お酒は水分補給になるの?

残念ながらお酒は水分補給になりません


既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、お酒をのどが渇いているときに飲んでも水分補給にはなりません。

のどが渇いた時に、良く冷えたビールを飲むとのどが潤されますし、おいしいです。

のどが潤った気分になっても実は、体内の水分は満たされていないのです。

お酒を始め特にビールには利尿作用が大きいので、のどが渇いた時に水分補給を兼ねてビールを飲んでも体外に出てしまいます。

ビールを飲むときには水を取るなどの正しい水分補給も必要なのです。

お酒を飲むとさらに水分補給が必要です

お酒を飲むと利用作用が働くために、体内の水分を排出されていきます。

水分補給のためにお酒を飲んでも水分が排出されるので、体内は潤いません。

水分が足りない状態でさらに水分が排出されると血液はドロドロになってしまうでしょう。

ビールは水のようなものという人がいますが、大きな間違いなのです。

ビールを飲んだ後には水分補給が必要不可欠です。

のどが渇いたときにお酒を飲むと水分補給にはならない上に、危険です!

暑い夏の日、炎天下で作業をした後、汗をかく参加いた後などに冷たいビールを飲むと水分補給になると思っていませんか?

汗をかいた後に飲むビールはとてもおいしいですが、大きな危険が隠されているのです。

喉が渇いた時に飲むビールは体の水分を奪う

スポーツをしたあとサウナに入った後など、汗を大量にかいた後に飲むビールは格別おいしく感じられます。

冷たく冷えたビールはのど越しもいいですし、のどの渇きを潤してくれるので、水分補給になると考えている人もいるでしょう。

これが大きな間違いなのです。

ビールは水のようなものだと言う人もいますが、当然ながらビールと水は違います。

ビールはアルコールが入っているお酒ですから、利尿作用があるのです。

お酒を飲むと利尿作用が働くので、トイレに行く回数が増えます。

ビールを飲んで水分が体に中に入ってきてもそれ以上の水分が尿として出ていってしまうのです。

大量に汗をかいた後は体内の水分がかなり減っている状態でもあります。

このような状態の時にお酒を飲むと体内の水分がさらに減るので、脱水状態になってしまいます。

脱水状態に気付かずビールをどんどん飲み進めるとさらに脱水状態は酷くなってしまうでしょう。

お酒を飲んだ時には利尿作用によって排出された分と汗をかいて水分が出ていった分を考えて水分補給を多めにする必要があるのです。

カラダの中の水分が減ると血液がドロドロに

アルコールやお酒には水分の補給する役割が低いことを理解しておきましょう。

水分補給にはほとんど役に立たないので、アルコールを飲んだ後には水などで水分補給をすることが必要です。

体の中の水分が減ってしまうと血液はドロドロになってしまいます。

血流も悪くなるので、細胞に栄養や水分が行き渡らなくなり、最悪の場合血栓や動脈硬化に陥ってしまうでしょう。

命の危険もあるのです。

汗をかいた分アルコールで補てんしようと考えるのは危険なことなのです。

水分補給をする前にアルコールを飲んでもいいですが、その後は正しい水分補給を行うことが大切なのです。

ビールはお水と一緒ではありません

水分補給をお酒でするとお腹はぽっこりと膨れますが、本当の意味での水分補給にはなっていないのです。

「ビールは水と一緒だ」なんて、いう人もいますが、お酒の中でも特にビールは強い利用作用があります。

利尿作用のある水はありません。

ビールを飲んだ後には、摂取した水分の量よりも多い水分量が体の外に出ていく可能性が高いのです。

水分補給をビールで行っている人は脱水症状に陥る危険性と隣り合わせになっているのです。

ビールの後は、水を飲んで、本当の意味で、体内に水分を行き渡らせてあげましょう。

また、前日に大量にビールを飲んだ時にも翌朝にはのどがカラカラに渇いている経験をしたことがあるでしょう。

これも水分不足から来ている症状です。

しっかりと水分補給を行いましょう。

お酒を飲むと代謝が良くなるので水分不足になるのです


お酒を飲んでいる時に水分不足になるのではありません。

飲酒後しばらくすると水分は不足していきます。

これは、お酒を飲んだ後に利尿作用のほか、体温上昇や代謝がアップするからです。

これらの作用によって汗をいつもより多めにかいたり、尿の排出量が増えるので水分不足になってしまうのです。

特に、カリウムが多く含まれているビールは他のお酒に比べて利尿作用は高いので体外に出ていく水分量も多くなってしまいます。

水でしっかり水分補給をすることが大切です。

お酒では水分補給にならないので、飲酒後は正しい水分補給を行いましょう

お酒を飲むと利尿作用や代謝が良くなることで水分不足に陥ってしまいます。

水分不足のまま放置していると脱水症状になってしまいます。

飲酒後には水を飲んで排出されてしまった水分を補いましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る