赤ちゃんが熱を出したときの水分補給。寝てる時は?

赤ちゃんの発熱時、水分補給はしっかりと考えましょう


赤ちゃんに熱があるときは、汗や吐く息から通常より多くの水分が失われていきます。

脱水症状を防ぐため、水分補給を小まめにする必要があります。

寝てる時に無理に起こす必要はありません。

赤ちゃんが起きたタイミングで水分を与えるようにしましょう。

水分補給には母乳や湯冷まし、番茶など赤ちゃんが受け付けるものを欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

赤ちゃんが欲しがるものの中にも、発熱中に避けたい飲み物があることも覚えておく必要があります。

赤ちゃんに熱があるときは水分補給が大切、寝てる時は起こす必要はない。

赤ちゃんは自分から水分補給ができないので、周りが気を付けて水分保有を行う必要があります。

普段から大人より汗をかきやすく身体が多くの水分を必要としていますが、発熱時はさらに多くの水分が必要です。

ただし寝てる時に無理に起こす必要はありません。

喉が渇けば泣いて起きるので、そのタイミングで水分補給しましょう。

赤ちゃんの発熱時の水分補給をする時に気を付けること

通常よりも水分を失う発熱時、水分補給を気にしてあげることは大切です。

赤ちゃんの身体に負担にならないもので、適切な対処をしてあげましょう。

そのためのポイントを解説します。

発熱時におすすめの水分補給

発熱時は水分補給をしっかり行うことが第一ですが、赤ちゃんが嫌がるものを無理に与えることはできません、
そのため赤ちゃんが嫌がらずに飲むもので水分補給を行うことになりますが、どのようなもので水分補給をすると良いのかを把握しておきましょう。

まずは粉ミルクや母乳です。

特に離乳食前の赤ちゃんの場合は、他の飲み物は飲まないことがあります。

母乳の場合は赤ちゃんが欲しがる量を飲ませて問題ありません。

粉ミルクの場合、あまり量が増えるようでしたら粉ミルクのほかにも赤ちゃんが飲めるお水や湯冷ましを与えましょう。

ただし、たくさん飲むからといってミルクの調乳の量を変えるのはダメです。

普段と吸収率が変わって、赤ちゃんの胃に負担を掛けることになります。

他に赤ちゃんに飲ませられる飲み物として、湯冷ましや麦茶、番茶があります。

離乳食前の赤ちゃんにも飲ませられるものなので、発熱時の水分補給に活用しましょう。

赤ちゃんに飲ませる時は、冷たいものではなくひと肌程度が良いです。

湯冷ましにミネラルウォーターを使うこともあると思いますが、ミネラルが多い硬水は赤ちゃんに与えないようにしましょう。

湯冷ましなどを作る時は、赤ちゃんでも安心して飲める不純物を取り除いたお水も便利です。

お水をそのまま適温に調節して与えても良いです。

発熱時はイオン水が良いのか

汗をかくと、身体から電解質が失われます。

電解質とはナトリウムやカリウムなどが水に溶けたときに電気を発生させるものです。

化学的に考えると難しいのですが、日常生活でざっくりと考えるとミネラルと呼ばれるものです。

汗をかいたときに塩分を摂れといわれるのは、身体が失った電解質を補うためです。

赤ちゃんの場合にも、熱があり汗をかいたときに水ばかり飲ませて良いのか気になるところです。

結論から言うと、母乳や粉ミルクを飲んでいるのであれば問題ありません。

母乳などにも必要なミネラルが含まれているからです。

必要なミネラルを効率良く摂れるのが、赤ちゃん用のイオン飲料です。

水分補給として常温で飲ませてあげましょう。

母乳を飲んでいたり、離乳食を口にしたりしていれば無理に与える必要はありません。

急な発熱で家にイオン飲料水がない場合には、お水に塩と砂糖を一つまみずつ加えたもので代用することができます。

湯冷ましや赤ちゃんに与えることができるお水で作ることができるの簡単です。

発熱時に避けたい飲料について

水分補給のためとはいえ、与えたくない飲み物もあります。

ひとつめは牛乳です。

熱だけでなく吐き気がある場合に牛乳を与えると、よけいに吐き気が強くなる可能性があります。

また、1歳未満の赤ちゃんには熱がなくても牛乳を与えるのは避けましょう。

離乳食が始まれば柑橘類の果汁を与えることもありますが、発熱中は避けましょう。

柑橘類は胃腸を刺激し、吐き気を起こすことがあります。

赤ちゃんの発熱時に処方される薬には、オレンジジュースと混ぜることで苦味が出るものがあることにも注意しましょう。

大人の場合、熱があると栄養ドリンクを飲むことがありますが、大人用の栄養ドリンクは薄めたとしても、赤ちゃんには絶対に与えてはいけません。

赤ちゃんの水分補給は大切。発熱時は特に注意


赤ちゃんは大人と比べると身体の水分量の比率が高く、身体がたくさんの水分を必要としています。

しかし赤ちゃんは内臓機能が未発達で、必要な水分量を調節できず、必要な水分も尿として排出してしまいます。

大人より平熱が高めなので汗もかきやすく、たくさんの水分を必要とする反面、排出される水分も普段から多いのです。

赤ちゃんの場合、喉が渇いたとしても自分で水分補給を行うことができません。

脱水症状を防ぐためには、周りの大人が気を付けて小まめに水分補給をしてあげましょう。

赤ちゃんの発熱時は小まめな水分補給をしましょう

熱があるとき、赤ちゃんは大人が思っている以上に身体から水分が失われています。

脱水症状を起こさないために、小まめな水分補給を心がけましょう。

赤ちゃんの負担にならない飲み物を把握し、適切に対応できるようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る