便秘にごぼう茶は効果がありますか?

便秘にごぼう茶は効果があると言われています


便秘改善を行うならば、運動する食物繊維を摂るなど、いくつか方法があります。
中でも食物繊維を摂るのは、食べ物を食べるだけで良いので簡単な方法です。
もちろん食べ物から摂取しても構いませんが、手軽に取り入れるならば、飲み物を飲むのが簡単です。

お茶にも、食物繊維の含まれる種類があり、その1つがごぼう茶です。
ごぼう茶は、ごぼうを薄くスライスして乾燥させたお茶であり、煮出して飲みます。
お茶として飲んでも食物繊維を摂取できるので、便秘改善の効果があります。

ごぼう茶は便秘によい成分がいくつか含まれています

ごぼう茶が便秘に良いとされるのは、その1つが食物繊維が含まれるからです。
水溶性食物繊維が含まれており、胃で吸収されず、そのまま腸に届き、水分を吸収するので、便を軟らかくしてくれます。
さらにはイヌリンという成分も含まれており、これは腸内で善玉菌のエサとなるので、腸内環境を改善してくれます。
毎日飲んでいくと、少しずつ便秘改善効果を得られます。

ごぼう茶の飲み方には注意があります

ごぼう茶は、便秘に良い成分が多いので、毎日飲むと少しずつ便秘改善ができます。
ただ色々な成分が含まれるお茶なので、その飲み方には注意した方が良いでしょう。

ごぼう茶には体を冷やす作用があります

ごぼう茶には、皮にも栄養成分が含まれるので、皮をむかずにお茶にします。
ごぼうをそのまま買ってき煮だしても、また市販のごぼう茶を買ってきても構いません。
どちらにしても、皮が付いていれば、むかずにそのまま使います。

飲むならば、煮だしますが、体を冷やす作用もあり、冷え性の方などは飲み過ぎに注意です。
特にそのままホットティーにして飲むなら構いませんが、アイスティーとすると、胃に直接冷たい液体が届くので、内臓をダイレクトに冷やします。

冬など寒い日だと、ホットティーにして飲んだ方が良いでしょう。
飲むタイミングとしては、いつでも良いですが、起床後や寝る前など、空腹時に飲むとより体に成分が吸収されやすくなります。

長期的の飲むと下痢を起こすこともあります

ごぼう茶には、イヌリンが含まれており、これは腸内環境を整えてくれる働きがあります。
腸内の善玉菌を増やすことにより、腸内環境が整い、これにより蠕動運動を促し、便が出やすくしてくれるのです。
ただイヌリンには、その反面、下痢を招く、ガスを発生させるなどの効果もあります。
さらには下剤に使われる成分も、ごぼう茶には含まれます。

このために、長期的に飲むことや、一度にあまりに多く飲むことはおすすめできません。
1日数杯ぐらい飲むなら問題ないですが、1Lなどと飲めるだけ飲もうとするのは止めた方が良いでしょう。
何事も、過剰に行うのは体に良くありません。

ただごぼうを手軽に摂取しようと思うならば、毎日ごぼうを買ってきて、刻んで食べるなどするよりも、ごぼう茶は煮出すだけで良いので手軽です。
必要以上の飲むことはおすすめできませんが、適量を守って飲めば、便秘改善に良い効果を生みます。

便秘が酷いときに飲むようにしましょう

ごぼう茶は便秘に良い成分が多数含まれる反面、下痢を引き起こすこともあります。
下剤のような働きをすることもあるので、一度に沢山飲む、長期間続けて飲むようなことはしない方が良いでしょう。

腸内環境を整える、便を軟らかくするような作用のあるお茶なので、便秘が酷いときに飲むと良いです。
便秘が酷く苦しいときに飲んでいき、便秘が改善されたら、止めるようにします。
ノンカフェインのお茶なので、カフェインが気になる方も気にせずに飲めます。
飲むだけで便秘によい効果を与えるので、手軽で続けやすい方法です。

また、ごぼう茶はごぼうをそのまま乾燥させているので、食べても構いません。
きんぴらにする、炊き込みご飯に入れるなどして食べる方法もあります。
りんごなど便秘に良いとされる食べ物と一緒に食べても、便秘を改善できるでしょう。
料理の出汁として使っても、美味しく頂けるので、もしも余ってしまったなら、料理に使うということも可能です。
ごぼうを乾燥させているので、長く保存して好きなときに使えます。

ごぼう茶は煮出して飲むようにしてください


ごぼう茶の成分を十分に摂取するならば、時間をかけて煮だしてから飲むのが良いです。
やかんに入れて煮出すことによって、ごぼうの中の成分が水に出て行きます。
作るときの目安としては、お湯1Lに対し、10gのごぼう茶を入れて、弱火で5分ほど煮出します。
煮出す時間によってごぼう茶の濃さを調節できますが、あまり長く煮出すと、苦くなります。
ごぼうを買ってきて、綺麗に洗ってから皮のままスライスして乾燥させてから煮だして作っても、お茶を作れます。

便秘改善には症状が酷いときにごぼう茶を飲んで下さい

ごぼう茶には便秘に良い成分が多いですが、飲み過ぎると下痢を引き起こす危険もあります。
そのために、便秘の症状が酷く苦しいときに、ごぼう茶を飲みましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る