美肌・美容にうれしいのは天然水?それともピュアウォーター?

水分の吸収率が美容と美肌に差をつける

ピュアウォーターは水分をよく吸収するため代謝がアップに繋がる
体に良いお水を飲む、と漠然と考えた時いろんな成分が入っている方がいいと思ってしまうかもしれません。

その点天然水はミネラル分を残して製造されているためひかれる方も少なくないでしょう。

しかし実は、お水本来の水分だけに近い状態の純水(ピュアウォーター)方が水分をよく吸収するので体の代謝をアップするのに役立ちます。
代謝があがれば体内の老廃物を排出する機能もスムーズになり、その結果肌を初めとした美容にうれしい影響をもたらします。

含まれる成分が水分吸収率に影響を与える

天然水はミネラル成分が残されており、純水(ピュアウォーター)にはミネラルまですっかり除去してあるという特徴があります。
ミネラルは不可欠な栄養素のひとつですが、水分がよりスムーズに吸収されることを考えると体に負担がかかる分、天然水の方が水分が吸収されにくいと言えます。

美容には水分が素早く体に取り込めることが大切なので、ミネラル分まで取り除いた、純水(ピュアウォーター)の方が適しているということです。

純水(ピュアウォーター)の製造過程

天然水と純水(ピュアウォーター)のどちらも製造過程でろ過が行われますが、ろ過で使われる浸透膜に違いがあります。

この大きな違いが天然水と純水(ピュアウォーター)を分けていると言える点です。

ROろ過による純水(ピュアウォーター)の製造

天然水の製造過程で使われる浸透膜も目が細かい物ですが、純水(ピュアウォーター)製造に行われる「ROシステムによるろ過」で使う逆浸透膜と呼ばれる特殊なものはさらに目が細かいのが特徴です。

そのサイズは1/10000ミクロンで、微生物や細菌をしっかりキャッチしお水にはとおしません。

さらに小さいヨウ素やヒ素などまでお水に入らせないので、水分の吸収率がよいお水そのものの成分だけになった純水(ピュアウォーター)ができあがります。

天然水はミネラルを残す製法

くみあげたお水そのものの味を損なわないように製造されるのが天然水なので、純水(ピュアウォーター)ほど目の細かい浸透膜を使ったろ過は行っていません。

そのため浸透膜の目を通り抜けたミネラルなどはそのまま残ることになります。

また、味をそのままにするという点からあまり殺菌に力を入れることが難しいことも

純水(ピュアウォーター)の製造過程

水源からの採水

日本の屋根と呼ばれる北アルプスに降り積もった雪が採水地に大量の湧き水となって湧き出します。

工場でろ過

水源からとても近い場所にある工場でくみあげたお水をろ過します。

工場が水源に近く周りにほとんど建物なくも人も住んでいない場所にあるので、汚されることのないきれいな環境で純水(ピュアウォーター)が製造されています。

ROシステムによるろ過

純水(ピュアウォーター)のろ過方法は特徴があり、まず先に何度もろ過を繰り返し、それから「ROろ過」という方法で徹底的にろ過を行います。

これにより、ミネラル分もきれいに除去できるためほとんど不純物をふくまないお水そのものの純水(ピュアウォーター)が出来上がります。

オールロボットの工場

人が直接ろ過やボトルづめの課程に関わると、雑菌などが入り込む可能性がどれほど気を付けても出てきてしまうものです。

その点ろ過からボトル詰めまでの課程を全てロボットが行うことで清潔で安心な純水(ピュアウォーター)ボトルができあがります。

工場内の空気も非常に清浄

半導体製造工場は塵ひとつないとてもきれいな空気の中で作業が行われていますが、純水(ピュアウォーター)のボトルドもそれと同じ暗い空気がきれいな工場の中で製造されています。

回収したボトルの洗浄を徹底的に行う

使用済みボトルは回収され再び使用されますが、その際には徹底した洗浄が行われます。
まず、回収されたボトルは人の手によってニオイがしないか亀裂が入っていないかなどを確認します。

そして薬品は使わず洗浄マシンによりオゾン殺菌洗浄、すすぎに使われるお水も純粋なので安心です。

こうしてできあがった純水(ピュアウォーター)のボトルは不純物がほぼなく、しかも大変清潔なのでいつでも年齢を問わず飲むことができるお水としてお客様の元へ出荷されます。

ミネラルなどの不純物は水分吸収の妨げに

美容にはピュアウォーターが最適
美容のためのお水選びには、代謝アップができるかどうかをポイントに絞って検討しましょう。
というのも、美容にはまず体の中から要らない物を出す必要があるためです。

その時必要なものはたっぷりの水分で、いくらお水をたくさん飲んだとしてもそれがきちんと吸収されなければ代謝アップにはつながりません。

すると、天然水のように少しでも不純物が入っていると水分吸収を妨げる要因になるので、できるだけ不純物を取り除いた純水(ピュアウォーター)が理想的な美容のためのお水といえます。

美容には純水(ピュアウォーター)

体の代謝アップと老廃物の排出の点から水分の吸収しやすさを重視する美容・美肌のためのお水には、天然水よりもほぼお水成分だけになった純水(ピュアウォーター)の方が適しているといえます。

毎日欠かせない飲み水だからこそ、純水(ピュアウォーター)にこだわった分美肌の役に立ってくれるはずです。
[ad#cv01-natural]

関連記事

ページ上部へ戻る