天然水やピュアウォーターに防腐剤は含まれている?

防腐剤を加えていないお水

ピュアウォーターには防腐剤が含まれていない
毎日使うお水だからこそ安全な物を使いたいですが、気になるのは防腐剤が入っているかというポイント。

一部でペットボトル飲料に防腐剤が使われているとの話がありますが、ウォーターサーバーの天然水や純水(ピュアウォーター)には使われていません。

天然水の特徴は湧き水などをくみあげたそのものの風味を損なわないお水であることのため、防腐剤のような余分なものを加えることはしていないのです。

さらに純水(ピュアウォーター)は不純物の他ミネラルまでも除去しほとんどお水の成分だけにしているので防腐剤も入っていません。

純水(ピュアウォーター)は腐らない

お水が腐る、というのは実はお水自体が原因ではありません。その中に含まれている有機物や微生物の働きにより成分が腐り、お水まで腐ったようになっていくのです。

そのことから、本来純水(ピュアウォーター)は腐るものではないため、防腐剤は必要ないものです。

まして、徹底的に不純物を除去し清浄に管理された工場でボトルづめされたお水であればなおさら腐る心配のない安全なお水と言えます。

防腐剤がいらない不純物のない純水(ピュアウォーター)ができるまで

天然水は本来の味を損なわないためにミネラル分が含まれた状態で製造されていますが、純水(ピュアウォーター)は不純物がほぼ含まれない状態で製造されています。

防腐剤はお水に有機物や雑菌の入る恐れがある場合に使われがちな添加物なので、徹底した清浄さの管理がある工場で作られているお水は防腐剤の添加は不要です。

防腐剤不使用の天然水

天然水の多くは成分をそのままに残せる程度に殺菌などを行うため、ミネラルなどの非常に細かい成分はお水の中に残った状態になっています。

とはいっても、細菌などが殺菌されるため防腐剤を入れなくてもお水が腐る心配は少なくなりますが、お水に含まれているミネラルなどの成分は人によっては体の負担になる可能性もあるでしょう。

天然水に使う原水に最初から含まれている原水の中には、ミネラル分をたっぷり含んでいるお水もあるためいくら防腐剤という添加物はなくても水分吸収に影響を与えることがあります。

防腐剤だけでなく不純物がほぼない純水(ピュアウォーター)

純水(ピュアウォーター)は腐る要素が何も含まれていないため、封をした状態でボトルを長期間保存していても腐る心配はありません。
しかも防腐剤だけでなくあらゆる不純物を取り除いているので、体への負担がごく少ない水分補給が可能です。

また、傷む心配のない純水(ピュアウォーター)は災害時などの備蓄用水にも適している安全なお水です。特に災害時にはお水が欠かせない物で、コンビニエンスストアやスーパーからペットボトル入りのお水が一斉に売れてなくなってしまうことも予想されます。

万が一の時にも備えておける純水(ピュアウォーター)のボトルが大変便利といえます。

安全な純水(ピュアウォーター)ができるまで

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使える体にも優しい軟水の純水(ピュアウォーター)は、採水から製造過程全てにおいてこだわりぬかれています。

原水をくみ上げる

北アルプスの雪解け水を自然のフィルターで長期間かけてろ過され湧きあがった湧き水を汲みあげ、純水(ピュアウォーター)の原水にします。

採水地のすぐそばに製造工場があり、周囲には建物もなく人も住んでいない場所のため大変きれいな環境で純水(ピュアウォーター)の製造が行われているのです。

オールロボットの工場

人が工場内に入ってしまうとどんなに気を付けていても、ごみや目に見えない雑菌は入ってしまうもので、雑菌が入ることはお水が腐る原因にも。

そこで純水(ピュアウォーター)の製造工場はオールロボットで製造工程が進められています。

何度もろ過を行う

純水(ピュアウォーター)の製造過程では何度もろ過を行って不純物を取り除いていきます。

まず活性炭などを使ったろ過装置で繰り返しろ過を、それからミネラルまで通さない目の細かい「RO膜」という逆浸透膜を使ってろ過。

その結果、ほぼ水分子だけがとおりぬけるので99.9%不純物の入っていない腐ることのない純水(ピュアウォーター)ができあがります。

安全確認が終わらなければ同ロットの出荷をしない

48時間の培養実験を行い、安全の確認ができるまで同じロットのボトルを出荷することがありません。

そのため、出荷された純水(ピュアウォーター)は全て安全で腐る心配のないお水といえます。

防腐剤の添加がなく安全性が高い

ピュアウォーターは防腐剤の必要のない安全なお水
使われている原料などから、防腐剤を使わなくては品質が保てない飲み物は安全性に不安があるものです。

しかし、有機物や細菌、ミネラルまで取り除かれた99.9%の純水(ピュアウォーター)なので、防腐剤を加える必要は全くなく安全性の高いお水が純水(ピュアウォーター)です。

天然水も防腐剤不使用で安全性が高い物はありますが、純水(ピュアウォーター)ほど不純物がないわけではなくミネラルなどの成分については残されており、体に負担をかける可能性があります。

不純物が徹底的に取り除かれ腐らず安心な純水(ピュアウォーター)

純水(ピュアウォーター)はまじりっけのないお水です。

風味を損なわないためにミネラルを残して製造された天然水よりもさらに不純物が少ないのが純水(ピュアウォーター)の特徴で、不純物がほぼないからこそ腐る心配がなく防腐剤が不要なので、より安全性が高いお水になります。
[ad#cv01-natural]

関連記事

ページ上部へ戻る