天然水やピュアウォーターには添加物が含まれている?

人工的な添加物は含まれていない

ミネラルが入ったお水はピュアウォーターではない
もしお水にミネラルなどの成分を添加物として足した場合、そのお水は「ミネラルウォーター」と呼ばれることになります。

天然水と呼ぶためには、くみ上げたそのままの成分を残してろ過する必要があり、純水(ピュアウォーター)と呼ぶためには不純物をほぼすべて取り除くことが必要です。

また、天然水はもともと含まれているミネラルが残っていますが、純水(ピュアウォーター)はミネラルまでも取り去り、ほぼお水そのものの成分だけにした大人も子供も使えるお水です。

添加物が含まれていない方が安心

ミネラルを添加物として加えることは悪くないように感じられるかもしれませんが、体に優しい軟水をわざわざ吸収しにくいお水にする必要はありません。

特に毎日口にするお水は体にあまり負担をかけることなく、しかもきちんと水分が吸収できるものを選ぶのがポイントです。

そう考えると、体の水分吸収の妨げになる添加物は入っていない純水(ピュアウォーター)の方が毎日飲むお水には適していると言えるでしょう。

添加物がなく安全な純水(ピュアウォーター)の作り方

天然水やミネラルウォーターなどの中にはミネラルなどの成分を加えたり、防腐剤を入れたりしているものも実はあります。

しかし、毎日使うお水なのでそれを続けていると体への負担も気になるのでは。

特に小さなお子様やお年寄りがいらっしゃるご家庭では、安心して使う事のできるお水をと願っているはずです。

添加物はないがミネラルは残る天然水

天然水の特徴はくみ上げたお水の味を損なわないことにあるため、天然水として出荷するまでの製造過程でも味の元となるミネラル分は残して作られています。

しかし、ミネラルの残ったお水は軟水であればまだ良いですが硬水であればお腹をくだしたりすることもあります。

これは体にとって多いミネラルが負担になるために起こることで、赤ちゃんの場合で考えるとその倍以上の大きな負担に。

純水(ピュアウォーター)はミネラルと不純物を取り除いたお水

ごみや細菌はもちろん、ミネラルまで取り去って作られるのが純水(ピュアウォーター)の特徴で、ほぼお水そのものの成分だけです。

ミネラルが入っていないことで、赤ちゃんやお年寄りの体にも大きな負担をかけることなく飲むことができるため、幅広い年代の方に飲用していただけます。

そのような純水(ピュアウォーター)は次のような課程でつくられます。

採水する

純水(ピュアウォーター)の原水は北アルプスから採水しますが、これはすでに北アルプスの自然のフィルターが長い年月をかけてじっくりとろ過したお水です。

実はこのまま飲んでもおいしい原水ですが、さらに不純物を取り除きより安全で安心して飲んでいただけるお水へと手を加えていきます。

99.9%の不純物を取り除く

まじりっけなしの純粋なお水にするために、何度も何度もろ過が繰り返されます。

活性炭やその他のフィルターを繰り返し使って不純物を取り除き、その上で「RO膜」という逆浸透膜のシステムを使って除去。
1/1000ミクロンという極小の目を持つフィルターを通してろ過、このフィルターはアメリカのNASAも採用したと言われているとても優秀なものです。

その結果最後にはほぼ水の分子だけがフィルターを通り抜け、添加物を加えるどころかほぼ何も入っていない純水(ピュアウォーター)になります。

ボトル詰めにも細心の注意を

採水してからボトル詰めが完了するまで人の手が直接加わることはなく、そのため雑菌が入る心配もありません。
全てロボットが作業を行う、オールロボットシステムで行われています。

また工場内の空気についても半導体工場レベルの清浄さが求められており、非常に清潔な環境のもとで純水(ピュアウォーター)が製造されていることがわかります。

もし人が工場内に入ってしまったら

人が入ることはゴミなども一緒に入った恐れがあるため、そこで製造されていたボトルのお水は全て廃棄されます。

そして人が工場から出たあと20分以上たって空気がきれいになったところで製造再開です。
この徹底したオールロボットによる製造工場が清潔で安全な純水(ピュアウォーター)作りにつながっています。

添加物がない方が体への負担が少ない

ピュアウォーターは体に優しいお水
天然水も純水(ピュアウォーター)も添加物は含まれていませんが、ミネラルまで取り除く純水(ピュアウォーター)の方が体には優しいお水といえます。

特に純水(ピュアウォーター)は防腐剤や消毒のための塩素などを加えることなく、不純物をほとんど取り去って作られたお水なのでどなたでも安全に飲むことができるのが特徴です。
飲みやすく負担の少ないお水は体内での吸収効率も良いので、水分補給がしやすくなるのも魅力といえます。

添加物も不純物もない純水(ピュアウォーター)が体にうれしい

体への負担が心配な添加物を使わず、さらに天然水からミネラルなどの不純物まで取り除いた純水(ピュアウォーター)こそが体に優しく毎日飲み続けたいお水と言えます。

誰でも安全に安心して飲めるお水を使うことは、家族みなさんの健康を守る事にもつながるでしょう。
[ad#cv01-natural]

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る