疲労回復効果のある水分補給の方法

水分補給で疲労回復するにはタイミングが重要です

442a0577ff23dab4556e7d08ad1959da_s
水分補給で疲労回復効果が見込めるのは、体内の水分量を適切に維持することで循環がよくなる為です。

体内の循環が良いことで、体の中に栄養分を十分に行き渡らせたり、老廃物を押し流したりすることができます。

そのことによって、体内にエネルギーが作りやすい環境を作り、元気な状態にしておけるのです。

疲労回復のためには、疲れてからではなく疲れる前からの水分補給が必要となります。

疲れやすい人や運動や仕事で疲れる可能性のある人は、体調コントロールの一環として水分補給を行いましょう。

水分補給で血液の濃度を薄めて疲労回復へ

水分補給によって循環が改善されるのは、血液の濃度が薄められるためです。

体内を巡る血液は水分が足りなくなってしまうと、ドロドロになって流れが停滞します。

それを改善するためには、体に必要な水分量を維持することが大切です。

血液は体に栄養や酸素を運び、老廃物を集めて排出する働きを持っています。

水分補給で疲労回復する方法とは

お茶とお水
水分補給で疲労回復効果を得るためには、きちんと摂った分の水分が体に吸収されるようにすることが必要です。

水分補給というと、ただ単に「水を飲めばいいのだろう」と思っている人もいますが、その質や量、方法などを守ることも大切なものとなります。

健康な人や体力のある人はそれでも大丈夫かも知れませんが、健康に留意する必要のある人や子供、高齢者などの体の弱い人は注意が必要です。

基本的には、「疲労回復のため」というよりも、「疲労回復しやすいカラダづくりのため」と考えておくと良いでしょう。

水分補給で体に栄養を巡らせる

人間が1日に必要な水の量はおよそ2リットルといわれます。

人間の体の約60パーセントが水分であり、子供の場合には約70パーセントとなります。

このパーセンテージが減ってしまうと、体内では必要なところにきちんと水分が行き渡らなくなる恐れがあります。

水分は毎日、24時間様々な形で排出されています。

排尿や排便をはじめとして、汗、呼吸などの気が付きにくいことでも失われます。

水分補給をしないと、すぐに体内の水分量は減ってしまうことを忘れないようにしましょう。

食事からも水分は補給されるので、飲料として意識的に補給する必要があるのは1.5リットルほどです。

これを補うことで血液を水分で満たし、流れをスムーズにして体を元気にするための栄養や酸素などを上手く運べるようになるでしょう。

また、疲労は体内の疲労物質によって引き起こされますが、これらの成分を体外に運び出すのも血液の役割です。

一気に飲んでも効果はない

疲労回復のために水分補給をするには、ただたくさんの水分をがぶ飲みすれば良いというわけではありません。

一気に飲んでも、その水分は吸収されずに排出されてしまいます。

吸収を良くするためには、飲み方の工夫が必要です。

コップ一杯ずつこまめに水分補給を

水分補給の基本は、こまめに少しずつ飲むことです。

大量の水分を入れても、胃腸の吸収には限界があり、さらに排出が増えることで腎臓にも負担がかかります。

一回あたりコップ1杯程度の量を摂取するようにして、何回も飲むことで1日の量を満たします。

飲む時も、一気飲みせずにゆっくりと飲むようにすれば、冷たいものでも胃腸を冷やさずに飲むことができそうです。

のどが渇く前に水分補給を

のどが渇いたと感じた時は、すでに体は乾き始めています。

それから水分を取っても、吸収にも時間がかかるため、補給が後手に回ります。

そのため、水分補給はのどが渇く前に行うことが大切です。

疲労回復のための水分補給の注意

水分補給を行って疲労回復を目指すのであれば、水分の種類選びも大切です。

飲み物は、種類によっては吸収しにくいものや反対に利尿作用をもたらすものもあります。

そのため、吸収を阻害しないタイプの飲料を選んで飲むことが必要となります。

甘いジュースはダメかも

甘いジュースは、疲労回復のために必要な糖分を含んでいます。

そのため、疲れた時に飲みたくなる人も多いものですが、水分補給という点で考えると適していない面もあります。

甘いジュースはその糖分や添加物などのために体内で吸収しにくくなります。

甘いものが欲しい場合には、飲料としてではなく別途に摂取すると良いでしょう。

ミネラルウォーターもダメかも

ミネラルウォーターは人気のある飲み物ですが、これもあまりよくない面があります。

お水だから糖分はありませんが、その代わりにミネラルが入っています。

このミネラル分は疲労回復に必要なものでもありますが、水分の吸収にはやはり邪魔となるものです。

また、たくさんミネラルウォーターを飲んだり、ミネラルの多いお水を飲んだりすることでお腹を下す人もいます。

下痢をしてしまえば、水分はさらに奪われてしまい、逆効果です。

水分補給で体の廻りを良くして疲労回復へ

水分補給をすることで、体内の水分を増やすと体調が整えられて疲労回復に効果があるとされています。

しかし、水分の取り方を間違えるとあまり効果が得られなかったりお腹を壊してしまい、余計に体調を悪くしてしまったりすることがあります。

そのため、疲労回復のために水分摂取を心がけるのであれば、正しい方法を得ることが必要となります。

良いものを良い飲み方で取り入れることで、体内の血液の廻りを改善して元気な体を作ることが大切です。

効果的に水分補給をしましょう

疲労回復のために水分補給をするためには、飲みたい時に飲むだけでなく適切なタイミングで飲むことを目指しましょう。

体が欲しがる前に摂取することで、水分補給をより効果的に疲労回復に活かすことができそうです。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る