水分不足と老化にはどんな関係があるの?

水分不足により老化傾向は後押しされることがあります


老化といっても、さまざまな面に確認することができます。

見た目や活動量、そして脳など、影響は至るところに起こります。

そして水分不足は、それらの多くに影響する存在です。

老化を少しでも遅らせたい、くい止めたいのであれば、しっかりと水分補給をおこなうことが欠かせません。

とはいえ、水分補給にはさまざまな方法があります。

特に老化防止に適した方法を知って、効果的な補給をおこなうことが重要です。

人が維持している水分は加齢と共に減少していく

老化は、水分が減るから起こるというわけでもありません。

実際はその逆で、加齢と共に体内の水分量が減少するため老化傾向に繋がるといい換えられます。

つまり、水分不足な生活は老化を促進させているといっても過言ではない状況なのです。

そうなってくると、健康的な体や見た目を維持する上で、十分な水分を摂ることは必須の作業ともいえます。

正しい対策を理解しておきましょう。

水分不足で老化を起こさないためには適切な水分補給が欠かせません

1日の間に、まったく水分を摂らないという人はいないでしょう。

特に意識しなくても、1日数回はかならず摂取しているはずです。

ですが、老化を防止するための理想量は、しっかり意識しておかなければ十分摂りにくい量でもあります。

正しい知識を身につけて、効果的に老化対策をおこなってください。

老化による水分の減少割合とは

加齢により、体内の水分は徐々に減少していきます。

これにより、老齢者ならではの見た目や体調、また脳の状態へと陥っていくのです。

具体的には、新生児で80%であったものが、幼児70%、成人60%、そして60歳を超えてくるとやく半分ほどの50%にまで減少してくると考えられています。

つまり水分の減少は、生まれたその瞬間をピークにどんどん進んでいくというわけです。

ですが、若いうちから水分不足にならないような生活を送っていれば、こうした傾向も比較的緩やかにすることができます。

若々しく、そして健康的な体を維持する上で、水分に着目しない手はないといったところでしょう。

水分不足を防ぐことによる具体的な有効性

水分をできるだけ多く保つ努力をすると、主に次のような効果に期待できます。

細胞の水分保持

体の細胞は、一定の水分を保持することで正常に機能します。

健康のための機能のみならず、肌表面の見た目にも大きく影響するでしょう。

水分不足の対策ができていれば、内からも外からも健康的な状態に近づけられます。

血行の促進

体に酸素や栄養を行き届けているのは、血液に他なりません。

そしてこの血液は、水分によってできています。

体各所における健康のほか、脳梗塞や心筋梗塞といった老齢者に多くみられる血管障害を防ぐ意味でも有効でしょう。

脳の活性化

関係が比較的薄いように思えるかもしれませんが、脳の活性化も水分補給によって期待できる要素のひとつです。

知的作業の前にお水を飲むことで、飲まなかった人より知的作業の反応速度が数十%高まるという実験結果も出ているそうです。

血行促進、代謝改善によって機能が後押しされるためです。

脳の老化を防ぐ意味でも、有効に感じられるでしょう。

老化防止に役立つ水分の摂り方

老化防止を考える上で、特に意識すべきなのが水分の飲み方です。

同じ水分補給でも、飲み方ひとつで効果は変わってきます。

まずタイミングとしては、就寝前と起床後、食事前、入浴前後がおすすめです。

水分が不足する前や、まさに不足しているタイミングで摂るのが有効となります。

食事前の補給に関しては、食事中の摂取が消化に適さないため、おこなうべきとされています。

種類としては、純粋なお水を選んでください。

中でもミネラル分の少ない軟水は、胃腸に優しく中高年や高齢者にも飲みやすいです。

そして飲み方ですが、1日あたり2~2.5リットルを、コップ1杯ずつに分けてこまめに飲む方法がおすすめです。

結構な分量かもしれませんが、体は毎日これぐらいの水分を排出しているので、同量の補給が重要となります。

負担に感じるようであれば、コップ1杯を、さらに1、2口ずつ飲むなどして工夫してみてください。

老化を防ぐならリスクをしっかり理解した上で水分不足の防止を


水分不足が老化を後押しするとおおまかに説明されても、水分摂取への意欲には結びつきにくいかもしれません。

ですが、どのようなリスクがあるのかしっかり理解することで、モチベーションに繋げられるでしょう。

細胞や脳、そして血管の病気など、水分不足はあらゆる面に影響します。

つまり適切な水分補給は、総合的な健康を後押しする存在なのです。

若いうちから老化防止を考えておいて、損はないでしょう。

無理なく水分補給して若々しく生きましょう

毎日2~2.5リットルが必要となると、人によっては結構大変かもしれません。

ですが、こまめに分けて飲むことで、比較的楽に続けられます。

ストレスもまた加齢の原因となるため、無理のない補給をおこなえるよう意識しましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る