ダイエットの運動中の水分補給は必要なの?

運動中は体から水分が失われるためダイエット中でも水分補給します


運動をすると汗をかきますので、体からは汗としてどんどん水分が失われます。

もしもダイエットをしているような場合でも、汗をかいて水分が体から失われれば、水分補給をしないとなりません。

運動の量や種類にもよりますが、激しく運動すると1リットル程度の汗をかくこともあります。

それだけ水分が失われて水分補給しないと、体重を減らす前に、体を壊すことになるかもしれません。

体を壊さないようにするためにも、運動中は水分補給をします。

運動中は水分補給してダイエットをしやすくします

運動を行なうと動きが鈍くなっていきますが、これは疲労のみならず、体から水分が失われることも関係しています。

体重のおよそ1%の水分が失われると、運動のパフォーマンス低下は始まります。

さらにそれ以上体から水分が失われれば、命の危険にも関わります。

このようなことから、運動のパフォーマンスを保つためにも、運動中に水分補給はするようにするのです。

脱水症状を防ぐために水分補給しましょう

体は60%ほどが水分で構成されており、体から2%の水分が失われると脱水症状になります。

軽度であればめまい程度で済みますが、多くの水分が体から失われると、命の危険にもなります。

脱水症状を防ぐために、運動するなら水分補給するようにします。

お水を飲んでも太ることはありません

ダイエットをする方の中には、お水を飲むと太るので、出来るだけ水分補給はせず、運動は行なうという方もいるかもしれません。

しかし、健康な方であれば、お水を飲んだとしても太ることはなく、ダイエットに影響も及ぼしません。

もちろんお水を飲めば一時的に、その分だけ体重は増えますが、人間の体は不要な水分は汗や尿として体外に排出されます。

飲んだ分のお水も体の中に入っても、不要な分はすべて体外に排出されて、体重増加には繋がりません。

お水を飲んで体重が増えたりむくんだりする方は、代謝機能や体の排出機能が劣っている可能性があります。

しかしそのような方でも、どんどんお水は飲むべきであり、体の中でお水を循環させれば、体の機能も改善されていきます。

体の機能が改善されれば、体に溜まっている余計な水分が体の外に出て、お水を飲んでも太らなくなるでしょう。

運動中はもちろん、運動の前後も水分補給しましょう

運動中は汗をかきますので、水分補給を行なうようにします。

目安としては運動を開始して20分から30分に1回は、コップ1杯程度のお水を飲むようにします。

激しい運動をして沢山汗をかくようなときは、少し多めにお水を飲んでも構いません。

また、運動前にもコップ1杯程度のお水を飲んでおくと良く、運動すれば汗をかくことはわかっているので、運動前から水分補給をしましょう。

運動をした後も、体が落ち着くまでは汗をかき、体からは水分が失われますので、水分補給をするようにします。

運動での水分補給は、脱水症状にならないようにするためにも、運動を良いコンディションの中で行なうためにも、こまめにするようにしましょう。

水分補給にはお水が良いです

運動したときの水分補給のための飲み物としては、スポーツドリンクがあります。

これは運動して汗で失われた水分や、ミネラルなどを補うために作られた、まさしく運動での水分補給のための飲み物と言えます。

ただしダイエットをしている方には、スポーツドリンクは糖分が含まれており、カロリーを多く摂ってしまいます。

ジュースも糖分が含まれるので、同じ事です。

またアルコールは摂取すると体の中で分解しなければならず体に負担をかけて、二日酔いになる可能性もあるので、水分補給の飲み物としては適していません。

運動での水分補給の飲み物としては、お水が一番です。

お水でもカルキなどの含まれる水道水よりも、何も含まれない市販のお水の方が、水分補給には良いでしょう。

お水のままだと飲みにくいというような方であれば、お茶にしたり、黒酢などを少し入れたりしてさっぱりした味にすると飲みやすくなります。

ただお茶にすると利尿作用があるので、やはりお茶よりはお水の方が良いでしょう。

お水は一度に少しずつ飲むようにします


運動するときでも水分補給をするなら、お水は一気にたくさんは飲まない方が良いです。

それには、一度に沢山お水を飲むと、お腹にお水が溜まってしまい、運動しにくくなってしまいます。

また、摂取した水分は胃を通って小腸で吸収されますが、一度に吸収できる量には限度があります。

一度にたくさんお水を飲むと、吸収できない分は、そのまま尿として出てしまい、体には水分は吸収されません。

このために、水分補給するならば、お水は少しずつ飲んだ方が良いです。

お水を用意して飲むようにしましょう

運動するならば、運動開始前から運動後まで水分補給をこまめにします。

そのような時であれば、水筒などにお水を入れて持っておけば、いつでも水分補給できて便利です。

近くに飲み物を用意して、いつでも水分補給出来るようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る