妊娠初期は水分不足の影響が大きいって本当?

妊娠初期の水分不足は血流や脱水などに影響があります


妊娠初期から妊娠の影響で水分不足を含め、体調にさまざまな変化が起きます。

例えば水分不足になれば、血流や脱水、羊水やお通じなどに影響が出るので妊婦さんにとってつらい時期になることが多いのです。

もちろん妊婦さんだけではなくお腹の中の大切な赤ちゃんまでその影響が出る可能性があります。

栄養は血液に乗り赤ちゃんまで運ばれるので、水分不足で血流が悪くなれば十分な栄養が届きづらくなります。

妊娠初期から水分不足に対しては、水分補給などを行い対策が必要なのです。

水分不足が妊娠初期に影響する理由って?

お腹の赤ちゃんは胎盤を通し栄養分を摂取しています。

血液の大部分は水分で構成されていますから、水分不足になると濃度が高まり血流が停滞して必要な栄養をきちんと届けるのが難しくなるのです。

また妊娠初期では女性ホルモンの変化で、ひどいつわりや嘔吐が起きれば水分が体から出て行きやすい状態になります。

羊水も水分が必要ですし、水分不足で便が固くなり便秘にもつながるのです。

妊娠初期に影響が大きい水分不足は適切な水分補給で予防しましょう

妊娠初期は体が変化する時期であり、つわりなどで水分不足が考えられます。

その影響に対し予防をするなら、適切な水分不足解消を考えなければなりません。

そのために何ができるのか対策をご紹介します。

妊娠初期でも水分不足になりがちなのでこまめにお水を飲みましょう

一般的に水分は生命維持のため重要な役割を担っているため、1日に1.5リットルぐらい飲む必要があると考えられています。

ただ、妊娠をすると水分不足による脱水症のことも考え、2リットル程度、お水を飲んだほうが良いと言われているのです。

十分な水分量を摂取することで、つわりなどで出て行った水分を補うことができます。

しかし注意したいのは一度に2リットルを飲むような行為です。

一気にお水を飲むのは至難の業で、なにより体調を崩すリスクが高いからです。

お水を飲む際には1日かけてこまめに補給することが大切です。

一度に飲むのはむずかしくても何回か分けて飲むのはむずかしいことではありません。

ただ、絶対2リットルを飲まなければならないと頑なになるとストレスにもなりますので無理は禁物です。

水分不足でも妊娠初期に悪影響なカフェインなどは注意が必要です

妊娠したら水分補給が大切と言っても、どんな飲み物でも飲んで良いわけではありません。

例えばカフェインやタンニンが含まれている飲み物には注意が必要です。

カフェインは血管が収縮する作用があると言われているので、血流悪化につながると考えられているのです。

それ以上に、妊娠初期でカフェインを過剰摂取すると、流産や早産のリスクを高めるという話もあるのでくれぐれも注意しましょう。

またタンニンは鉄分の吸収を妨げると言われており、鉄分不足で貧血になりやすくなるので気をつけてください。

他にも炭酸飲料には注意しなければなりません。

つわりの後に口の中をすっきりさせるため炭酸飲料ばかり飲んでいると、疲労を助長する可能性があります。

特に市販の炭酸飲料には多くの糖分が含まれていますから、過剰摂取をすることで疲れだけではなく肥満につながることも考えられるのです。

どうしても炭酸飲料を飲みたければ、糖分が含まれていない炭酸飲料を飲んだほうが無難でしょう。

水分不足でも妊娠初期に影響が大きいハーブティーなども注意です

ハーブティーなども水分補給に良いと言われますが、あくまで妊娠していない状態で考えてください。

ハーブティーすべてがダメというわけではないですが、一部にカフェインなどが含まれているからです。

そのカフェインで赤ちゃんに悪影響が出るなら避けた方が良いでしょう。

また、カフェインだけではなく、はと麦茶、ローズマリーなどには子宮を刺激する作用があると言われていますし、ココリスなどには子宮出血のリスクを高めるとも言われているのでくれぐれも注意してください。

もし飲みたいのでしたら、担当医にきちんと相談して大丈夫かどうか確認をする必要があります。

また、水道水をそのまま飲むのも止めた方が良いでしょう。

水道水の場合、地域によっては塩素濃度が高いため、体の中の赤ちゃんにも悪影響が考えられます。

リスクを取り除きたければ、水道水を直接飲むようなことは控えた方が良いででしょう。

そもそも水分不足につながるつわりの原因って?


妊娠初期で水分不足を助長するつわりについて原因はまだはっきりしていません。

可能性として妊娠を維持するホルモンhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の急激な分泌、また受精卵を異物と考えた体が拒否反応を起こしている説、妊娠の急激な変化に対する自律神経の乱れ、悪いものを出すための体の防衛反応など、さまざまなことが考えられています。

つわりは自分でコントロールできるものではないので、水分不足が起きたら落ち着いて水分補給し影響を最小限にしましょう。

妊娠初期の水分不足は上手にお水で予防しましょう

妊娠初期はつわりなどの影響で水分不足になりやすいと言われています。

こまめな水分補給はもちろん、飲んではいけない物も理解すれば正しい対策ができます。

上手な水分補給で妊娠初期から出産まで乗り越えましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る