水分補給で高血圧は予防・改善できる?

水分補給で高血圧を改善できると言われています

18867ac3f95c4bbcd2656e073290f0af_s
水分補給を行うことで、血液をサラサラにする効果が期待できます。

水分は血液を作るために大切なものであり、少なくなると流れが悪くなります。

血流が悪くなるとそれを補うために、心臓のポンプ機能が活発になり、血圧が上がります。

高血圧は心臓にも負担となり、強い力でドロドロの血液を流すことで血管にもリスクとなります。

高血圧を下げるためには、血液の水分量を増やして流れを改善することが必要です。

ドロドロ血で上がるリスク

血圧を上げてしまうのは、血流が滞ったのを心臓が「何とかして流そう」とポンプ機能を高めるためです。

そのため、血液の状態がドロドロになることで血流が停滞することは高血圧のリスクとなります。

流れにくいドロドロ血が続くことで心臓は過剰な働きを常に続けることになり、さらにそれを無理して流すことで血管も強い圧を受けたり、血液の刺激を受けたりすることで傷つけられます。

高血圧を水分補給で回避する

血圧改善に水分補給
血圧は、心臓からのポンプのような働きによって体中の血液を送り出すための機能です。

血液を送り出すための機能なので人が生きる上で必要なものですが、それが過剰になると負担となります。

高血圧では、心臓や血管、血液の病気が起こりやすくなるため、それを悪化する前に改善することが必要です。

血圧と水分の関係

血圧は一定のペースで送り出す心臓の機能ですが、それを亢進させるのは血液の流れの停滞です。

心臓は体中に血液を送って栄養分を運ばなければいけないので、懸命に押し出そうとします。

血液はドロドロしていると流れが悪くなるので、高血圧を避けるためには流れを改善することが必要となります。

血液中の水分量を増やすことで心臓の機能を高めずに血流を安定させることができるでしょう。

血液は水分で出来ている

血液中の8割は水分で出来ており、それ以外の成分には栄養分の運搬や免疫機能を持つ血球などがあります。

こうした機能を体中に運ぶために水分が流れを維持しており、水分が少なくなると血は流れず固まりやすくなります。

高血圧で詰まる血管

血液の水分以外の成分は固形物であり、それが水分に溶け込むことで流れやすくなっています。

水分が減ると固形物の濃度が高くなり、ドロっとした状態となります。

そのまま水分が補われずにいると、そのドロっとした成分が血管内で固まって血栓ができることが有り危険です。

血栓によって血管が詰まると、そこから先に栄養が行かなくなったり、その部分が破れやすくなったりします。

高血圧には適切な水分補給を

高血圧を改善するためには、体内の水分量を適切に保つことが必要です。

血液をサラサラにしておくのに適した方法で水分補給を行いましょう。

ただし、適量を守らないと余計に体に悪影響を与えることもあるため、注意が必要です。

こまめな水分補給で補う

高血圧の予防、改善のためにはこまめに水分を補うことが大切です。

一度に大量に摂っても、尿として排出されてしまうため、意味がありません。

コップ1杯程度の水分を定期的に取るようにして、全体では一日2リットルくらい必要です。

摂り過ぎも高血圧の元

人間の体の中の容量には限りがあります。

そのため、水分を取りすぎると体内の圧力が高くなってしまいます。

すると血圧を高くしないと血液を流しにくくなるため、水分が多すぎても高血圧のもとになってしまうのです。

塩分を取りすぎると高血圧になると言われるのも、それによって水分と塩分のバランスが崩れてより多くの水分を取り込もうとするためです。

高血圧を改善する食生活も大切

高血圧は、水分補給だけでなく食生活などトータルで管理していかなければいけません。

水分の量を調節しても、塩分などの他の面で高血圧になることもあるためです。

特に塩分は、過剰に取ると血管を固くしたりバランスのために水分の排出を抑えようとしたりといった悪影響を与える可能性があります。

食事は腹八分で

高血圧の人は食事の量を控えることで全体の塩分量を減らすことが必要です。

塩分を取りすぎるとどうしても水分を取る量が増えてしまうので、食事を減らして体内に塩分を取り込まないように注意します。

食事の前に水分補給を

食事の合間に水分補給を行う人がいますが、食事中は水分を取らない方が良いでしょう。

食事中に水分を取ると、胃腸の働きが悪くなります。

水分を取るならば、食事の前にすることで食べ過ぎを防ぐこともできます。

危険な高血圧は水分補給で改善を

高血圧になると、心臓や血管などの大きな病気のリスクが高くなります。

高血圧から生活習慣病が悪化することや重篤な病気になることもあるため、日常的に予防、改善に努めることが必要です。

水分補給は手軽にできる予防方法として、誰にでも始められるものです。

毎日適量の水分を取るだけの方法なので、無理なく行えるでしょう。

血液の状態を常に健康に保ち、血圧を上げないように心がけましょう。

水分補給は適切に行いましょう

水分補給で高血圧を予防、改善するためには、適切な量をこまめに取ることが大切です。

多すぎても少なすぎても血圧には良くないため、意識して摂取しつつも、過剰となるのを避けなければいけません。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る