水分不足が胃もたれの原因になるの?

水分不足が間接的に胃もたれの原因になるといえます


胃もたれの原因についてはいろいろ挙げることができますが、一つには暴飲暴食や刺激の強い食べ物の食べ過ぎなどが挙げられます。

消化しにくいものを食べすぎてしまうとそれが原因で消化不良を起こしてしまいますし、結果的に胃もたれを起こしてしまうのです。

胃が弱っているときにはお粥のような水分の多いご飯がよいとされていますが、これは消化しやすいからという理由です。

つまり、水分不足を回避してしっかりと水分を摂ることによって消化不良も回避できるということになります。

消化不良を回避する

胃もたれの原因は水分不足による消化不良だけではありませんが、原因の一つである以上きちんと覚えておく必要はあります。

消化不良を回避するためには水分不足を改善しなくてはなりませんし、きちんと水分をとりながら暴飲暴食に注意し、脂っこいものをなるべく摂らないなどの工夫も必要となるでしょう。

日頃の食生活を見なおすことも大切です。

胃もたれを予防するために

胃もたれになってしまうと胃がムカムカしてきますし、胃が重く感じたりもします。

人によって感じ方や症状はまちまちですが、胃もたれになると日常生活に影響を及ぼすこともありますから注意が必要です。

胃もたれは日々の生活の中で予防することもできますから、まずは胃もたれを予防することから考えてみましょう。

ここではいくつかの胃もたれ予防法についてご紹介しますから、頻繁に胃もたれになってしまうという方はぜひ今後の参考にしてください。

脂っこい食事をやめてみる

脂っこい食事が好きという方は少なくないでしょうし、好んで毎日のように脂っこいものばかり食べている方もいます。

ジャンクフードやコンビニの総菜などだとどうしても脂っこくなってしまいますし、それが胃もたれの原因になってしまうこともあるでしょう。

ジャンクフードやコンビニのお弁当、総菜などは気軽に手に入れることができますし、現在ではどこにでも24時間営業のコンビニがあるためすぐ買えます。

このような環境で生活しているとどうしても手軽に購入できる脂っこい食事が続いてしまいがちですが、先ほどもお話したように脂っこい食事は胃もたれの原因になります。

食べるにしてもしっかりと噛みながら食べること、量もなるべく少なくしておくことも大切です。

完全にやめる必要はありませんが、食べる量や食べ方に気をつけるだけで胃もたれを回避できます。

水分不足解消で胃もたれも改善

消化不良を起こすことによって胃もたれが起きることもよくあります。

消化不良を起こしてしまう原因もいろいろありますが、暴飲暴食や水分不足もその一つと言えるでしょう。

固形物をたくさん胃の中に入れてしまうと胃が本来持つ機能だけでは消化が難しいこともあります。

最終的には消化できるにしても時間がかかってしまいますし、胃がしんどいという状態も続いてしまうでしょう。

食事中にはきちんと水分も摂りながら食べることが大切ですし、胃が少しでも弱っているという時には水分の多いお粥などを中心に食事してみてはいかがでしょうか。

また、食事のスピードがやたらと速い方もいますが、これも消化不良の原因になってしまうことがありますから注意が必要です。

食事のときはしっかりと咀嚼することで消化を助けてくれますから、これもきちんと覚えておきましょう。

食後は少しゆっくりする

食事を食べてすぐに運動したり、仕事を始めたりするような方も少なくありません。

日々忙しく働いている方だと食事をしてすぐに仕事をスタートしてしまうような方もいますが、実はこれが胃もたれの原因となることもあります。

食べ物を消化するためにはたくさんの血液が必要となりますから、食事をしてすぐに体を動かすというのはあまりおすすめできません。

食後すぐに行動を開始してしまうと胃で食べ物を消化するために必要となる血液が体のほかの部分に回されてしまいますから、結果的に消化不良となり胃もたれの原因になってしまうのです。

ご飯を食べたあとはなるべくすぐ動いたほうがいい、と考えている方が意外に多いようですが、決してそんなことはありません。

食事をしたらせめて30分程度はゆっくりとすることをおすすめします。

水分不足と胃もたれには関係がある


すでにお話してきたように、胃もたれと水分不足には切っても切れない関係があります。

水分不足気味になるとどうしても消化不良となりやすいですし、水分不足が原因で血液量が少なくなってしまうことも考えられます。

食べ物を胃で消化するためにはたくさんの血液が必要になるということは先ほどもお話しましたが、血液を作っているのは水分です。

血液の元となる水分が不足してしまっては血液が少なくなってしまうというのは理解できます。

水分不足解消で胃もたれを回避しましょう

日ごろからきちんと予防することによって胃もたれを回避することができます。

胃もたれになると集中力の乱れにも直結しますし、そこからさまざまな体調不良を起こすこともあります。

こまめにお水を飲んで水分不足を解消し、胃もたれを回避してください。

関連記事

ページ上部へ戻る