代謝が悪いのを改善するにはお水が良いって本当?

代謝が悪いなら水分不足の改善が大切です


代謝とは生命活動を維持するために食べ物や飲み物の栄養をエネルギーに変えることから不要物などを排出するまでのメカニズムを総称して呼んでいます。

代謝があるから人間は活動でき、体が作られ、ダメージを受けた所が修復され、尿や便として不要物が排出され生命を維持できるのです。

しかし代謝が悪くなることで、血流の悪化や冷え性、肥満、疲労、肌の衰えなどさまざまな症状を引き起こすと言われています。

この代謝が悪くなる原因の一つに水分不足が考えられているのです。

どうして代謝で改善できるの?

代謝を行うにはお水が必要と考えられています。

例えば食べ物から栄養を摂取するにはただ食べるだけではなく消化して吸収を行わなければなりません。

また、栄養だけではなく老廃物を外へ出さなければ代謝が悪化し、体調が崩れる大きな原因の一つになるのです。

代謝が悪くなった時、原因の一つに水分不足が考えられるなら、改善のためにお水が必要となって来るのです。

代謝が悪いなら上手なお水の飲み方で改善しましょう

代謝が悪いなら改善のため水分不足の解消を行いましょう。

水分補給をすることで、効率的に水分不足の改善につながるからです。

上手な飲み方や水分補給の量などを知っておきましょう。

代謝が悪いなら2リットル程度の水分補給が改善のポイントです

代謝を正常に保つには水分補給がポイントになります。

しかし、どれぐらいお水を飲めば良いかについては、年齢や性別や体格などが大きく関係すると言われているのです。

ただ成人を対象にした場合、老廃物として外へ出て行く1日の水分量は2.3リットル程度と言われています。

例えば尿や便では1.3リットル、さらに呼吸や皮膚から1リットルの水分が、毎日出て行くことを考えてください。

このことを踏まえると、健康的な成人では最低限、約2.3リットルは水分補給しないと水分不足になり代謝が悪化する可能性が出て来るのです。

注意しなければならないのは、お水だけで水分補給をしないことでしょう。

水分補給は何もお水だけからできるものではないからです。

例えば生野菜の中にも水分は含まれているので、そのことも考慮しなければなりません。

また、高齢者は筋肉が少なくなり体内に水を留める力が落ち、さらに喉の渇きに対する感覚が衰えていることもあります。

そのため高齢者は意識して水分補給をする必要があるでしょう。

こまめに飲むのが悪い代謝改善の助けになります

代謝の改善を考えるならお水の飲み方もポイントになります。

お水を飲まなければならないと考え、一気に飲んでしまうと体調を崩す原因となるのでくれぐれも注意しなければなりません。

代謝だけではなく健康全般を考えるなら、お水はこまめに補給することがポイントになるのです。

基本的にはコップ一杯程度が150~250mlとするなら、6~8回程度を目安にし分けて飲むと良いでしょう。

お水を飲むタイミングとして、まず早朝などが良いと考えられています。

睡眠時は汗が出て血液内の水分が不足してドロドロとなっていることが考えられるからです。

お水を飲むことで血液の濃度改善にも役立ちます。

血液は栄養素や酸素を組織に届ける役割を持っているだけではなく、老廃物を運び出すためにも必要です。

そのため血流が悪くなると代謝が悪化し、そして血流が悪くなるという悪循環に陥るとも考えられています。

そのため朝、一杯のお水を飲むことが血流の助けとなり、代謝の改善に役立つと考えられるのです。

運動前後にも水分補給が大切です

代謝を高めるには適度な運動も行う必要があります。

運動をすることで消費エネルギーも増加し血流が良くなるだけではなく、筋肉もつけられるからです。

筋肉をつけることで活動しない状態でも、エネルギーを消費する基礎代謝アップが考えられます。

ただ、運動をするなら激しくなくともかまいませんから、長期的に継続できるものを選びましょう。

例えばウォーキングやエクササイズなどが適していると考えられます。

ただ、適度な運動と言っても汗はかきますので、多くの水分補給が大切となります。

汗が出ることを考えるなら、運動の前後にお水を飲んでおくことが重要です。

また、他に汗をかくという場面で考えると、運動以外にも入浴前後にもお水を飲むのも良いでしょう。

お水が代謝に必要な理由とは?


代謝は消化吸収や細胞の生まれ変わり、エネルギーを作る、血流などに大きく関連しています。

代謝をスムーズに行うにはお水は欠かせないものなのです。

例えば消化吸収を行うにしても、加水分解が必要であり、これもお水が重要な要素となっているのです。

老廃物を運ぶためにはスムーズな血流が必要ですが、血液の構成成分の多くは水分です。

水分不足になると血液の濃度が高まるためスムーズな血流とはほど遠いものになることが考えられます。

このようにお水は代謝にとって重要な存在になっているのです。

代謝が悪いと体調も崩れるのでお水で改善しましょう

人間の体の半分以上は水分で作られています。

体を作っている細胞や血液、骨、あらゆる所に水分が必要とされています。

体に水分がなければ代謝が悪くなって、さまざまな体調不良につながるのです。

代謝が悪いなら改善のため、日常的に水分補給を意識しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る