水分補給で毒素を排出できますか?

水分補給は毒素排出効果を高めると言われています


人は水分を摂取すると、尿として排出されます。

尿は体内の毒素を排出する効果がありますので、どんどん水を飲んで尿を出すと良いです。

お水を飲むと言うことは、体の代謝を良くする効果もあります。

毒素排出を意識して水分補給するなら、コーヒーやジュースよりも、お水が一番です。

砂糖の入っている飲み物よりも、砂糖のない飲み物が良く、お水をルイボス茶やタンポポ茶などとしてのむと、毒素排出効果も高められ、他の効果もあり、さらに良いです。

水分補給を積極的に行って毒素を出しましょう

毒素排出をするなら、水分補給は積極的に行うべきです。

特に意識しないとあまりお水を飲まないような方もいますので、1日2Lは飲むようにすべきです。

一度に沢山飲むよりは、少しずつこまめに分けて飲んだ方が良いです。

お水を沢山飲んで、そして、どんどんトイレに行って尿として出しましょう。

お水の飲み方にはコツがあります

お水を飲むなら、出来れば常温以上のお水か、白湯がよいです。

冷たいお水は内臓を冷やして、肝臓などの働きを低下させます。

冷蔵庫で冷やしたようなお水よりは、常温で保存したお水や、温めたお水が良いです。

また起きたときや、寝る前など、水分補給しない時間の前や後には、必ずお水は飲むようにすべきです。

汗をかいたときも、意識してお水を飲むようにすべきです。

水分補給なら何を飲むべきか

1日に2Lの飲み物を、こまめに分けて飲むのがよいと記載しました。

コップに換算すると、1日8杯~10杯ぐらいです。

朝起きたときや、食事の時など、タイミングを見計らって飲むようにすれば、効率的に水分補給出来ます。

一番良いのはお水ですが、牛乳やお味噌汁などを飲んでも、水分補給になります。

ただお茶やコーヒーを飲むなら、利尿作用が高まりますので、尿が沢山出ますが、水分補給が少ないと、利尿作用によって体内の水分が失われてしまいます。

コーヒーはお水代わりにはおすすめできず、お茶を飲むならノンカフェインのものが良いです。

お酒などのアルコールも、利尿作用があり、内臓にも負担をかけますので、お水代わりに飲むのはおすすめ出来ません。

むくみ解消にもなる

体がむくむ人は、その理由からお水を飲まないと言う人もいます。

しかしこれは逆に体に良くなく、毒素を溜めることにもなります。

水分が不足すると、脱水症状を防ごうと細胞が水分を出すので、余計にむくみます。

このために、適度に水分補給はすべきであり、むくみ解消にも役立ちます。

むくみが改善されると、体内の老廃物も一緒に出ますので、毒素を出すことにもなります。

特に体から水分が出るような時に、意識して水分補給すべきです。

たとえば朝起きたときや、お風呂に入った時などは重要です・

寝る前もトイレに行くのが嫌だと、水分補給しない人もいますが、少しの水分なら大丈夫です。

また夏は暑く汗をかくので、普段から水分補給は意識すべきです。

汗を多くかいたと思ったら、多めに水分補給しましょう。

便秘解消にもなる

水分補給は便秘解消にも良いです。

特に便は体内の老廃物を排出する効果もあり、腸に便が溜まると体には良くありません。

便が乾燥して少量のような状態では、腸内でもぜん動運動を促さないので、余計に便秘になりやすくなります。

水分を補給すると、便が吸収し膨らみ大きくなり、腸を刺激します。

ただし、便秘解消のためにはどのような水分でも良いとは限りません。

お茶やコーヒーなどの、利尿作用の多い飲み物は、そのまま尿として出されて、腸には届きません。

飲んだお水はまず小腸で80%ほどが吸収され、残り20%が大腸に行きます。

便秘解消のためにも、やはりお水が一番であり、長く体内に留まるような飲み物を飲むべきです。

もしもさらに便秘解消を意識するなら、硬水や炭酸水などがぜん動運動を促します。

また食物繊維を摂取すると、腸で水分を吸収し、腸を刺激して良いです。

そして便が出やすくなれば、体内の毒素も一緒に排出してくれて、毒素排出効果も期待できます。

体内に毒素が溜まると健康に悪影響を及ぼします


体内に毒素が溜まると、代謝が落ちたり疲れやすくなったりといった悪影響が出てきます。

理想的な水分補給の仕方は、30分から1時間にコップ1杯を目安に飲むことです。

そして起きている間に、合計2Lの水分補給をするようにするのです。

お茶やコーヒーよりも、お水やピュアウォーターを飲むようにしましょう。

ただし、いくら水分補給が体に良いからと言って、必要以上に飲むのは逆効果です。

必ず適量を守るようにしましょう。

毒素を溜めないためにも、こまめな水分補給をしましょう

水分補給はその時々の状態でも飲む量を変えます。

体を動かすときは少し多めに、動かさないときは少なめに調整しましょう。

寝ている間は水分は補給できませんので、朝起きたときは、特に意識して多めに水分補給してください。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る