ミネラルウォーターと薬の飲み合わせとは?

日本のお水を原料としたものは問題が無い

ミネラルウォーターで薬は飲んでいい?
一般的に日本のお水を原料として作られたミネラルウォーターの場合、薬の飲み合わせを考えなくても大丈夫です。

注意したいのは海外のお水で、硬度が高い原水を使用していることがあります。

薬の中にはミネラルとの相性が良くないタイプもありますから、硬水である海外のお水は避けるのが無難です。

薬にお水のみでの服用が注意されている場合も

薬の中にはお水に含まれるカルシウム・マグネシウムの量で、薬の成分の吸収が低下してしまうものがあります。

例えば骨粗しょう症の治療薬として使われるビスホスホネート系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系などの薬物は、ミネラルの影響により吸収が阻害されると注意書きがされています。

これらの薬はお水のみで飲むことが進められており、海外のミネラルウォーターは注意が必要です。

薬の飲み合わせに適しているのは?

海外のお水で硬度が高いものは薬の吸収を下げてしまう恐れがあると説明しましたが、薬全般でも本来はお水で飲むものです。

薬をお茶やコーヒー、お子さまの場合ではジュースなどで飲む場合もあるかもしれません。

なぜこれらの飲み物が良くないかというと、飲み物に含まれる様々な成分が薬の効き目を変えてしまったり、吸収を抑えたりしてしまうからです。

お水以外における飲み合わせ

お水以外のもので薬を飲んだ場合には、どういった影響があるのか、下記にてご紹介しましょう。

カフェインの影響

緑茶、コーヒーなどに含まれるカフェインは薬の効き目を強くし、薬の副作用が出やすくなります。

牛乳に含まれるカルシウム

牛乳に含まれるカルシウムは、カルシウムの作用が高まるテトラサイクリン系の抗生物質に影響を及ぼします。

グレープフルーツ

グレープフルーツに含まれる成分が薬を分解する酵素を阻害し、薬の作用が強くなってしまう恐れがあります。

薬を服用する場合、事前に薬剤師から飲み方の注意点を聞いておくか、薬に添付される明細書を確認の上服用するようにしましょう。

ミネラルの影響がある薬の種類は一般の人には理解しにくく、ご自分で判断するのは困難です。

硬水のミネラルウォーターはどうなのか?

ミネラルウォーターの場合は海外の硬水、日本産でも海洋深層水を使用したものに注意が必要です。

市販されているミネラルウォーターを選ぶ際には、日本の水道水企画に注意し、それを上回る硬度があるものは避けるようにしましょう。

日本の水道水の硬度は300mg/L以下

国内の水道水の多くは30mg/L~100mg/L以下ですから、多くの場合は問題ありません。

軟水とは0mg/L~60mg/L未満、中程度の軟水は60mg/L~120mg/Lとなり、日本の水道水の場合はこれに値します。

一方海外のミネラルウォーターで注意が必要なのは、コントレックス・エビアンなどです。
中でもコントレックスは1468mg/Lと非常に硬度が高いため、薬を飲むためには適していないといえます。

目安は硬度600mg/L以下

ミネラルウォーターで薬を飲む場合の目安は、硬度mg/L以下です。

このことから日本の原水を使用しているミネラルウォーターならほぼ薬の影響は無いといえるでしょう。

ただし海洋深層水はミネラルが高くなるため、採水している地域は海水より山地などの原水を使用しているかも確認しておきましょう。

薬を飲む際にはコップ1杯のお水にしましょう

薬を飲む際には喉に詰まらないよう、コップ1杯のお水で飲むようにしましょう。

薬によっては喉に薬が引っかかると食道に穴が開いたり、胸の痛みを伴ったりすることがあります。
お水が無い場合や面倒だからといって薬をそのまま取り出し、口の中に放り込むような飲み方は避けてください。

家庭の水道水をそのまま飲みにくいと感じる方は、市販のミネラルウォーターで硬度が少ないものを選んでも構いません。

また、水道水本来の味が気になる方は純水(ピュアウォーター)を利用する方法もあります。
アルピナの原水はROろ過という技術により、不純物を99.9%までカットしているため、水道水のような味に左右されず、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い人が飲みやすい味となっています。

ミネラルで薬の吸収が下がるのはキレート作用

ミネラルと薬の相性
ミネラル分が多いミネラルウォーターがなぜ薬を飲むのに適さないかというと、カルシウムと薬が結びつきキレートという作用を及ぼすからです。
薬の成分を包み込み体への吸収率が悪くなってしまいます。

硬度が高いミネラルウォーター、牛乳などの飲み物を飲む場合は、薬の服用から2~3時間は間隔をおくようにしましょう。

ジュース、紅茶、コーヒーなど嗜好品の多くもキレートをつくることが知られています。
特にビスホスホネート系、ニューキノロン系、テトラサイクリン系は影響を受けます。

薬の飲み合わせに最適なお水を覚えておこう

薬を飲む場合は水道水のような硬度が低いお水と覚えておきましょう。

一般的には家庭用として引いてある水道水の利用で問題ありませんが、水道水の水質や安全性が気になる方・味によりたくさん飲めないと感じる方は、日本の原水を使用した市販のミネラルウォーター・ピュアウォーターを使用するのが一番です。

関連記事

ページ上部へ戻る