生理中のダイエットとお水の関係とは?

生理中のダイエットにお水は不可欠といえます


生理中のダイエットの際に、お水は不可欠なものであるといえます。

生理中はむくみやすく、むくむということは水分を体の中に蓄えてしまう傾向が強くなるということです。

そのため、つい水分をとることを控えてしまいたくなるかもしれません。

しかし、いくらむくみやすいとはいえ、水分をとらないことは逆効果です。

なぜなら、水分が不足した体は脂肪をため込みやすくなるからです。

これでは、水分補給による一時的な体重増加を恐れて、根本的に痩せる体質づくりができていないことになります。

生理中でもダイエットのためにお水を飲もう

生理中はダイエットをしてもホルモンバランスの問題で非常に痩せにくいといえます。

そのため、つい体重計に乗った時に増えないよう水分も取らないということもあるかもしれません。

しかし、水分が十分に体の中にないと、その分老廃物を排出するための水分が不足して、体の中に老廃物が溜まってしまう状態なります。

そのため非常に痩せにくい体質へと変えてしまうのです。

お水を飲んで生理中でもダイエットに効果のある生活をしよう

生理中、また生理前の1週間はホルモンバランスの関係で新陳代謝が悪くなります。

そのため、せっかく生理前までは順調だったダイエットが急に停滞したように感じて、水分補給などを怠ってしまうことがあります。

しかしダイエットには向かない時期とはいえ、ダイエットのために体のためにできることはたくさんあります。

そのいろいろな方法を紹介します。

生理中に痩せにくくなる原因とは何か

そもそも生理中に痩せにくくなる原因とは何でしょうか。

ホルモンバランスの関係で新陳代謝が悪くなることが直接的な原因ではなりますが、生理中ならではの感情の変化、体質の変化も一因となります。

たとえば、感情面では、いつもよりもイライラしやすくなるかもしれません。

イライラするといつも自制していたとしてもつい暴飲、暴食に走ってしまいかねません。

また、いつもよりも食欲が増しますので、知らず知らずに間食が増えてしまうこともあるでしょう。

そうなると当然ダイエットはできません。

また、逆にむくみやすくなりますので、水分を控えてしまうこともあり得ます。

水分を控えても体に老廃物が蓄積されていくことを助長することになりますので、ダイエットをしようとしているなら逆効果といえるでしょう。

老廃物が蓄積されるとそれが代謝を悪くして、脂肪を蓄えやすくしてしまうのです。

このような理由から生理中はダイエットには不向きといえるのです。

生理中の過ごし方

生理中は痩せにくいため、あえて体重という具体的な結果が出るダイエットはあきらめる切り替えが必要となるでしょう。

むしろ、ダイエットには向かない期間であったとしても、ダイエットのために効果の期待できる方法を実践しながら過ごす方が生理後のダイエットに期待が持てます。

そのためにできる簡単な方法のひとつができるだけリラックスして過ごすことです。

リラックスしながらストレスをためないようにして、食欲があってもなるべく自制することを心がけましょう。

また、身体を温めることも効果が期待できます。

身体を温めることによって代謝が悪くならないようにサポートできます。

血流が良くなればデトックス効果も期待できます。

さらに、香味野菜を食べることもおすすめです。

香味野菜は体の冷えの防止に役立ちます。

冷えを改善して新陳代謝を促進させる効果があるのです。

このように生理中であってもダイエットのためにできることはたくさんあります。

生理中の水分の取り方

生理中はむくみやすいので水分をとると簡単に体重が増えてしまいます。

そのためダイエットをしたいと思うあまり水分を控えて体重の増加を抑えようとする心理も働くことでしょう。

しかし、水分を制御してもダイエットにとって良いことはありません。

水分が不足すると血液の流れが悪くなります。

それは結果として代謝を悪くしてしまいます。

また、水分が少ないと便秘にもなりやすく、セルライトができる原因にもなります。

そのため美容にも良くありません。

ですから、生理中であったとしても、それまで摂取していた水分量を減らさないようにしましょう。

平均的には1日に2リットルの水分を必要とされているといわれます。

自分の体調を見ながらできればそれぐらいの水分は摂取したほうが良いでしょう。

1日に数回に分けて飲むと、必要な分量も摂取しやすくなります。

生理中のダイエットにも水分は必要


本当のダイエットとは、一時的な体重の減少ではなく、太りにくい体質に変化させながら、徐々に体重を理想の体重に落としていく作業です。

生理中はダイエットには向いていない時期のため、体重の減少だけを気にしてしまうと本来のダイエットの目的を外れてしまうでしょう。

生理中であったとしても、目安として1日2リットルの水分はしっかり摂取しましょう。

むくみによってダイエットが失敗しているように思えても、痩せやすい体へと近づいていることを忘れないようにしましょう。

生理中のダイエットのためにも水分は取りましょう

生理中もダイエットのために必要な量の水分をとることは不可欠です。

しっかりと水分補給をして長い目で見たダイエットの成功を目指しましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る