ピルを服用すると水分不足になりやすいの?

ピルは水分不足を起こしやすく水分補給が必要です


不正出血やホルモンバランスの乱れを改善させるときにピルは利用されることが増えました。

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのふたつが含まれており、妊娠中のような状態を作り出すため、効果をあげられる薬です。

利用用途も広い代わりに副作用の問題があり、肝機能障害や血栓ができやすいため定期的な検査も必要になります。

対処方法として、血栓になりやすい水分不足を起こさないようにします。

水分不足の直接的な対処方法として、水分摂取を心掛けることが重要になるでしょう。

ピルの服用で水分不足を起こすと血栓ができやすくなります

ピルには2種類の女性ホルモンが含まれているため、有効に働きますが、これが血液を固まらせる作用を持っているのが問題です。

ピルを服用すれば、必然的に体内の女性ホルモン量を増やすことになるため、血栓ができやすくなってしまいます。

血液を固まらせないためには、水分補給で血行を促進させることが一番簡単な対処になるでしょう。

ピルを飲むなら水分不足の対策を

旅行やスポーツの大会といったことに合わせて生理周期を整えるということでも使われるピルですが、避妊や生理痛の緩和といったことでも利用されます。

子宮内膜症や子宮筋腫、チョコレート嚢胞といった病気に対しても、治療や症状の緩和に利用されるようになりました。

ピルを服用していない人よりも、副作用である血栓症を発症するリスクが高まるのは、当然の結論です。

そこで、血流を促すような対策として、水分不足を回避する方法をとる必要があります。

水分不足が引き起こす

ピル服用中は、女性ホルモンの増加で、血液が固まりやすい状態ができあがります。

この状態の時に、体内の水分を減らしてしまえば、血流が悪化し血栓がさらにできやすい状況を作り出すことになるでしょう。

汗をかいて水分不足になったりするのもそのひとつです。

水分補給によって、かなり回避できるようにはなりますが、こまめに取っていく必要があります。

ただし、カフェインを含んでいる飲み物は、利尿作用を持っているため、大概に水分を排出させることにつながるため逆効果です。

不純物の含まれていないお水が最も適しているということになるでしょう。

水分を失ってしまったときには、できるだけ素早く補給してあげることが必要です。

運動直後や入浴の後は、必ず摂取しておく必要があります。

睡眠の前後も汗で失われてしまうことが多くなるため、こまめに摂取を心掛けることで水分不足を予防できます。

人間が必要としている水分は、1日2リットルといわれているのですから、かなりこまめに取ることになるでしょう。

日常からの対策も考える

血栓を作らないためには、水分不足に陥らないようにすることが重要です。

食べ物で考えることも必要で、水分を補給して血液をサラサラにするように、食生活を改善させていく必要があるでしょう。

アルコールの摂取についても考えていかなければいけません。

どうしても利尿作用が働き、水分不足を起こしやすいようになってしまいます。

これだけでも血栓のリスクが高まりますが、さらに嘔吐すれば水分を吐き出してしまいますし、薬の危機も悪くなる悪循環を招いてしまうでしょう。

どんなに対策をしていても無意味なことになってしまうため、十分気をつける必要が出てきます。

日常からの対策

血栓を作らないようにするためには、血流をスムーズにしていくことが求められるため、水分不足を起こさないようにお水を摂取することが対策となってきます。

そのほかにも強度の低い運動を取り入れるようにするだけではなく、これを日常化させて血流の改善も考えておくことが大切です。

ピルを摂取し始めたから血行を考えるのではなく、日常から健康に留意して、血行を改善できる食生活を取り入れたりしていくことも必要でしょう。

座ったばかりの生活であれば、定期的に立ち上がったり、体が冷えたりしないようにするのも、水分補給とともに重要です。

血中コレステロールや中性脂肪といったことも考え、食生活を改善していけば、それだけピルを服用した時のリスクを下げることができるでしょう。

血を固まりやすくするたんぱく質のバランスと物質の水分不足の問題


人間の体の中では、血液を固まりやすくする物質があります。

たんぱく質の一種であるフィブリノゲンやプロトロンビンです。

反対に固まらないようにしてくれるたんぱく質がアンチトロビンやプロテインSにあたります。

これらの物質のバランスがピルによって崩れてしまうのも、血栓ができやすい原因です。

血液中の水分が少なくなると、血はどろどろになり、血行が悪化するでしょう。

その分だけ血栓ができるのですから、水分不足は天敵です。

ピルとともにお水を摂取して水分不足にならないようにしましょう

血栓ができにくくするための方法は、いろいろな方法があげられます。

ピルの服用に伴い水分不足を解消するとするのならば、お水を摂取して、血をドロドロにならないようにしていくのが、最も効果的な方法となるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る