【保存版】ダイエット中に1日で摂るべき水分量とは?

ダイエット中に摂るべき水分量の目安は1日2リットル以上です


ダイエット中は基礎代謝を上げるために、運動などで水分が失われやすいため特に水分補給が大事だと言われています。基礎代謝が上がると、体温が上昇して脂肪が燃えやすくなるのでダイエットに効果的です。

飲み物以外にも食事からも水分を摂ることができます。トータルで考えると2リットル以上は水分補給が必要です。またジュースやお茶よりも、お水を飲むようにしましょう。1日に数回タイミング良く、こまめな水分補給がポイントとなります。

ダイエット中は普段以上に水分補給が必要です

ダイエット中は運動や筋トレなどで水分不足に陥りやすいと考えられています。そのため、いつもよりたくさん水分を摂取したほうが良いでしょう。

ダイエット中の水分は代謝を上げるために普段以上の摂取量が必要です

身体の血液や細胞内などの約65%は水分です。水分補給を行うと血液の流れがスムーズになり、体内の老廃物を排出してくれます。

さらに細胞活動には水分が必要であり、血液にのって細胞の隅々にまで水分が行き渡ることで細胞活動が活発化します。熱が生成されることで代謝機能が上がり、脂肪が燃えやすくなるのです。

特にダイエット中は、普段の生活に運動や筋力トレーニングを取り入れることも多いでしょう。運動などで汗をかくと、いつも以上に水分が排出されるので水分摂取を意識することが大事です。

一般的に一日で1.2~1.5リットルは飲み物からの水分摂取が必要になります。食事からも水分を摂るので、トータルでは一日2.5リットルは必要です。

また必要な水分摂取量は体重によっても違ってくるので計算してみてください。体重に一日必要な水分量をかけます。30歳未満では40、30~55歳までは35、それ以上は30が一日に必要な水分量(ml)です。

⇒運動後の水分補給で太ってしまうのではないかとご心配な方は、こちらの記事ダイエット中は運動後にお水を飲むと太るの?をお読みください。

十分な水分摂取には代謝を向上させる効果が期待出来ます

必要な水分量を摂取すると、体内が水分で満たされます。すると基礎代謝が上がり、脂肪が燃えやすくなります。さらに冷え性の改善など身体に様々な効果があるので知っておきましょう。

効率よくエネルギーを消費して痩せやすい体質に

人の身体は運動など体を動かしていなくても、呼吸や心臓を動かすといった生命維持活動だけでもカロリー消費がなされます。つまり寝ている時やじっと動かない時でもエネルギーが使われており、これが基礎代謝です。

基礎代謝を高めると体を動かさなくても効率よくエネルギー消費が行われ、体脂肪が燃やされます。エネルギー消費の際は体内で熱が生成されるので体温が上昇し、血流が促されます。

体内の老廃物の排出にも効果的です。また、水分補給により細胞活動が活発化し、内臓機能が高まって代謝UPや脂肪燃焼につながります。

水分を摂ることで得られる効果

水分摂取により身体には様々な効果がもたらされます。

腸内環境が整う

便は体内の毒素の塊であり、便秘になると肌荒れなどの不調を招きます。また胃腸の栄養吸収を妨げることにもなるでしょう。水分を摂ると便が水でふやけて柔らかくなり、排出されやすくなります。

