水分不足が不妊と関係あるって本当?

水分不足になると不妊につながることもあります


不妊は生殖可能な男女が妊娠目的で性交渉をしても妊娠しない期間が1年以上続いている状態です。

不妊の原因は病気によるものや精子や卵子の機能が低下するなど複数の原因が考えられていますが、まだはっきりとはしていません。

しかしその可能性の一つに、水分不足が考えられているのです。

妊娠するためには妊娠しやすい体調にしなければなりません。

水分不足になると血流に影響が出て妊娠しやすい体にならないため、不妊につながるため水分補給が大切になるのです。

水分不足で血流が悪くなると不妊につながるのはなぜ?

不妊対策には血流が重要と考えられています。

血液は体中に必要な酸素や栄養分を届け、老廃物などを体外へ運ぶ出す役割を持っています。

しかし冷え性やストレスなどで血流が悪化すればその働きが弱くなります。

血流悪化で子宮や卵巣必要な栄養が届きづらくなれば、妊娠に影響しても不思議ではないでしょう。

この血流が悪くなる原因の一つに、水分不足が考えられているのです。

上手な水分不足解消が不妊改善の第一歩です

血流対策として水分不足を解消することが挙げられます。

ただ、闇雲にお水を飲むのではなく、適切な飲み方をしなければ体調を崩す原因にもつながるので注意してください。

血流を良くするために効果的なお水の飲み方を知りましょう。

冷たいお水は冷え性となり血流を悪くします

夏場などに冷たいお水は美味しく感じられますが、不妊対策を考えるならあまり良くありません。

冷たいお水を飲むことによって、無駄に体温を下げてしまうからです。

冷え性は血流悪化という不妊につながる原因の一つにつながるので、温かい白湯などを飲んだ方が良いと言えるでしょう。

白湯を飲むタイミングは、朝一番が良いと考えられています。

睡眠時は汗も出て血液も水分不足になっているので、朝一番に水分補給をすることでスムーズな血流につながるからです。

また睡眠中は体温が下がるので、白湯により温まることで血流対策につながると言えます。

しかし忙しい朝にいつもお水を温めるのが大変だという方は常温のお水を飲むようにしても良いでしょう。

コーヒーなども同じ飲み物だから良いと考える人もいるかもしれませんが、カフェインが入っている飲み物は冷え性につながるとも言われています。

ただ、少々なら大丈夫という説もあり見解は分かれていますが、少なくとも飲み過ぎは良くないと言えるでしょう。

そのためお水や白湯の方が無難と考えられるのです。

ストレス発散のための運動もお水が重要です

ストレスは不妊だけではなく健康管理という意味で回避したいやっかいな存在です。

ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、血流悪化にもつながるからです。

そのためストレス発散と血流の改善のためには適度な運動も良いでしょう。

激しい運動は逆にストレスとなりますが、適度な運動は気晴らしにもなりますし、ウォーキングなら「何キロ歩く」という目標設定を行い達成すれば、それが快感となります。

運動不足を解消すれば血流にも良い影響を与えますし、適度な疲労は睡眠にも良いとも考えられているのです。

しかし運動をすれば汗をかき体内から水分が失われることになりますから、水分補給はきちんと行ってください。

特に夏場の運動は脱水症を引き起こしかねませんので、運動を行う前後にお水を飲みましょう。

水分不足でも一気に飲むのではなくこまめに飲みましょう

不妊にも効果的と考えお水を一気にたくさん飲むというのは良くありません。

不妊解消どころか思わぬ体調トラブルを引き起こすからです。

代表的なトラブルは水中毒という症状で、これはお水を過剰に飲むことで起きると考えられています。

お水を飲むことで腎臓に大きな負担がかかり、血中のナトリウム濃度が低下する状態を引き起こし危険ですからくれぐれも注意しなければなりません。

しかしあくまで過剰に飲み過ぎさえしなければ良いので、注意することで回避できます。

お水は体の水分不足を解消するような意識で適度に飲みましょう。

基本的には喉が渇いたら飲むという感じでちょうど良く無理に飲み続けることはありません。

一度に大量の水分補給をするのではなく、1日こまめに分けて飲むことでちょうど良い水分摂取量になるでしょう。

水分不足で血流が悪いとなぜ不妊につながるのはどういうメカニズム?


血流が悪いより良いほうが妊娠しやすくなると考えられています。

理由として血流が良ければそれだけ卵巣や子宮に十分な酸素や栄養分が届くからです。

卵巣や子宮も酸素や栄養分が十分でなければ機能が低下しても不思議ではありません。

ただ、血液の多くは水分で水分不足になれば濃度が高まってドロドロとした血液になります。

そうなれば血流が悪くなって卵巣や子宮だけではなく必要な所まで栄養や酸素が行き届かないので、不妊に適した体にならないと考えられるのです。

上手な水分不足対策で不妊解決を目指しましょう

不妊の原因の一つに冷え性やストレスによる血流悪化が考えられていますが、水分不足の可能性が考えられます。

またお水を飲む時は白湯の方が体への負担が大きくありません。

上手な水分不足解消で血流を良くして不妊解消を目指しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る