健康を意識して飲む水はお湯の方が良い?

お湯をこまめに飲むと理想的な水分補給ができる

お湯を飲む理由
健康のためには水をきちんを飲むようにすると良いといわれますが、この時の水はお湯にした方が理想的な水分補給ができます。

というのも人の体は常に36~37℃で保たれているため、体温に近い温度のお湯の方が体への負担を減らせるからです。

ごくたまに口にするものではなく、毎日何度も体に入れるものなので負担を少なくして積極的に飲めるお湯の方が水分補給には向いているといえます。

冷たい水よりもお湯なのはなぜ?

温かい食事をすると体がぽかぽかと温まるように、飲んだ水も体温に影響を及ぼします。

もし寒い季節にも関わらず、冷たい飲み物ばかり口にしていると体が冷え代謝が悪くなるのです。

すると体が動きにくくなるだけでなく、老廃物の排泄が悪くなったり女性の場合PMSや生理痛がひどくなったりすることも。

そのため、健康的に過ごすには体温調節を助ける温度の水を飲むことが大切です。

水分補給にぴったりなお湯の飲み方

毎日の水分補給を続けるには無理のないことが大切で、その点お湯にすると体への負担が軽いため飲みやすく続けやすいといえます。

しかし一言でお湯と言っても温度や水質などはさまざまで、それらを工夫するとさらに体に優しく健康に役立つ水分補給が可能に。

それでは健康のために役立つお湯の飲み方を解説します。

体温に近いぬるま湯にする

冷たい水を日常生活の中で飲む水にしてしまうと、体に負担がかかってしまいます。

冷水を体に入れたとき、体温は一時的に下げられるので再び体温を回復させるために負担がかかるのです。

また、食べたものの消化には消化液の働きが欠かせませんが、消化酵素の働きが活発になる温度は体温に近い36度前後です。

もし食前にキンキンに冷えた水を飲んでしまうと消化を鈍らせてしまうことに。

なので飲む水は体温に近い温度のお湯が良く、水道水なら一度沸騰させて冷ますとカルキも抜けて一層飲みやすいお湯になります。

ウォーターサーバーが自宅にあれば、冷水と温水を上手にまぜるとすぐに適温のお湯が出来上がるので便利です。

回数をわけてこまめに飲む

お湯は体に負担をかけないといっても、一度に大量に飲んでしまっては多すぎて体に負担がかかってしまいます。

一度に飲むお湯の量はコップ一杯程度で、約250~300ml。

それ以上のお湯をまとめて飲むと体内の水分バランスが崩れてしまい、ひどい時には中毒症状が出てしまうこともあります。

お湯を飲むタイミングは、朝起きたときと寝る前、食事の前、休憩中といったように時間をあけて少しずつ飲むことです。

こうすると体内の水分バランスを崩さず、喉の渇きを感じる前に上手に水分補給ができ、脱水症状を防げます。

純水のお湯でさらに吸収率をあげる

さらに体への負担を考えてお湯を飲むには、お湯の硬度を気にすることです。

硬度とは、水の中に含まれるミネラル分の量で高低がつけられたもので、高いほどミネラル分が多く低いほど少ない水になります。

ミネラルはマグネシウムやカルシウムなど人の体にとって不可欠な栄養素のひとつですが、とりすぎると下痢をしてしまったり身体へ負担になってしまうので、毎日こまめに飲む水にはミネラルが少ないか入っていない物を選ぶと安心です。

また体質に合わないと少量であってもお腹がゆるくなるなどの症状が現れることも。

しかしミネラル分は沸騰させても減ることはないので自宅で調整することは難しく、水を選ぶ時には硬度表示を確認してから購入する必要があります。

店頭やネットショップで購入する天然水の多くは硬水か軟水で、ミネラルを含んでいるものです。

その中で、まじりっけのない水を探す時は「純水」またはピュアウォーター」の表示がある水を選びましょう。

純水はミネラルをはじめとした不純物をほぼすべて取り除いて作られた水なので、体への負担をより軽くし消化吸収をさまたげません。

そんな純水を使ったお湯であれば、赤ちゃんから高齢者まで幅広い年齢の方が気軽に水分補給することができます。

それに水道水に含まれるカルキも入っていないため、一度沸騰させる手間もかかりません。

ちなみにウォーターサーバーで純水を使えばいつでも冷水と温水が使えるため、水分補給がさらに便利になります。

適温のお湯は体に負担をかけない

適温のお湯
冷たい水を一気飲みしたらお腹が痛くなったという経験をした方は少なくないでしょう。

そのお腹の痛みが体に負担をかけている証拠なのです。

逆に熱いお湯でも口の中をやけどしたりといった体の負担に。

実際に一口飲んでみて、何かしらの刺激を感じると体に影響が出る恐れがあることになります。

その点体温に近いぬるま湯はほとんど刺激を感じることなく飲めるので、負担が少ないことに。

さらに純水のお湯にすればのどごしまで柔らかくなるので、体に優しいお湯をいつも飲めます。

飲みやすいお湯で水分補給しよう

ごくっと飲んだ時、喉を通っていくことをあまり感じられないくらいのお湯は体に優しく吸収もしやすくなります。

そのため、こまめに水分補給する時はぬるめのお湯にし、できれば不純物がほぼなく水分の吸収を邪魔しない純水を選んでさらに体への負担を軽くしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る