まれるカテキンやカフェインの成分が、ダイエット効果をアップさせてくれると言われています


ダイエットにはお茶を飲むと良いと言われていますが、お茶の中でも緑茶がおすすめです。それは緑茶に含まれる成分のうち、カテキンに糖質の吸収を抑える作用、カフェインには脂肪燃焼作用などダイエットに効果的な作用があるからです。

他にもカテキンやカフェインは身体に様々な効果をもたらしてくれます。また緑茶を飲むときは、飲むタイミングや量などにも注意が必要です。食事の前後や運動前などに取り入れると良いでしょう。

更に緑茶を淹れるお水選びもポイントになります。緑茶の良さを知って、生活に取り入れてみましょう。

緑茶に含まれるカテキンとカフェインは脂肪燃焼効果が期待できます

緑茶にはカフェインやカテキンが含まれており、身体に様々な良い効果をもたらすとされています。中でもダイエットにどう効果的なのかを見ていきましょう。

カテキンの効能

カテキンは苦み成分であり、ポリフェノールの仲間です。老化や病気を引き起こす活性酵素を除去しアンチエイジング、免疫力アップを図る抗酸化作用があります。インフルエンザなどのウイルスを撃退し、体内で繁殖させないようにする抗ウイルス作用もあります。

また、肥満を招くコレステロールの吸収を阻害し、排出を促進させる作用も期待できるのです。動脈硬化や心筋梗塞などの原因とされるLDLコレステロールの減少にも効果的です。糖質の吸収を抑えるので、血糖値上昇を防ぐ効果があるとされています。

血糖値は食後に上がりやすいので食前に飲むと良いでしょう。他にも、脂質代謝が進むため食後に摂取することで、エネルギーが効率よく代謝されて体脂肪減少につながります。

緑茶にもカフェインが含まれています

緑茶に含まれるカテキンは美肌や血糖値抑制に効果的だとされています。具体的に肌や身体にどう作用するのでしょうか。

緑茶には美肌に有効な成分が含まれています 

カテキンには日焼けを防ぐ効果があると言われています。紫外線を浴びると細胞の酸化が進んで肌に炎症が起こります。カテキンには細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、炎症から肌を保護するのです。更に、シミの元となるメラニン色素を作るチロシナーゼという酵素の働きを抑え、シミやそばかすを防ぎます。

他にも美白作用のあるビタミンCを豊富に含み、コラーゲンの生成作用もあります。肌にハリや弾力をもたらすので美肌作りに効果的です。

血糖値を抑える作用もある

食事を摂取すると体内でブドウ糖が血液にのって全身を巡り、エネルギー消費に使われます。血液中のブドウ糖の量は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンにより調節されています。

しかし、インスリンの働きが悪いもしくは分泌量が少ないと血糖値上昇につながるのです。すると血管が痛んで血液の流れが悪くなり、分解しきれない糖分が尿へとあふれ出し糖尿病を発症する場合もあります。

カテキンには、糖の分解を阻害する作用があり、腸からの糖の吸収を抑えることが可能です。糖からは脂肪が生成されますが、蓄積される糖の量が減ることで生成される脂肪の量も減少します。結果的に肥満を防ぎ、ダイエット効果をもたらすことにもつながるでしょう。

効果的なタイミングで緑茶を取り入れましょう


緑茶のもつ様々な効果を最大限に発揮させるためには、緑茶を飲むタイミングがポイントとなります。上手いタイミングで飲めるように工夫してみましょう。

緑茶を飲むタイミングも意識してみましょう

緑茶は食前に飲むことで腸に刺激を与え、機能を向上させることができます。更に、カテキンにより胃の壁に膜を張ることで、糖分の吸収を抑える作用もあります。食前に飲めばお腹が膨れるので、ある程度食べ過ぎを防ぐことも可能です。食事中に胃に入った糖分などの吸収を抑えてくれるので、食後に1杯飲むのもおすすめです。

また、緑茶に含まれるカフェインには脂肪燃焼効果があります。運動の30分前に飲むと減量効果が発揮されやすいと言われています。緑茶には優れた効果がありますが、数日間飲んだからといって身体に劇的な変化が見られるわけではありません。生活の中で緑茶を飲むことを習慣させて、長期的に継続させることが大事です。

ダイエット効果を期待するなら緑茶の摂取量を減らさないで、運動と食生活の管理を同時に行うという方法が良いでしょう。

緑茶に使うお水もきちんと選びましょう

緑茶は淹れるのに使うお水によって風味などが違ってきます。どういったお水を使うと美味しく、またより多く成分が抽出されるのか知っておくことが大事です。

お水を選ぶと、風味や成分に違いが出てきます

お茶は急須を使って淹れると成分が出やすく、風味が引き出されると言われています。また使うお水は不純物が混じっていないほうが良いです。更に、硬度が低い軟水の方が成分は抽出されやすいです。軟水というのは、カルシウムなどを含まないお水で体にも優しいとされています。

水道水は地域によってはカルキや塩素のにおいが気になる場合もあり、風味が損なわれることもあります。においもなく不純物を含まないお水を使っているウォーターサーバーなら、手軽に水分補給ができるだけでなく、成分が抽出されやすい美味しい緑茶が淹れられるでしょう。

もちろん緑茶はカロリーオフなので、ダイエット中の人にもおすすめです。

(まとめ)ダイエットに緑茶がいいって本当?

緑茶に含まれるカテキンやカフェインの成分がダイエット効果をアップさせてくれると言われています

緑茶に含まれるカテキンには抗酸化作用や抗ウイルス作用などがあります。更に緑茶には苦み成分カフェインも含まれ、老廃物の排出やリラックス効果などをもたらします。

また、カテキンには糖質吸収を妨げて血糖値の上昇を抑える、脂質の代謝を高め脂肪を減少させる作用もありダイエットに効果的です。カフェインにも脂肪燃焼を促す効果があります。他にもカテキンにはシミの生成を抑制して美肌を目指せる効果が期待できます。

緑茶は食事の前後や運動前などにこまめに飲むのが良いでしょう。生活に取り入れて飲むのを習慣化させることも大事です。そして、成分をしっかり抽出させ、風味を損なわないようにお茶を淹れるお水選びにも注意が必要です。ウォーターサーバーなら不純物の少ない安全なお水がいつでも使えるので、美味しくて成分の濃いお茶が淹れられます。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る