お腹すくのは水分不足が関係しますか?

水分不足だとお腹が空くことが多くなります


人間は食事によって栄養を補給し、食べ物を摂取します。

ただ食事をしないとお腹が空き、空腹感を覚えますが、実は水分不足も関係しています。

水分が不足していると体が感じると、それは空腹という感覚を引き起こし、体が水分を補給したいというサインを出すのです。

水分は飲み物からも摂取できますが、食べ物にも水分は含まれています。

そのために空腹という感覚を引き起こし、食べ物や飲み物を欲しいという感覚にして、体が水分補給をしようとするのです。

お腹空くのは水分不足以外も関係します

お腹が空くのは、水分不足以外にも、いくつか原因があります。

もちろん何も食べずに胃が空になっているときはもちろん、睡眠不足になると、食欲を刺激するホルモンが増加し、空腹を感じやすくなります。

さらにはストレスの多いような状態だと、ストレス解消のために食べ物を食べようと、空腹を感じることもあるのです。

空腹とは上手く付き合うようにすべきでしょう。

上手に空腹と付き合いましょう

人間は生活すれば、色々な原因により空腹を感じることがあります。

しかしお腹が空く度に、好きなだけ食べ物を食べては太ることとなり、上手に空腹と付き合うようにしましょう。

水分を沢山摂ります

空腹を感じたときに、空腹感を満たす方法として、水分補給を行うことがあります。

水分補給は体に水分を補う意味もあり、体が水分を欲しいと空腹感を出しにくくする効果もあります。

そして胃に直接水分を満たし、胃を刺激して、満腹感を得られる効果もあります。

空腹感を覚えたときには、飲み物を飲むと良いですが、体に負担のかからないような飲み物を飲むと良いでしょう。

ジュースは砂糖がありカロリーオーバーになりやすく、お酒はアルコールが入っているので、体に負担をかけるので、それ以外の飲み物が良いです。

体が冷えやすい人や、寒い時期であれば、白湯や温かいお茶がおすすめです。

または、お水などでもよく、お水ならばすぐに飲めるので、手軽です。

その他にも野菜ジュースや珈琲などでも良いですが、もしも手元に無いようであれば、お茶やお水などが手軽で良いでしょう。

ただお腹がちゃぷちゃぷいうほど飲むのは飲み過ぎであり、コップ1杯程度飲むようにします。

よく噛んで食べましょう

早食いは空腹を感じにくくする要因となり、食事をするときは、よく噛んで食べると、満腹感も得やすいです。

満腹中枢が刺激されるのは、食事をして胃に食べ物が入ってもすぐではなく、少し後となるために、早食いすると、それだけ沢山の食べ物を食べて、カロリーオーバーとなる可能性があります。

理想としては、食べ物を1回口に運ぶと、30回は噛んで食べると良いといわれています。

ただし毎回、30回噛んで食べるのは大変であり、時間もかかってしまいます。

このため口に、物を入れて数回だけ噛むのではなく、出来るだけ食べ物が細かくなるぐらい意識して噛んで食べるようにしましょう。

よく噛んで食べることは、満腹感を得やすくして空腹感を覚えにくくするばかりでなく、食べ物を消化しやすくして、胃にも優しいです。

特に固い食べ物となると、出来るだけ噛んで食べた方が胃に負担がかかりません。

出来るだけ沢山噛んで食べるようにしましょう。

腹持ちの良い物を食べます

空腹感を覚えやすいのは、やはりお腹に何も食べ物が入っていないときが、感じやすいです。

そのために腹持ちが、良いような食べ物を食べると、空腹感を抑えられます。

つまりそれは、消化に時間のかかるような食べ物ということです。

腹持ちの良い食べ物というと食物繊維の多く含まれる食品があります。

食物繊維は、胃で消化されずそのまま腸に届くので、便秘解消にもなります。

サツマイモやジャガイモ、こんにゃくなどがその食べ物です。

また手軽に食べられる食品というと、バナナがあります。

バナナならば、間食や、食後のデザートとして食べても良いでしょう。

空腹を感じないように出来るだけ多く食べるのは、肥満にも繋がるので、適度な量を食べて、その中に腹持ちの良い食べ物を含めると良いでしょう。

飲み物で空腹感を抑えます


空腹感を抑えるには、水分不足が原因であれば、水分補給をすると良いでしょう。

飲み物の中でも、炭酸水は満腹感を得られやすく、水分補給にもなるので、空腹感を抑えるための飲み物として、効果が高いです。

ただ普段から、炭酸水を用意するのは大変であり、自宅で手軽に作ることは出来ず、お店で買わないとなりません。

そのために水分不足を防ぎ、空腹感を防ぐならば、お水やお茶などを飲むと良いでしょう。

お水やお茶なら、砂糖やアルコールが含まれず、体へ負担にもなりません。

空腹感を抑えるために飲み物を飲みましょう

水分不足を解消し、空腹感を抑えるならば、飲み物を飲むようにします。

いつでもこまめに飲み物を飲むと水分不足になりにくく、お茶やお水などを用意して、飲むようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る