天然水の放射能汚染のリスクは?

放射能汚染などがない天然水を選ぶ

不純物のないキレイなお水を飲むようにしましょう
近年、水道水よりもペットボトルやウォーターサーバーなどの天然水を選ぶ人が増えたのは、不純物のないキレイなお水を飲みたい、という人が多いからでしょう。

不純物が含まれていれば、体調に悪影響を及ぼします。

すぐに変化が現れなくても、長い期間不純物が体内に沈殿されて、体調不良を起こす危険性もあります。

毎日飲む水は、不純物の取り除かれたキレイな水を飲むようにしましょう。

不純物をキレイに取り除いた純水(ピュアウォーター)

天然水や純水(ピュアウォーター)はそれぞれの方法で不純物を取り除いています。

その中でも純水(ピュアウォーター)はROろ過やセラミックろ過などの方法で、徹底して不純物を取り除いています。

ミネラル成分や微生物、放射性物質などの有害な物質を取り除いているので、赤ちゃんや高齢の方でも、安心して飲むことができます。

放射能汚染などの心配をしなくてすむキレイな水

放射能汚染やダイオキシンなど、有害な物質が水に混入されているのは心配です。

毎日飲む水は不純物などが入っていない、キレイな水を飲みたいもの。

天然水や純水(ピュアウォーター)など、さまざまなお水が市販されていますが、キレイな水を選ぶにはどういた点に着目すればいいのか、紹介しましょう。

天然水などから摂り除かれる放射能汚染水などの不純物とは?

一般的な水道水の中には、次のような不純物が含まれていると言われています。

塩類

炭酸ガスやカルシウムなどのイオンの状態で溶解しているものです。

残留塩素

殺菌効果のある塩素系薬剤が、水の中に残留している塩素のことです。
塩素は必要以上にあると、喘息などを発症することがあります。

有機物

微生物の残骸などです。

電解しないガス

酸素ガスや窒素ガスなどのことを指します。

他にも、微粒子や砂、ダイオキシン、なども含まれます。

さらに、放射能汚染などの懸念もあります。

純水(ピュアウォーター)はこれらの不純物を取り除いたお水です。

放射能汚染の心配のない純水(ピュアウォーター)は天然水とは違う?

純水(ピュアウォーター)が安全だと言えるのは、前述した人体に影響のある不純物を、出来る限り取り除いているからです。

その方法はROろ過処理と呼ばれる方法で、一般の浄水器やろ過装置では取り除くことのできない放射能物質やダイオキシン、トリハロメタン、環境ホルモンなどの有害物質を取り除くことができます。

さらに放射性物質の検査を定期的に行い、安全性を確認しているのがアルピナです。

天然水も安心して飲める?

市販される天然水は、殺菌や検査を行うことが義務付けられているので、一定の安全性は満たされています。

天然水は自然の中から採水された後、微生物検査や理化学検査、官能検査、放射線物質検査などを行い、ろ過や殺菌を行います。

天然水の場合は、天然水に含まれるミネラルを破壊しないような、殺菌処理が行われます。

このような工程を踏んでいるため、安全性は心配することはありませんが、ろ過などの方法や内容によっては、細かな不純物が残ってしまう可能性はあると言えるでしょう。

純水(ピュアウォーター)で行われるROろ過とは?

先ほど説明したように、天然水においてもさまざまな工程により不純物が取り除かれ、安心して飲めるようになっています。
しかし、ろ過の方法はいろいろあります。

純水(ピュアウォーター)で使用されるROろ過は、1/1000ミクロンという極小フィルターを使い、有害な不純物を99.9%取り除くことができると言われています方法です。

他にもろ過の方法には、特殊セラミックフィルターや銀活性炭フィルターを使ったものなどがあります。

ろ過の方法もいろいろなので、どの程度の不純物が取り除かれているかを確認するのも、必要なことです。

放射能汚染された天然水が体に与える影響

放射能で汚染された天然水が引き起こす体への害
放射能汚染の水、と言われると人体への影響を心配してしまいます。

そもそも放射線というのは、どういった影響があるのかというと、体の細胞を破壊すると言われています。

ダイオキシンは奇形児や発育異常、発がん、免疫機能の低下などが指摘されている物質です。
環境ホルモンはホルモンの働きを阻害すると言われ、甲状腺機能障害や生殖器の異常、女性の思春期の早期化などが懸念されています。

天然水は体に悪影響を与える有害物質は取り除かれているので、それほど心配する必要はありません。

また、このような有害物質は大量に摂取しなければ、害になることはありません。
しかし、体にいい影響を与えるものではないことは確かなので、できるだけ心配要素は排除した方がいいかもしれません。

不純物をできるだけ除去した純水(ピュアウォーター)で安心

天然水においては検査や殺菌において、さまざまな不純物を取り除いています。

そのため、健康に害が及ぶことは、まず考えられませんが、中には有害な物質もあるので、できるだけ不純物が取り除かれたお水を選ぶといいでしょう。

純水(ピュアウォーター)はROろ過という方法で、限りなく0に近いほど不純物を取り除いています。

ダイオキシンや環境ホルモン、放射能物質も取り除くことができ、赤ちゃんや子どもの体にも安心して使えるお水です。

関連記事

ページ上部へ戻る