水分代謝を正常化し体の働きを整える飲み物とは?

純水によって水分代謝がスムーズになると言われています


人の体の大半は水分でできており、大人で約60%、赤ちゃんの場合は75%も占めていると言われています。

そのため水分を体に十分とりこむ必要がありますが、飲み物なら何でも良いとは限りません。

水分を体へ負担をかけずに吸収するためにふさわしい飲み物は「純水」です。

そして毎日飲む純水はストックしておきたいものですが、取扱いのない店舗もあるため、自宅にウォーターサーバーを設置して使うと便利でしょう。

十分な水分が水分代謝には必要

人の体を占める水分の割合が少しでも少なくなってしまうと、脱水などの症状が現れてくることになり、最悪の場合死に至ることもあるのです。

十分な水分を体に満たし、水分代謝をスムーズにして老廃物を排出することで体の働きを整える必要があります。

そのためにはこまめな水分補給を行い、体内の水分が不足しないよう普段から心がけていきましょう。

水分代謝を促すために役立つ飲み物

必要な量の十分な水分で体が満たされていれば、スムーズに老廃物を流して排出することができ、むくみなどの症状を防いで体の調子を整える役に立ちます。

そのための飲み物選びはポイントを抑えて行うようにしましょう。

普段から何となくだるい、体がむくむなどと感じているのであれば、水分代謝に問題がある可能性もあるので、早速毎日の飲み物の見直しをおすすめします。

水分が吸収しやすい純水

純水は不純物をほぼ全て取り除いて作られているという特徴があり、ここでいう不純物とはごみや細菌に加えミネラルのような非常に小さいものまでをさしています。

すると純水はほとんど水分だけでできていることになり、体内での水分吸収を邪魔するものがほぼ全てないことになるのです。

水分だけを体に摂りこめばほぼ負担をかけることなく水分の吸収ができるため、大人に限らず赤ちゃんからお年寄りまで幅広い人たちの水分代謝アップに役立つ飲み物と言えます。

そして、水分が吸収しやすい状態の純水をコップ1杯ずつ回数をわけて飲み、温度は常温程度にすると体への負担が少なく、より水分を吸収しやすい飲み物になります。

カフェインなどが多いものは避ける

仕事中にコーヒーを飲む機会が多いからと言って、それが水分補給の代わりにすることはできません。

コーヒーにはカフェインが含まれているため、カフェインの持つ利尿作用により体内の水分を積極的に排出させようとしてしまうからです。

なので水分代謝を促すために十分な水分を体にとりいれようとする時は、逆効果になるカフェインを含む飲み物は避けましょう。

たとえ純水でコーヒーを淹れたとしても、カフェインが入っている飲み物ではせっかくの水分を排出してしまうため、ムダになる恐れがあるのです。

もしどうしてもコーヒーが飲みたい時はカフェインレスのタイプを選び、1日に数杯にしておくと水分補給を大きく妨げることはないはずです。

コーヒーを飲む機会には、一緒に常温の純水をコップ1杯飲んでおくことをおすすめします。

糖分のとりすぎに注意

コーヒーだけでなくジュースも水分代謝をあげる飲み物にはあてはまりません。

ジュースは糖分もたくさん含まれているために、こまめな水分補給の飲み物に選んでしまうと糖分の摂りすぎになってしまい、今度は生活習慣病などの心配が出てきてしまいます。

しかし、激しい運動をした時にはイオン飲料を飲むことも体調を整えるためには適した方法で、その場合は純水にイオン飲料の元となる粉末を溶かして作ると、水分吸収のことも考えた水分補給が行えるでしょう。

イオン飲料であれば毎日の水分補給に使って良いかと言えばそうではなく、あくまで運動時の水分補給と考えておくべきです。

甘いジュースとは違って甘さが少なめになったイオン飲料ですが、糖分は含まれているため日常生活の中で毎日1リットル以上も飲み続けるとなれば、糖分の摂りすぎになる恐れがあります。

スポーツドリンクやイオン飲料は激しい運動時には適した飲み物ですが、日常的に使う水分としては避け、毎日の水分補給はほとんど水分以外は含まれていない純水を選ぶようにしましょう。

水分以外の成分が体に影響を及ぼす


体が十分な水分をとりこむためには、飲み物の成分が吸収の邪魔をしないこともポイントになります。

もし、ミネラルを多く含む飲み物であれば腸管からの水分吸収が阻害され、カフェインを含む飲み物では利尿作用により水分が排出されやすくなってしまうのです。

水分をしっかりと体に吸収したい時はその逆の状態になる恐れのある成分を含まない、純水のような飲み物が水分代謝の正常化にはてきしているといえます。

飲み物は純水を選ぶことで水分代謝をスムーズにしましょう

水分代謝をスムーズに促すためにも、毎日の飲み物は水分以外の余分な成分を含んでいない純水を選びましょう。

そしてこまめに目標摂取量に向けて飲んでいくことが、体調を整えることにつながっていきます。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る