アルコールの代謝が悪いと、肝臓に負担をかけますか?

アルコール代謝が悪いと、肝臓への負担は増えます


お酒を飲んでアルコールを摂取すると、20%ほどは胃で、残りは小腸で吸収されます。

体に吸収されたアルコールは血液に入り、全身に回り、最終的には肝臓に届き、肝臓で分解されます。

肝臓でアルコールは代謝されて、アセドアルデヒドになり、さらに酵素によって分解され水と炭酸ガスになり、無害な物質になるのです。

代謝が悪いと、アルコールは体内に長く残るので、肝臓への負担は増えます。

肝臓で分解できないアルコールは再度、肝臓に戻ってきて分解するので、負担は増えます。

アルコール代謝が悪いか良いかは、肝臓と酵素に左右されます

アルコールの代謝は、肝臓でアセドアルデヒドになり、次に酵素で無害な物質になります。

酵素は人によって多いか少ないか個人差があり、少ない人ほど代謝は悪いです。

そのために、アルコール代謝が悪いか良いかは、肝臓の働きの他に、アルコールを分解できる酵素が多いか少ないかにも左右されるのです。

酵素が少ない人は、言い換えればお酒に弱いとも言えるでしょう。

肝臓に負担をかけないお酒の飲み方をしましょう

お酒によって、肝臓に負担が多いか少ないかは、飲み方により違ってきます。

飲み方を工夫すれば、肝臓への負担を少なくして飲むこともでき、負担をかけない飲み方をするのは体のためです。

食事と一緒にお酒を飲むようにします

アルコールは、空腹のまま飲むと、胃に直接届き、体への吸収を早めてしまい、負担を大きくします。

空腹のままアルコールを摂取することは、胃壁を荒らしてしまう原因にもなります。

そのためにお酒を飲むなら、まずは何か食べ物を食べてから、飲むようにしましょう。

胃に食べ物があれば、食べ物が壁となり、体へのアルコールの吸収を遅くしてくれる効果もあります。

もしもお酒だけ飲むようなときでも、空腹のまま飲まずに、何か一口でも、食べ物を食べてから飲むようにした方が、体への負担は少ないです。

たとえばおにぎりや果物など、一口でも良いので、食べてから飲むようにしましょう。

またはつまみを用意して、つまみを食べながら、お酒を飲むのも良いでしょう。

食べ物を食べながらお酒の飲むことは、お酒の飲むペースも遅く出来るかもしれません。

ペースを抑えてお酒を飲めば、それだけ体に吸収されるスピードも量も緩やかになるので、体にも肝臓にも負担を少なく出来るでしょう。

ビタミンやミネラルを摂取します

お酒を飲むときは、チーズなど脂肪分のある食べ物は、胃腸の粘膜を保護する効果があり、アルコールで刺激して胃壁が荒れるのを和らげてくれます。

また飲み物としては、お酒を飲む前に牛乳を飲むと、アルコールの吸収を遅らせて、肝臓への負担を和らげてくれます。

アルコールを摂取すると、ミネラルやビタミンが失われやすく、そのために野菜を一緒に食べるようにすると良いです。

食物繊維も不足しやすいので、つまみとして野菜を食べるのも良いでしょう。

野菜スティックにするとつまみにしやすく、食べやすいです。

さらにはアルコール分解には沢山のタンパク質を必要とするので、タンパク質の豊富な食べ物も一緒に食べると良いでしょう。

タンパク質の豊富な食べ物というと、肉類であり、太ることを考えるならば、鳥のささみなど、脂肪分の少ない肉が体に良いです。

飲むペースをゆっくりにしましょう

どんなに肝臓に負担が少なく、飲み物や食べ物を利用してお酒を飲んだとしても、飲む量が多い、飲むペースが速いようでは、その効果は薄く、負担を大きくしてしまいます。

アルコール度数の高いお酒ほど、一度に多くのアルコールを摂取してしまうので、出来るだけゆっくりと飲むようにした方が良いです。

特にお酒が弱いと実感している方は、飲むペースの他にも飲む量にも気をつけるようにしましょう。

どれぐらいまでの量を飲むことが出来るか、人それぞれで限界を知っているはずです。

限界以上のお酒を飲むことは、気分を悪くして、頭痛や胃痛を起こし、嘔吐することもあります。

それだけ体でアルコールを分解するのも時間がかかり、飲んだ後の体への負担を長引かせます。

一気に沢山のお酒を飲むことは、急性アルコール中毒にもなる危険があり、大変危ないです。

お水と一緒にお酒を飲みます


アルコールは、胃腸への刺激が多く、体にも回り酔ってしまい、二日酔いにもなります。

体への負担を少なくするならば、お酒と一緒にお水を飲むことです。

お水を一緒に飲むことによって、アルコールを薄めて、体への負担を減らすのです。

お水を一緒に飲むと、口の中もさっぱりとさせることができ、また飲むペースも遅くすることができます。

一緒に飲むならば、ソフトドリンクなどアルコールの含まない飲み物でも良いですが、お水なら刺激を受けた口の中もすっきりさせてくれます。

お酒と一緒にお水を飲みましょう

体や肝臓への負担を減らすならば、食べ物や飲み物を利用する方法があります。

その中でも、お水を一緒に飲む方法は手軽であり、コップにお水を用意するだけでよいので、お酒と一緒に飲むようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る