水分代謝が悪くなると口臭が酷くなるって本当?

口の中が乾くと口臭の原因になることもあります


水分代謝は身体が健康的な状態を維持するうえで欠かせないものです。
そしてこの水分代謝を維持するうえで、水分補給が役立ちます。

水分というのは、唾液をつくるうえで欠かせないものです。
唾液は口腔内の雑菌を消毒する働きがありますので、唾液の量が低下してしまうと、当然ですが口の中の雑菌が増えて臭いの原因となってしまいます。
そこで、唾液がしっかりと生成されるように、水分補給を忘れずに行うように心がけてみてください。

水分代謝低下で唾液が減ると口臭がひどくなる?

口の中には、一定量の細菌が存在しますが、細菌をコントロールする唾液の量を減らさないために水分、そして水分代謝が必要です。
唾液を十分に作り出せれば、雑菌を殺菌できます。
起床後に口の中がパサパサ、ネバネバしていることもありますが、これは寝ている間に体内が水分不足の状態になっているからです。
口が乾燥すると殺菌作用が低下して雑菌が増殖し口臭の原因になります。

水分代謝の低下による口臭には水分補給を

水分補給は重要ですが、水分補給をすればなんでも良いというわけではありません。
飲むものによっては水分代謝の低下、口臭の悪化につながることがあります。
水分補給に適した飲み物について考えてみましょう。

唾液の量を増やすには水を飲もう

適度な水分補給をすることで、口腔内の乾燥を防いで、唾液の分泌量を促進することができます。
摂取量の目安となっているのは1.2リットルです。
ただし、これはあくまでも目安ですので、下痢をするような場合には減らしても問題はありませんし、時間を決めて飲むようにしたり、食事の際にしっかりと飲むというのもポイントになります。
また、朝の歯磨きの後には300ccの水を飲むようにしてみてください。こうすることで唾液の分泌量が増加しますので、朝食をしっかりと摂取することができるようになります。

そして朝食後は食間に水分補給を徹底してください。
唾液の分泌量が増えることで、寝ている間に乾燥した口がしっかりと潤います。

水分補給に使用する場合には水、もしくはスポーツドリンクです。
ただし、スポーツドリンクとはいっても砂糖や炭酸等が含まれていないものでなければなりません。

また、お茶などは唾液の分泌量を減らしてしまいます。
食後の口臭を緩和する働きはありますが、飲み過ぎには注意してください。

カフェインやポリフェノールに注意

口臭予防のために水分を摂取する場合には、水以外でも良いのでしょうか。
まず、水分補給をするのであれば水、もしくは砂糖の含まれていないものを摂取してください。
また、コーヒーはおすすめできません。

というのも、コーヒーに含まれているカフェインというのは唾液の分泌において悪影響になります。
カフェインの利尿作用によって体内の水分量が減少してしまうと、唾液の分泌量も減少してしまうからです。
さらにコーヒーの成分は舌苔に付着すると口臭の原因になってしまうのです。

また、食事中にお茶を飲む方も多いですが、お茶には茶カテキンが含まれているので臭いを軽減する働きがあります。
しかし、このお茶にもカフェインが含まれていますので、利尿作用によって体内の水分量が減少します。
そしてポリフェノールなどの成分と言うのは唾液を抑制してしまうのです。

お茶を飲むことで口の中が乾いてしまい、余計に口臭が酷くなることがあります
水分代謝を良くするうえではやはり水で水分補給をするのが理想的です。

寝汗で出た水分は急いで補給しよう

寝汗などで水分が体外へ排出され、さらに就寝中に口を開けて寝ているとなれば、口の中の水分はどんどん蒸発していきます。
そのため、起床直後における水分量は大幅に減少している状態ですので、できるだけ早く水分補給をしてみてくだださい。

口の中に食べ物を含むことで唾液が出やすいという現象もあるのですが、朝起きてすぐに水を飲むことでその効果も期待することができます。
さらに、直接水分補給をすることで口の中を潤わせることができますので、一石二鳥です。

この時、冷たい水だと内臓機能が低下してしまったり、身体を冷やしてしまい水分代謝を始め基礎代謝も低下してしまいます。
そのため、よく冷えた水を飲むよりも、ぬるめの白湯などがおすすめです。
白湯であれば朝から身体を温めることができますのでおすすめです。

パサパサの口は口臭のサイン


口臭というのは口の中が乾燥していることが原因となっています。
口の中が乾燥すれば、本来唾液で殺菌されるはずの雑菌がどんどん増えていきます。
これは虫歯菌の増殖にも繋がりますので、普段からできるだけ口の中を潤しておくことを意識しなければなりません。

普段から水分補給をするとなると緑茶やコーヒーばかりというのでは十分に水分補給をすることができません。
そのため、水分補給をするのであれば、真水を飲むようにしてみてください。

口内の乾燥を防ぐために水を摂りましょう

水分補給は口臭を予防するうえで欠かすことができません。
口の中が乾きやすい起床時はもちろん、口の中が乾いているように感じる時にはこまめに水分補給を行うようにしてみてください。
その際はコーヒーなどではなく砂糖などの含まれていない水がおすすめです。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る