独身の平均使用量に合うウォーターサーバー選びとは?

ノルマの無いウォーターサーバーで快適に

ノルマのないウォーターサーバー
ウォーターサーバーは買い物でペットボトルを運ぶ手間もなく、便利なものです。

しかし、独身の一人暮らしにとってたくさんの水は必要がなく、ノルマのあるウォーターサーバーや大きな容量で運ばれる水は負担となります。

一人分の水の量だけ利用できるウォーターサーバーを選べば、そうした負担もなくなり便利さだけを享受できるので、契約の仕方などをきちんと比べてウォーターサーバー選びをしましょう。

独身の平均使用量で自分が使う量を予測してみると分かりやすくなります。

ライフスタイルに合わせた水選び

ウォーターサーバーの水は、食事の調理や飲用、洗顔やスキンケアなど使い方はさまざまなものが考えられます。
それぞれの水の使い方によって使用量は変わってきます。

また、家で食事を取る回数や家にいる時間の長さなどによっても差があるため、ライフスタイルから水の使用料を考えることが必要です。

独身者のライフスタイルと水の使用量でウォーターサーバーを選ぶ

多くの家庭において、飲み水を購入することが珍しくない時代になってきています。

水道水を飲用することも安全は確保できますし、十分美味しく飲めるのですが、さらにおいしさや健康、便利さを追求するためにはウォーターサーバーの利用は合っています。

しかし、独身者の一人暮らし家庭では、一度に多くの水を使用することができないため、ウォーターサーバー選びは少し難しいと感じるかも知れません。

ライフスタイルと使用量に合わせた水選びをしないと損をしてしまう恐れがあるためです。

独身のウォーターサーバーの平均使用量

独身の家庭でのウォーターサーバーの使用量は、家族が多い家庭に比べて少なくなるのは当然のことです。

一日に一人当たりの飲む量はある程度決まっていますし、自炊する頻度も少なくなることがあるため、自然と水を使う機会も減ってしまいます。

独身者がウォーターサーバーを使うにあたっては、独身のウォーターサーバーの平均使用量をおおよその目安として、それにあったプランのウォーターサーバーを選ぶ必要があります。

一人暮らしの独身家庭の場合、水の使用量は1ヵ月およそ28リットル程度となります。
これは飲み水や料理などで使用する量です。

ウォーターサーバーで供給されるボトルに換算すると、よくある12リットルのボトルで2本程度となります。

小型のボトルを使用しているウォーターサーバーには10リットル以下のものもありますが、およそ2、3回の交換となります。

ノルマのあるウォーターサーバーでは

ウォーターサーバーでは熱いお湯が簡単に準備できるため、設置したことによってお茶やコーヒーなどを自分で入れる頻度が高くなり、使う量が増える可能性もあるでしょう。

しかし、基本的には大幅に水分摂取量が変わることはないので、独身の一人暮らしでは1ヵ月あたり2、3本の消費ということになります。

また、自分ひとりの生活なので、旅行に行ったり会社で残業が続いたりといった変化があれば、使用量は激変することがあります。

そんな場合に、ノルマのあるウォーターサーバーでは、水が余ってしまったり、ノルマをこなせなかったりしたことにより、配送料などが余計に掛かってしまうことがあります。

独身一人暮らしの場合には、ノルマのあるウォーターサーバーは経費の無駄が出る可能性があり、向いていません。

ノルマの無い少量から自由に使えるウォーターサーバーで

独身の一人暮らしの家庭では、独身のウォーターサーバーの使用量に準じた量のノルマやノルマの無いウォーターサーバーを選ぶと気が楽で便利です。

多少の使用量の差が生じても大丈夫なシステムであれば、過不足なく毎月の水を確保できます。

さらに毎月の仕事が変動しやすい人や出張や旅行の多い人では、定期的に運んで来るものではなく、必要な時に必要なだけ届けてくれるものが助かります。

また一人暮らしの住居では在庫のボトルを保管するスペースがないことも多いので、足りなくなったタイミングでスピーディーに運んでくれるとより便利です。

ウォーターサーバーを独身者の健康のために

体に良いお水で健康的に
独身者の一人暮らしでは、ウォーターサーバーによって体に良い水を飲むことが意外と大切なことになります。

食生活や生活リズムなど、ひとりで暮らしていると乱れがちになり、健康状態が悪くなることがあるためです。

良い水を飲むことは、体の循環を良くして、体にたまった老廃物を排出したり、肌に潤いを与える助けになったりします。

人の体には一定量の水分補給が必要となりますが、気軽においしい水が飲める環境は十分な水分量を確保するために活かせることでしょう。

ウォーターサーバーは使用量に合わせて

独身の人がウォーターサーバーを使う時にネックとなるのは、水が余ってしまうのではないかという心配です。

そのため、少量でも使い勝手の良いウォーターサーバーを選ぶことが必要です。
必要な分だけ届けてくれるものなら、自分の使用量に合わせて過不足なく使えます。

関連記事

ページ上部へ戻る