お肌に良くない塩素と毎日のお水への不安

塩素の入った水道水はお肌への影響が心配

水道水にも塩素は含まれている
塩素は日本の水道水において、殺菌消毒のため、安全基準として投入することが決められており、一定の濃度が保たれています。
これは私たちの健康と安全を守るためのものですが、その反面、体への影響が心配なこともあります。

塩素の作用は殺菌ですが、その強い殺菌成分のため、お肌や体に悪い影響を及ぼすとも考えられています。

水道水は生活のあちこちに使われていますが、悪い影響を避けるためには使い分けなどの工夫をすることも必要です。

塩素ってなんだろう?

小中学校の夏の授業やスポーツジムなどで、プールに入ったことのある人は、心当たりがあるでしょう。
プールのあと、髪やお肌が乾燥したりピリピリしたことはありませんか?

実は大勢の人が入るプールには大量の塩素が使われています。
塩素は、カルキなどとも呼ばれており、塩素系消毒剤のことです。

有効殺菌成分としてプールにも入れられており、これによって水は、少なくとも「清潔に」保たれています。

毎日飲んだり顔を洗ったり

プールから出た後に、髪やお肌の乾燥が気になった記憶がよみがえりましたが、水道水に含まれている塩素も同じ成分なのです。
清潔ではあるものの、その後のお肌の状態を考えると、あまりお肌や体に良さそうには思えません。

しかし、水道水に含まれる塩素の量には決まりがあります。

つまり、大元の水道水の塩素は変えることができないため、個々に水道から出たお水の使用について考えなければいけないということになります。

お肌のためにできる塩素対策

お肌のために塩素が良さそうでないことは、プールなどを考えると、分かります。

しかし、それではどのように塩素対策をしたら良いでしょうか。
お肌を水道水にさらすことは、思いのほか多いものです。

毎日の洗顔、入浴、シャワー、外出先などで手を洗ったりすることもあるでしょう。
これらを全て水道水ではないもので洗うのは、非常に大変です。

水道水は、お肌に良くないとはいえ、使うことが危険というわけではありません。

それならば、水道水を使う量を減らしたり、自宅の水道水をほんの少し改良することなどで水道水の影響を少しだけ減らすという方法はいかがでしょうか?

水道の蛇口やシャワーヘッドに浄水器を取り付けて塩素をカットしたり、浴槽に溜めるお湯だけ購入したお水を使うということであれば、お肌に良いこともでき、あまり神経質にならずに上手に塩素カットを生活に取り入れられそうです。

飲み水を購入することで安心

お肌への塩素の影響を考えると、飲み水にも不安が出てくる人もいるでしょう。
お肌に良くない影響があるということは、無論飲むことも同じはず。

それならば、塩素の入っていないお水を飲用水として取り入れるという方法があります。
ペットボトルやウォーターサーバーなどで売っているお水を購入することで、料理や飲み物に塩素のないお水を使えます。

毎日使うものだから、定期的に運んでもらえるウォーターサーバーは手軽です。

お風呂の浴槽にも塩素のないものを使いたいのであれば、大量に使えるサーバーは便利ですし、長い目で見ると割安となるかもしれません。

料理にも飲用にも、そしてお風呂にも、いろいろなところで使うことができます。

塩素のないお水ならなんでも安心?

購入するお水には、ミネラルウォーターや天然水、ピュアウォーター(純水)などいろいろな種類のお水があります。
こうしたお水には、確かに塩素は入っていませんが、どれを使っても同じということではありません。

ミネラルウォーターには、幾種類ものミネラルが入っていますし、天然水では、お水の原産地によって成分が違います。
こうしたお水の違いにも関心を持つことで、塩素の有無だけでなく、より自分にあったお水を選ぶことができるようになります。

ピュアウォーターは、不純物をしっかりと取り除いた安全なお水である上に、ミネラル分などが入っていないものです。

ミネラル分も良い作用だけでなく、使う人によっては向いていない場合もあります。
そのため、塩素を避けるために購入したお水なのに、体に良くない影響をもたらすこともあるのです。

特に硬度の高いミネラルウォーターでは、飲むとお腹をゆるくしたり、石鹸や洗剤の泡立ちが悪くなることなどがあります。
お水を買うならば、その成分もきちんと選ぶ必要があります。

塩素が与える体への影響

塩素が体に与える影響
塩素は、髪やお肌を乾燥させるだけでなく、空気中に蒸気として舞ったものを吸うことでアレルギーを起こすこともあります。

強い殺菌成分は、お水から雑菌などを排除するだけでなく、お肌の表面から必要な成分をも取り去ってしまうことがあります。

また、塩素の入った蒸気を吸うことで、鼻や喉の粘膜を傷つけるのです。
特に入浴時は、湯気の出やすいお湯として使用するため、この影響が強く出やすくなります。

浴室で使用すると、全身に浴びるだけでなく、湯気からも吸収してしまうのです。

塩素のないお水でお肌生き生き

塩素は、水道水を各家庭の蛇口まで安全に運び、清潔な状態を保つために必要ですが、実際に飲んだり、体や顔などのお肌に触れさせる時に必要な成分ではありません。

危険ではありませんし、全てを取り除くことはできませんから、必要に応じてお水を選んで使うなどの工夫をすると良いでしょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る