ふだんの水分補給は温かい飲み物の方が適している?

水分補給は身体にやさしい温かい飲み物がおすすめです


スムーズな水分補給には飲み物の温度も関係しており、より体にやさしい水分吸収を可能にするのは温かい飲み物です。

飲み物が温かいことで体内への吸収がゆるやかになり、水分が少しずつ体内にとりこまれるため体液濃度も急に変わることがありません。

それに温かい飲み物は胃腸が弱っている時や体調を崩した時に飲むことが勧められていることから、体にやさしい水分補給ができる温度と言えます。

冷たいお水では体に負担がかかります

暑い時期はよく冷えた飲み物を口にしたくなりますが、冷たいお水を飲むと体に負担がかかってしまいます。

たくさん汗をかいて体温を下げようとしている時でも氷水より常温のお水や温かいお湯を飲みましょう。

なぜなら冷たいお水は水分の吸収は早いため体液の濃度を急いで調整しなくてはなりません。

そして体液が薄くなると水分を排出しようとして、逆に水分が失われることになるのです。

温かい飲み物での理想的な水分補給の方法

日常生活の中でもこまめな水分補給をすることが推奨されているので、体に負担をかけない水分補給を行いましょう。

気温の高い時期には汗をかいてのどが渇きやすいことから自然と水分を口にしますが、寒い時期になるとつい忘れやすくなってしまいます。

その時にもしっかりと水分補給をして渇かない体づくりに努めましょう。

それではふだんに気を付けたい温かい飲み物での水分補給法を説明します。

寒い時期は体を温める目的も

気温がさがると体温も奪われやすくなり体の末端から冷えを感じるようになります。

それに手足の冷えは外側から温めただけではなかなか芯まで冷えず、いつまでたっても寒いままということがあるでしょう。

そのような時に体の内側から温めるためにも温かい飲み物での水分補給は役立ちます。

しかし温度の高い熱い飲み物では体温を上げるメリットの他にやけどなどのデメリットも出てくるので、口にした時に「熱い!」と感じない程度の飲み物をとるようにしましょう。

夏場にもエアコンの効きすぎから冷えに悩まされることもあるのではないでしょうか。

そのような時にも温かい飲み物をこまめにとることで改善が期待できます。

1日1.2リットルを目安に

厚生労働省でも1日1.2リットルの飲み水をとるよう推奨されていることから、寒い時期であってもこまめな水分補給は欠かせないと言えます。

温かい飲み物の場合水分の吸収がゆるやかになるため、一度にたくさん飲んでもより多く吸収することは難しいでしょう。

そのためこまめに少しずつ飲む方が水分吸収もしやすくなるので、日常生活では200ml程度ずつをこまめに飲むことが勧められています。

もし1日に1.2リットルを飲みきれなかったとしてもすぐに脱水症状が現れるというものではなく、昨日足りなかったと感じるなら翌日少し多めに飲んで調整することができます。

あくまで腎機能などが健康な状態にある人の場合ですので、疾患がある場合はかかりつけの医師と1日に飲む水分の量を相談したうえで水分補給しましょう。

コーヒーやアルコールは水分補給にならない

温かい飲み物なら何でも水分補給に適しているというわけではなく、純水で作った白湯が最もおすすめの飲み物です。

しかし味や風味のない飲み物は飲みづらいからと言って、コーヒーなどカフェインの多く含まれた飲み物で水分補給をしようとすると本来の目的を果たせないことになってしまいます。

例えば温かいコーヒーは冬の休憩時間にはおいしいと感じる飲み物ですが、カフェインが含まれておりたくさん飲むと利尿作用の働きから体内の水分を積極的に排出しようとし、冷えも招きます。

するとせっかく水分を入れたにも関わらず排出されるので再び他から水分補給しなくてはならないのです。

コーヒーを飲むのなら一緒に純水で作った白湯を飲んでみましょう。

また、お風呂上あがりのビールがおいしいという人も多いですが、アルコールでは水分補給をすることができません。

それは温めた焼酎などであっても同じで、アルコールの利尿作用により体内の水分は排出されてしまいます。

アルコールを飲む時はその前に1杯白湯を飲んでおくとよいでしょう。

シーンに合わせて温度を選ぶことも大切です


温かい飲み物は体に負担をかけませんが、だからといって真夏に汗をかきながら無理して飲む必要はなく、その場合には常温や少し冷たい程度のお水にして体温を下げる手助けをしましょう。

寒い時期の水分補給であっても運動中・運動後のような体温が上昇している時には冷たいお水をこまめに飲んでも構いません。

そして寒い時期や夏であってもエアコンの効きすぎによって手足が冷える時などには温かい飲み物でゆっくりと体を温めてあげることです。

体にやさしい水分補給には温かい飲み物を選びましょう

ふだんの生活の中で行う水分補給には、体にやさしくゆるやかな水分吸収を温かい飲み物を選びましょう。

そして温める飲み物は、ほぼすべて水分だけでできている純水にするとなお水分の吸収がスムーズになるのでおすすめです。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る