また、腸が刺激を受けるので蠕動運動が活発化し、便を押し出す力が加わります。そこへ食物繊維も加わることで、便のかさが増してより排出されやすくなるのです。

血流UPによる冷え性の改善

水分を摂取すると血液中の水分量が増えて、血液の流れが良くなります。ドロドロの血液がさらさらにキレイになります。

また、細胞活動が活性化して基礎代謝が上がり、体温が上昇するので冷え性の改善にも効果的です。

発汗の促進

汗をたくさんかいても、体内の老廃物の約3%程度しか汗から排出されません。ただし、汗からしか排出されない老廃物もあるので、汗をかくことも必要です。

老廃物を運搬するリンパ液の流れも水分によりスムーズになるので、老廃物を効率よく排出できます。

ダイエット中におすすめの飲み物は「お水」です


特にダイエット中の人にとっては、水分補給はお茶などの飲み物よりお水が良いと考えられます。その理由はいくつかあるので見ていきましょう。

摂取する飲み物も賢く選択しましょう

ダイエット中は、糖分や代謝を下げるような飲み物は控えたほうが良いとされています。ジュース類は糖度が高く、ノンカロリーの表示でも甘味料が含まれています。

甘味料を日常的に口にしていると、依存してジュース以外にも摂取したくなることがあるので要注意です。さらにお茶やコーヒーは低カロリーですが、利尿作用のあるカフェインが含まれています。

排尿量や回数が増えるので、体内の水分が尿として排出されてしまうため水分不足になってしまうことがあります。ただ、冷たいお水は体を冷やして代謝を下げてしまうので、お水なら常温や白湯がおすすめです。

炭酸水は血管拡張作用があるので血流改善効果が期待できます。体内の二酸化炭素を血液に乗せて排出し、酸素を取りこもうと作用するので血管を広げ、血流をスムーズにしてくれます。また、炭酸ガスが胃に入ると胃が膨らみます。満腹感を得やすいので食べ過ぎ防止にも効果的です。

ウォーターサーバーのお水は温度も調節でき高品質なのでおすすめです

家庭の水道水は政府の水質基準を満たしているので安全ですが、各戸に運ばれるまでに古い水道管などを通ってくるので、質が落ちている可能性があります。飲料水といっても地域によってはカルキや塩素の臭いが気になる場合もあるかもしれません。

一方で、ウォーターサーバーのお水は品質も安全性も高いので安心です。主に、ミネラルウォーターやRO水などが使われています。特殊なろ過をしたRO水は、不純物を取り除いた安全なお水ですが、ミネラル分も除去されているので味がなく飲みづらいという一面もあります。

他にも、特定の水源から得た地下水であるナチュラルウォーターを提供する会社もあります。不純物が少なく、体内に吸収されやすいお水を選ぶと良いでしょう。

1日数回に分けてこまめに水分補給しましょう

お水は一気に過剰摂取すると、かえって体に不調が生じる場合があります。1日数回に少量ずつ飲むようにしましょう。

上手にお水を取り入れて健康的に過ごしましょう

お水はタイミング良く少しずつ飲むことが大事です。まず寝ている間は汗をかいて水分が失われるので寝起きに飲んでみてください。また、寝起きに水を飲むと内臓が刺激を受けて活発に働き始めるので良い1日スタートが切れます。

食事中に飲むと、胃の中に水分が入ると食べ物の消化時に水分が溜まりやすいのでむくみを招いてしまうかもしれません。空腹の状態での水分補給が望ましいので、食事前が良いタイミングです。

入浴前後や運動前後は汗で水分が失われやすいので水分補給を意識しましょう。特に屋外での運動は熱中症になりやすいので注意が必要です。

次に水の摂取量に注目しましょう。一気に大量の水を飲むと血液が薄まって水中毒になり、めまいや頭痛、痙攣などの症状が起こります。意識障害が起こり、死に至ることもあるので注意が必要です。1回に飲む量はコップ1杯程度にとどめ、回数を増やして摂取する方法がおすすめです。

(まとめ)ダイエット中に1日で摂るべき水分量とは?

ダイエット中に摂るべき水分量の目安は1日2リットル以上です

ダイエット中は基礎代謝を上げて脂肪を燃やすため、かつ運動で失われた水分を補うために水分補給が必要です。食事と飲み物を合わせて2リットル以上は水分を摂取しましょう。

水分を摂ると腸内環境や冷え性の改善、血液の浄化など様々な良い効果がもたらされます。水分補給といっても、ジュースやお茶、コーヒーなどは糖分が多い、利尿作用のあるカフェインを含むなど飲むのに適していません。

やはりお水はカロリーオフで体にも良く、体内に浸透しやすいのでおすすめです。ウォーターサーバーがあれば、体を温める白湯もすぐに飲めるのでとても便利です。また、安全で高品質の厳選されたお水が提供されるので安心できます。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る