水分補給をこまめに行って免疫力アップ

水分補給には免疫力を上げる効果があります

bf01c7b0afa1c70262f53a0509da557a_s
私たちの体には水分補給が不可欠ですが、体内から排出される水分を補うだけではなく、体の免疫力を上げるためにも水分補給は大切なのです。

水分を適切に摂っていれば、菌やウイルスを効果的に退け、病気にかかりにくく健康な体を維持することができます。

また冬場に風邪やインフルエンザにかかりやすいのも水分不足によって免疫力が低下しているためと考えられます。

乾燥しがちな冬場こそ水分補給を行って免疫力を上げることが大切なのです。

体が潤った状態ならいつも健康で元気な体を保つことができます。

ウイルスが苦手な湿度を保ち循環をよくする

空気が乾燥している冬場には、体内の水分量も少なくなりがちです。

しかし、その状態は菌やウイルスが活発に活動しやすい環境なのです。

逆に言えば、湿気の多い環境なら菌やウイルスは活動しにくくなり、体へ影響を与えることができなくなります。

さらに血液の中の水分を保つことでこれらの循環をよくし、不要物を適切に体外に排出してくれます。

水分補給で免疫力がアップする理由

GN073_L
では、水分補給を行うことで免疫力がアップする仕組みとはどのようなものなのでしょうか。

水分を摂ることで強い体になる理由を挙げていきます。

免疫力をアップする要因

湿度を保って線毛運動を活発に

風邪やインフルエンザなどの菌やウイルスは、呼吸をすることによって鼻や気管などに入り込み、潜伏します。

通常はこれらの異物は鼻や気管に存在している線毛と呼ばれる無数の突起によって粘液とともに体外に排出されるようにできています。

鼻水や痰などはその線毛の働きによって出るものです。

この線毛が潤っている状態でないと、これらの働きは正常に行われなくなってしまいます。

その結果、菌やウイルスを追い出すことができずに体内に入り込み、風邪やインフルエンザなどにかかってしまうのです。

つまり、風邪やインフルエンザの予防には水分をしっかり摂ることが大切であると言えるわけです。

血液の循環をよくして強い体に

血液の中で異物を退治する働きを行っているのは白血球です。

白血球は血液の中に無数に含まれており、異物を発見したときにはさまざまな働きで体外に排出しようとします。

白血球の種類はマクロファージ・リンパ球・顆粒球と大きく3つに分けられ、それぞれ菌やウイルスなどの異物の存在を連絡し合ったり異物を破壊・分解したり、殺菌したりといった作用を持っています。

これらの働きが正常に行われることによって、体内に異物が侵入したとしてもその脅威から守られているのです。

体内の水分が足りなくなってしまうと血液中の水分も減少し、これら白血球の免疫効果も弱くなってしまいます。

その結果、菌やウイルスの影響をさらに受けやすくなってしまうのです。

免疫力アップにおすすめの飲み物

免疫力をアップさせるためには、鼻や気管の線毛に潤いを持たせることと血液中の水分を保つことが大切です。

そして、体温を下げないことでさらにその効果はアップします。

これらを満たすために有効な飲み物で一番先に挙げられるのは白湯です。

適度に温かく混じりけのない白湯は、全身を潤すだけではなく体も温めてくれます。

おすすめは、不純物を含んでいないピュアウォーターを温めて飲むことです。

その他ではしょうが湯も体温アップにつながって血流もよくなり、免疫力アップにつながります。

また、ホットワインや梅酒など適量のアルコールも摂りすぎない分には効果的と言われています。

体を温めてリラックスさせるという意味では、ホットミルクを飲むのもよいでしょう。

適切な食事や睡眠も忘れずに

水分補給は免疫力アップに一役買ってくれますが、もちろんそれだけでは十分とは言えません。

鼻や気管の線毛活動を活発にし、粘膜の強度を上げるためにはビタミン類をバランスよく摂取することが大切です。

またビタミン類はストレスを軽減して弱った体に菌やウイルスが侵入するのを防いでくれます。

これらの栄養素を摂取するためには、バランスのよい食事をすることが求められます。

さらにこれらの栄養素が十分に働くようにするには、よい睡眠をたくさん取ることも外せません。

睡眠は血流の促進や体内組織の再生、代謝アップなどさまざまな役割を果たしますから、結果的に免疫力を上げることにつながるのです。

風邪をひきやすい冬場は水分補給を怠りがち

風邪やインフルエンザにかかりやすい冬場は、温度が低く乾燥した空気の中で菌やウイルスが活発になっている状態です。

その環境下では体温が下がって水分が足りない状態になりがちで、これらの菌やウイルスの侵入を許してしまうのです。

また、夏場のように汗をあまりかかないことから水分補給を怠りがちです。

その結果さらに体内が乾燥し、免疫力を下げてしまう原因になるわけです。

そのため、冬場には夏場よりもさらに水分を意識的に摂ることが必要です。

こまめに水分を摂って免疫力を上げましょう

体の免疫力を上げるためには、体内の湿度と水分量を保つことが欠かせません。

この状態を維持するためには、喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をするべきです。

免疫力を上げるために、毎日意識して1日に数回コップ1杯ずつ水分補給することを心がけましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る