水の摂取量と腎臓の健康との関係は?

健康のための適量の水分は腎臓に害を与えるほどの量ではないようです

水分の取りすぎは肝臓への負担になる
人間の身体毎日かなりの量の水分を排出しており、それゆえしっかりと水分補給することは日々の健康のために大切なこととなっています。

実際体格差、年齢差、また生活習慣などによって千差万別ですが、基本的に1日2リッターほどの水分を補給する必要があると言われています。

中には水健康法などに関して、水の飲み過ぎによる腎臓への負担を危惧する方もいらっしゃいますが、大きいペットボトル一本の水を毎日飲んだとしても腎臓へ害が及ぶほどの量ではないようです。

腎臓の健康を損なうほどの水分量はもっと極端に多い量の場合

水をたくさん飲む健康法やダイエット法はよく耳にしますが、中には水の飲みすぎによる腎臓への負担を気にかける方もいます。

しかし現実的には腎臓へ負荷がかかってしまうほどの量というのはそれこそ過剰なくらいの量の場合であり、多少多く摂取しても問題とは言えないようです。

ただし元々腎臓や心臓に問題を抱えているような方はきちんと医師へ相談しましょう。

ウォーターサーバーなどのきれいな水で健康な身体を!

日本の水道水は諸外国に比べるときれいで安全だとよく言われますが、そんな日本でも近年ウォーターサーバーなどの設置が流行っています。

多くの場合オフィスや施設などに置かれることが多いウォーターサーバーですが、最近では家庭に設置する方も増えてきています。

飲料水としても、また料理に使う水としてもなるべくきれいで安全な水を確保したいという気持ちの表れなのでしょう。

また毎日水分を意識して多く摂る健康法も広まっていますが、人間の身体はそんなにたくさん水分を摂取しても害や問題はないのだろうかと不安に思う方もいらっしゃいます。

実際のところ水と腎臓など身体面の健康にはどんな関係があるのでしょうか。

身体は水分を必要としている

まず最初に覚えておきたいのは、人間の身体にとっては水分の摂り過ぎよりも水分不足のほうが気にかけるべき問題だということです。

最近夏になると熱中症のニュースが頻繁に流れるようになりました。

一昔前が学校の運動部は水を飲ませてもらえなかったという話をよく聞きますが、最近ではそんな学校はもう無いと思います。

人の身体はきちんとこまめに水分を摂る必要があるということは周知の事実となりました。

人間の体内にある水分はその人の体重の50%以上を占めているというのも有名な話になっていると思います。

基本的に水分は意識して多く摂る必要があり、十分な水を飲んでいるかどうかで健康状態や活動力にも大きな違いをもたらすようです。

特に汗をかく機会が多いスポーツ選手や肉体労働者は普通の人よりもしっかりと水分補給を心がけなければなりません。

もし仕事場にウォーターサーバーなどが設置してあって無料で利用できるのであれば、定期的に水分を摂るようにしましょう。

1日5リッターを超えるような過剰水分摂取には気をつける

とはいえ中には水分の摂り過ぎによる健康への害を心配する人もおり、その心配は決して間違っているわけではありません。

世の中には一気に多量の水分を摂取したせいで死に至った例もあります。

もちろんこうした死亡例の場合は、1日でというよりは短時間で一気に水を飲みすぎたことが大きな原因です。

水を飲みすぎると水中毒という症状に陥ることがあります。

これは体内の水分量が多すぎて血液中のナトリウム濃度が低くなってしまい引き起こされる障害です。

成人の身体で1日に摂取すべき水分量は2リッターから2.5リッターと言われていますので、例えば5リッターや10リッターといった極端な量を飲まないように気をつけるほうが賢明です。

健康法やダイエット法にハマってしまうとそうした普通はやらないようなことをしてしまう可能性があるので、十分に気をつけましょう。

どうせ飲むならきれいな水を飲みましょう

こうして考えてみると水は積極的に多く飲むべきものであり、腎臓など身体への負担は普通はそれほど気にする必要はないようです。

では健康のために水を飲む場合どのような方法が一番良いのでしょうか。

ウォーターサーバーを設置する価値に気づいている親御さんや増えているようで、子どもたちの健康のために自宅にサーバーを置く家庭は珍しくなくなっています。

健康意識の高いお母さんであればウォーターサーバーでピュアウォーターなど不純物が取り除かれているきれいな水を常備しているかもしれません。

こうしたきれいな水をたくさん飲んで健康な身体を作ってゆきましょう。

水中毒にだけは十分気をつけましょう

水中毒
極端な飲み方をした場合の水中毒以外にも次のような方は水中毒に気をつけましょう。

・薬の服用により普通以上に喉が渇いてしまうという方

・水分の摂り過ぎで身体のむくみなどがすでに出ている方

こうした症状の方が水健康法や水ダイエットに興味がある場合は医師の判断を仰ぐようにしましょう。

水中毒になる時は摂取した水分量に対して塩分が足りていない時に起こっているので、水を多く飲む時は塩分もしっかり摂りましょう。

適量の水分補給を心掛ける

自分の体調や腎臓や心臓の状態を踏まえて、極端で過激な水分摂取を避けましょう。

そしてウォーターサーバーなどで適切な量のおいしい水を楽しみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る