水分不足はほてりを起こしますか?

水分不足とほてりは関係します


ほてりは、体の発熱で起こることが多いですが、冷え性の一環としてのぼせることもあります。

このようなタイプでは、血液循環が悪く、それは水分不足も関係しており、首から上ではほてり、手足は冷えているような状態です。

血行不良や水分代謝が悪いことが原因となっており、これには水分不足が関係しています。

体全体が発熱すると、手足は冷えているので熱を逃がせず、頭だけで熱を逃がそうと、首から上だけが熱を持ち、ほてるようになります。

水分不足によるほてりは体にいくつかの症状を発します

体がほてっている状態が頻繁に起こると、体への異常が発生します。

まずは自律神経の乱れにより、胸部から上の部分で汗を大量にかき、手や足の裏にも汗をかきます。

トイレが近くなるというのもほてりが起こったときの症状です。

ほてりには、いくつか種類があるので、それぞれに応じて対処します。

ほてりの原因はいくつかあります

ほてりの原因は、いくつかあり、水分不足もその1つです。

原因により対処方法も違ってくるので、原因に応じて対処するようにします。

水分不足が原因のほてり

水分不足が原因でほてりが起こる人は、ほてりの原因の中でも多いです。

体内の水分は、潤滑液のような役割を果たしており、体を冷やす役割もあります。

このために水分が不足すると、体を冷やす機能が低下し、その反面、体は熱を持ちやすくなりほてりやすくなります。

首から上がほてりやすいですが、その他にも手足もほてることが多いので、手足に汗をかくことも多いです。

のぼせやすく、ほほが熱を持って赤くなりやすい、寝汗をかきやすい、喉が渇きやすいなどの特徴がられ見ます。

対処方法としては、出来るだけ早く寝るようにして体を休ませます。

また水分補給は、こまめにおこなうようにして、汗をかいたら体から水分が出ていっているので、早めに飲み物を飲んで水分補給をしましょう。

また食べ物としては、香辛料など、刺激物は避けた方が良いでしょう。

血行不良が原因のほてり

こちらも水分不足とにていますが、血行不良により、ほてりが起きるタイプです。

日頃から水分不足になっており、血液の流れが悪くなっている、また血液循環が悪いので、体の隅々まで栄養が届いていない、出血により血液が不足しているなどあります。

血液は水分が元となっており、血液循環が悪いと、熱を体の隅々まで伝えにくくなっており、また体の各部分の熱も逃がしにくくなっています。

血液循環が悪いと、ほてりばかりでなく、体に不調も出やすく、めまいや動悸がおきやすい、睡眠不足になっている、また手足がしびれやすいなどの症状も出ます。

まずは栄養をしっかりと摂り、3食欠かさず食べるようにして、栄養不足にならないように努めましょう。

特に女性は生理があるので、血液不足になりやすいため、水分補給も行い栄養も十分に摂取するようにします。

太るから食べないようにダイエットを行うと、栄養不足になりやすいです。

栄養不足が原因のほてり

胃腸が弱い方や、過労や寝不足の方、食が細い方などが、栄養不足が原因でほてりが起こります。

胃腸が弱く疲れると体がほてるような方であれば、栄養不足が原因となっています。

食欲が出ない、気力が出ない、疲れやすい、体を動かすとすぐ疲れるような方は、疲れを溜めないようにして、栄養を補給しましょう。

疲れを溜めないために睡眠はしっかりと行い、食事も栄養バランスを考えて食べ、食べ過ぎや飲み過ぎにも注意が必要です。

いくら栄養を補給しようと思っても、食べ過ぎや飲み過ぎは胃腸を壊し、体の調子を悪くしてしまいます。

特に胃腸の弱い方は、食事をしても、十分に栄養補給できない可能性があります。

そのために消化のしやすい食べ物を食べる、野菜ジュースやスープなどで栄養摂取する、場合によってはサプリメントも考えてみると良いでしょう。

料理を作るならば、茹でることや煮ること、細かく小さくするなどすると、食べやすく消化しやすくなります。

また食べ物を食べるときは、良く噛んで食べるようにすると、消化しやすく、胃に負担をかけにくくなります。

水分と栄養を補給します


体のほてりは病気でない場合、水分不足と栄養不足が関係していることが多いです。

そのために水分補給と、栄養補給を行うようにしていきます。

栄養としては、日頃の食事を気をつけるようにしましょう。

朝昼晩と3食、食べるようにして、栄養バランスに気をつけた食事にするようにします。

水分に関しては、朝から晩まで、こまめに水分補給をするようにします。

特に汗をかいたならば、出来るだけ早めに水分補給しましょう。

水分補給を行いましょう

ほてりを解消するには、体を放熱しやすくするのが良く、それには水分が必要です。

そのために水分不足にならないようし、こまめに飲み物を飲んで、いつでも水分補給をしていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る