水分代謝が下がりがちな冬にする改善方法とは?

水分代謝の悪化を予防するには寒くてもしっかり水分補給することです


気温が下がり夏ほど汗をかかなくなると水分補給量も少なくなってしまいがちですが、冬も体は水分代謝を行うために水分が必要になります。
そのため、冬こそ水分補給を心がけて体を動かすなどして水分代謝を促しましょう。
しかし冬は気温の影響で体が冷えやすいので、水分補給の飲み物の選び方や日常生活での注意点は夏と全く同じではなく、体を温めることも大切なポイントとしてとらえておくことです。

冬は水分摂取が減り水分代謝が落ちてしまう

冬は体が冷えやすくなり血流がとどこおりがちなので、水分代謝も低下するようになります。
体内に不要な水分が増えるとさらに冷えが悪化して血流も水分代謝も下がってしまうので、スムーズな水分代謝は欠かせません。
それに冬の時期の食品は夏のものに比べ脂肪分が多いほか、忘年会や年末年始で高カロリーな食事・飲酒する機会が増えることことも水分代謝をさげるきっかけです。

冬に行う水分代謝改善の方法

気温の影響で体内の水分が冷えやすく水分代謝が低下しやすい冬ですが、基礎代謝は体温維持のために上がると言われています。
もし水分代謝もともにあげることができれば、太りやすい冬の時期にも快適に過ごせるだけでなく、ダイエットにもうれしい作用があるのではないでしょうか。
そこで、次のようなポイントを行って冬の水分代謝アップを心がけていきましょう。

冬でもしっかり水分補給

冬になるとそれほど汗をかかないことから水分の必要性を感じないかもしれませんが、寒い時期でも水分代謝のために水分は十分に必要です。
では、冬の水分補給のポイントをご紹介します。

ぬるま湯を飲む

水分補給は冷たいお水で、というわけではなく、常温からぬるま湯程度が最適です。
しかし冬場の常温のお水では冷たいと感じるため、もう少し温かくしたお湯を飲むようにしましょう。
飲んだ時に冷たいと感じず、飲みやすいくらいの温度がおすすめです。

水分を効率良くとる

水分を効率よく吸収するためにも、糖分やミネラルなど余分な成分が入っていない飲み物を選んで水分補給をしましょう。
そこで冬の水分補給には温めた純水を使うことがポイントです。

純水には不純物がほとんど含まれておらず、糖分のとりすぎや高すぎる利尿作用を心配することなく水分だけをしっかり体へ入れることができます。
こまめにお水を飲む習慣がないと、必要量以上の水分をとることは大変ですが、不純物がほぼなく水分吸収率の高い純水なら面倒さもなく飲めるでしょう。

純水のウォーターサーバーが便利

1回の水分補給はコップ1杯程度なのでそのたびに純水を温めることは大変ですが、ウォーターサーバーを導入していれば温水と冷水でちょうど良い温度に調整してすぐに飲むことができます。
それにボトルは自宅まで配達されるので購入にでかける大変さもありません。

体を温め冷やさない

人の体の大半は水分でできていることから、気温の影響で冷えてしまいやすく、普段から「温めよう」と気を配る必要があります。
デスクワークがメインであれば下半身は冷えやすいので、ひざ掛けや腹巻などを使うほか、締め付け過ぎない衣服を着ることもポイントです。
そして、じっとしているよりも姿勢を変えて体を動かした方が筋肉を使って熱が生まれやすいので、こまめに動いておくことも体を温めるために役立ちます。

しっかり体を動かして全身の血流アップ

冬は寒くて動きたくないと思いがちですが、冬こそ積極的に運動して全身の血流をあげましょう。
運動不足の人も始めやすい運動はウォーキングですが、外の寒さが苦手であれば大きな商業施設へ出かけて歩いたり会社の建物内を巡ったりして歩く方法もあります。

建物内には階段もあるので、エレベーターやエスカレーターを使わず階段昇降運動もプラスしましょう。
すると運動強度があがって心拍数もアップ、その結果全身の血流が良くなって体もぽかぽか温まります。

続けているうちに汗ばんでくれば水分代謝も上がってきたと期待できるので、汗ばむことを目安にしっかりと体を動かしましょう。
何日も継続していると筋肉もついてくるのでより体が温まりやすくなるほか、筋力がついて運動がしやすく日常生活も快適になるはずです。

寒さから症状が悪化しやすい


体が冷えやすい冬のむくみは、夏場に比べると改善が難しい場合があります。
気温が下がることで体内の水分も冷えやすくなり、体温が下がれば血流が悪くなって筋肉も硬くなりがちです。

すると筋肉の働きが弱くなってしまい、下半身から心臓へ戻る静脈の流れは鈍くなるので老廃物も下半身でとどこおりやすくなります。
老廃物が長くとどまると脂肪と結びついてセルライトになり下半身太りを招く可能性がありますが、冬場は寒さで体を動かしたくないことも手伝って悪化しやすくなるでしょう。

冬も水分代謝を高めることで健康に過ごせます

気温の影響で水分代謝が下がりやすい冬ですが、しっかり水分補給をして体を温め、体を動かして血流を良くすることで水分代謝を高めていきましょう。
それに水分代謝が良くなれば下半身太りなどの予防にもつながるので、日常生活から見直すことです。

関連記事

ページ上部へ戻る