水分不足によるクレアチニン増加への影響とは?

水分不足はクレアチニンの値を高める原因となります


クレアチニンについて詳しく知る人は、あまり多くないかもしれません。

これは主に、健康診断でもちいられる指標値のひとつとなっています。

しかし水分が不足すると、この指標が安定的に計測できなくなってしまいます。

そのため、水分不足によるクレアチニンへの影響は、健康維持において困らされる存在であるといえるでしょう。

こうした状況を回避するには、やはり適切な水分摂取が重要となってきます。

また合わせて、食事面からも工夫するとなお良いでしょう。

体内のクレアチニン濃度が変動するためです

クレアチニンは、決して特別な成分でもありません。

体内で一定量生産されているので、基本的に誰もが有しているものでもあります。

そのため、健康状態を計測するための指標値として役立てられているのです。

ところが、水分不足により体内の水分量が偏ると、この値が正常に計測できません。

だからこそ、十分な水分補給を維持することが大切なのです。

水分不足とクレアチニンの関係を知って健康維持に繋げよう

あまり聞きなれない成分名かもしれませんが、クレアチニンは健康維持の上で重要な存在となっています。

そこへきて、水分不足が影響して正常に計測できなくなると、思わぬ病気を進行させる原因ともなりかねません。

クレアチニンの特徴や有効な水分補給方法を知って、健康で快適な日々に役立ててみてください。

クレアチニンってどんな成分?

クレアチニンは、体内で生成される成分のひとつです。

主に筋肉に含まれているたんぱく質から生じるものであり、体外へ排出すべき老廃物となっています。

健康的な体には代謝が欠かせないので、体内サイクルの一端として重要な役割を担っています。

排出は尿素窒素と同様で、腎臓の糸球体によってろ過されたのち、尿によっておこなわれます。

排出量は一定的であるため、ひとつの健康指標として役立てることも可能です。

事実、健康診断におけるクレアチニン値検診は広くもちいられており、体内状況を計測する上で有効です。

クレアチニン値計測によって状態を確かめられる臓器は、腎臓です。

上記の通り、腎臓のろ過によって排出されるので、腎臓が適切に働いていない場合、血中におけるクレアチニンの増加がみられるためです。

主には、男性が血液1デシベルあたり1.2ミリグラム以下、女性1.0ミリグラム以下が正常値とされています。

水分不足によるクレアチニン計測への影響

腎臓の機能不足を調べる上で、クレアチニン計測は有効な指標です。

その点、腎臓の状態に関係なくクレアチニン量を変動させる要素がある場合、正しく計測できなくなってしまいます。

それこそ、腎臓病などの重大な症状を見逃してしまう原因ともなってしまうでしょう。

そして、その要素のひとつこそが水分不足なのです。

クレアチニン値は、尿ではなく血液において計測します。

腎臓でろ過されなかったクレアチニンは、血中に留まる性質を持つためです。

ですが水分が不足すると、血液の濃度が濃くなってしまいます。

これにより、1デシベルあたりのクレアチニン値は、腎臓の状態がそこまで悪くなくても高まってしまうことが考えられます。

水分不足は、あらゆる面から健康を考える上で重要な存在です。

ですがこのクレアチニンへの影響に関しては、それこそ生死にかかわる可能性すら考えられます。

日ごろから十分な補給をおこなって、健康診断に影響しないよう心がけることが大切でしょう。

腎臓の健康を守るためには

水分不足を防ぐといっても、いったいどれくらいの量が適量か理解しておかなければ、効果的な対策にはなりません。

体格や体重、運動量、性別によっても異なりますが、基本は1日1.5リットルほどが適量と考えられています。

そのため、毎日これぐらいの量を安定的に飲めるよう心がけてください。

また体内に補給するための水分としては、ジュースやスポーツドリンクではなく普通のお水が理想的です。

余分な成分の極力少ないものを選んで、水分不足の防止に役立ててください。

また腎臓の健康には、塩分とたんぱく質摂取を控えるということも重要となってきます。

腎機能低下に伴い、老廃物が適切に排出されにくくなります。

水分補給への意識と合わせて、覚えておくと良いでしょう。

水分不足によるクレアチニン値増加は腎臓の検診を妨げる


クレアチニンとは、尿と一緒に排出される老廃物のひとつです。

そのため、クレアチニン値を計測することで腎臓機能の状態を検査することができます。

健康診断にも広く取り入れられているので、正常な計測ができるよう注意しておくことが欠かせません。

その点、水分不足は血を濃くする原因となるため、クレアチニン計測に大きく影響してしまいます。

日ごろから水分不足にならないよう心がけて、腎臓の病気を見逃してしまわないよう気をつけておくべきです。

十分な水分補給で正しい健康診断を受けましょう

健康診断では、血液を通した検査が少なくありません。

その点、水分不足は血液を濃くしてしまうため、診断に影響を与えてしまいます。

腎臓をはじめとしたあらゆる臓器の健康を維持するため、日ごろから適切な水分補給ができるよう心がけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る