ミネラルウォーターにあるリスクとは?

ミネラルウォーターにはいくつかのリスクがあります

お水の硬度が身体に与える影響
安全なお水として広く利用されているミネラルウォーターには、実はいくつかのリスクが隠されています。
もちろんメリットも存在しますが、同時にデメリットもあることを覚えておく必要があるでしょう。

ミネラルウォーターは安全なものというイメージは強くありますが、よい面だけを信じてたくさん飲むことで健康に問題を生じさせてしまうこともあるのです。

こうした心配は、生活で利用するお水を純水(ピュアウォーター)にすることで解決できます。
ミネラルウォーターが抱えるリスク要因は、純水(ピュアウォーター)には存在していないのです。

お水に含まれるミネラル分が影響

ミネラルウォーターにあるリスクとは、そこに含まれるミネラル分や、製品にする際の処理方法などに起因します。

販売される状態ではもちろん危険なものではありませんが、場合によってはこれらの要因が健康を害する可能性もあるわけです。

お水との相性がよくないと体へのリスクが生じることが考えられ、そのいずれもがミネラルウォーター独自の特徴によるものです。

考えられるリスク

一般的に安全なお水として流通しているミネラルウォーターですが、場合によっては健康に対してのリスクが生じることがあります。

具体的な説明をこれから行います。

可能性のあるリスク

健康によいと言われるミネラルウォーターも、飲み過ぎるなどすると下記のような現象が起こる場合もあります。

腎臓への負担

腎臓は、血液中の老廃物や余分な水分をろ過し、体外に排出するための尿を生成する器官です。

体内では、摂取した栄養素の中で不要になったものも排出する働きをしますから、もしミネラル分を摂りすぎたとしても、腎臓でのろ過によって体に必要な分のみを残し、余分を尿として排出できるようになっています。しかし、その腎臓の働きにも許容範囲があり、ミネラル分を多く摂りすぎると、それを処理するためにフル稼働します。

そして、その許容量を超えると余分なミネラル分まで体内に残ったまま蓄積されていくことになるのです。

下痢

ミネラルウォーターに含まれるミネラル分の中で、過剰に摂取しすぎると下痢を引き起こしてしまうものがあります。
マグネシウムがその正体で、この成分は下剤として薬品としても使用されているものなのです。

特に、ミネラル量が多い硬水の場合、人によっては普通どおり飲んでいるだけにもかかわらず、下痢になってしまうこともあると言います。

細菌

ミネラルウォーターの規定として、お水に含まれる細菌類は最小限の値を保っているなら無菌である必要はないとされています。
念入りな殺菌処理によって、採水したときの水の性質を極力変えないようにするためです。
特にナチュラルミネラルウォータとされるものには、ほとんど殺菌処理を行っていないものもあります。

こうした点から賞味期限も比較的短く、開封後は雑菌の繁殖が早くなるため、注意が必要です。

赤ちゃんには注意

赤ちゃんは胃腸の消化機能や腎機能が十分な状態ではありません。
そのため、硬度の高いミネラルウォーターを飲ませてしまうと体調を崩してしまう恐れがあるのです。

ミネラルウォーターが大人の体にいいからといって、赤ちゃんのミルクに使用してしまうと、下痢や嘔吐などの症状を高確率で起こしてしまうことがわかっています。

特徴的な味になじめない

一般的に、お水の硬度が高ければ高いほど特徴的な味となり、クセがあって飲みにくいとされています。

日本の水道水はミネラル分の少ない軟水であり、日本で採水できるミネラルウォーターも軟水とされるものがほとんどです。
そのため、海外製の硬度が非常に高い硬水は日本人の舌になじまないことが多く、また料理に使うのにも旨みを引き出すことができないお水でもあります。

お茶やコーヒーなど飲み物を作るときにも、硬水では本来の味を引き出せないとされています。
日本人の味覚や体質には、硬水はあまり合わないということなのです。

ミネラル分を含まない純水(ピュアウォーター)なら大丈夫

上記のようなリスクは、ほとんどがミネラル分によるものです。

ミネラルウォーターはこのミネラル分の割合を示す硬度でそれぞれの特徴が決められますが、硬度の高いお水は体調に影響するだけではなくクセがあって飲みにくいですし、また生活用水としても使いにくいのです。

ミネラル分をほぼ全く含んでいない純水(ピュアウォーター)を使うなら、上記のようなリスクを考えずに済みます。

たくさん飲んでも、また赤ちゃんのミルクに使用してもミネラルの影響を受けないのです。
混じりけなしで純度の高い純水(ピュアウォーター)は、どのような用途にも安心して使うことができます。

デメリットが見えない販売方法

ミネラルウォーターのデメリットとは
ミネラルウォーターの販売サイトや各種メディアでは、とにかくミネラルウォーターは安全で、どのような用途にも安心して使えるおいしいお水といった旨の宣伝がなされています。
これは主に水道水と比較したものと想定できますが、ミネラル分が与える影響を考えると、実は水道水の方が安全なこともあるのです。

しかし、こうした広告で消費者はメリットしかないと勘違いしてしまい、ミネラルウォーターを過信してしまう傾向にあると言えるでしょう。
こうした過信は、ミネラルウォーターが持つリスクをさらに上げてしまう可能性もあります。

安全な純水(ピュアウォーター)への変更を

ミネラル分が人体に影響を与えてしまうミネラルウォーターは、他のお水に比べてリスクもいろいろとあるものです。
こうしたリスクが心配なら、ミネラル分もほぼ含まない純水(ピュアウォーター)への変更がおすすめです。

細菌類に至るまであらゆる不純物を除去している純水(ピュアウォーター)なら、本当のお水の恩恵を受けられます。

ミネラルウォーターにあるリスクとは?と一緒によく読まれている記事



関連記事

ページ上部へ戻る