水素水は容器の種類によって水素が抜けやすい?

どの容器でも水素が抜けてしまうのを防ぐ事はできません

どんな容器でも水素水の水素は抜ける
活性酸素を除去するという効果があると言われ、近年注目を浴びている水素水ですが、温まれている水素が抜けないような構造になっている容器はないのです。

缶やアルミパウチなどさまざまな容器に入れられて販売される水素水は、まず運搬中に容器の見えない隙間なら抜け出てしまったり、運搬中の衝撃で崩れて抜け出たりしてしまいます。

さらに、開封後はどんなにフタをしても隙間から抜けてしまうくらいに、水素は小さいので注意が必要です。

水素の特徴を知っておこう

水素は目に見えるものではないので、抜け出てしまうと言われてもピンとこないでしょう。

しかし、水素には小さくて軽い、そして小さな衝撃にもダメージを受ける不安定さがあるのです。

そういった性質を持つ水素なので、どんなに密封された容器でも、抜け出てしまうことを防ぐことはできません。

そういった水素の性質を知ったうえで、水素の効果を得るための注意を認識することが必要です。

アルミパウチ容器などの水素水は一度では飲み切るのが難しい

水素水の容器としてアルミ缶がありますが、アルミ缶は空気が缶の中に残ってしまい、水素と空気が結合することで、水素の含有率が低くなってしまいます。

また、アルミパウチ容器の水素水は多く販売されていますが、これは空気を抜きやすく、水素が空気に揮発してしまうことを防げると言われています。

しかし、どちらの容器においても開封後に冷蔵庫に保存したり、外出先に携帯していたりすると、その間に水素はどんどん抜けてしまい、飲んでいる水に水素はほとんど残っていない、ということも考えられます。

開封後の水素が抜けてしまうというデメリットを考えると、開封した際に一気に飲みきるという方法しかないように思われます。

しかし、一気に飲みきった方がいいと言われても、なかなかすべての量を飲めないこともあるでしょう。

実際に、目の前に500mlのペットボトルがおかれ、これを空けてから数分以内に飲み干せといわれてもこなすことは難しいですし、水分補給は小まめに飲む方が良いとされます。

実は、このデメリットを改善し、高濃度の水素水を好きな量で、いつでも飲むための方法があることはご存知でしょうか?

高濃度水素水を手軽に飲めるウォーターサーバー

水素が運搬の際に抜けてしまう、衝撃を受けてしまう、さらに開封後にも水素が抜けてしまうというデメリットをなくすには、ウォーターサーバーの利用が手軽で便利です。

水素水サーバーは高濃度の水素水をいつでも、手軽に飲むことができます。

この特徴としては気体過飽和方式という生成方法を採用している水素水キットで分子状水素を含み、水素の効果をしっかりと得ることができるのです。

電気分解方式と違い、金属が溶け出しているということもなく、アルカリ性に偏るなど水質が変わるといったデメリットもありません。

ナノレベルで水素を閉じこめているため、水素が水から抜けにくく、長く溶存できるのです。

さらに定期的に水素水を作るようプログラムされているので、いつでも高濃度の水素水を適量飲むことが可能なのです。

また、ウォーターサーバーなので、洗顔や野菜などを洗うといった場面でも手軽に利用できるのもメリットです。

日常生活の中で、手軽に使えるということも大切なことです。

アルミパウチ容器などは1杯あたりのコストが割高です

気軽に使えるといっても、コストが気になるものです。

ウォーターサーバーを利用した場合のコストを比較してみましょう。

アルミパウチ容器の水素水は市販品の場合、500mlで200円程度することが多いです。
それを毎日飲んでいると30日で6,000円になります。

一方、ウォーターサーバーを利用すると価格は5,000弱で36Lです。
500mlに換算すると、たったの65円です。

市販品を購入しているのと、ウォーターサーバーを利用しているのとでは、かなり価格に差が出ます。

アルミパウチ容器の場合は、飲んでいるうちに水素が抜け出てしまい、必要な水素がなくなってしまいます。

その点、ウォーターサーバーは高濃度なうえに価格も安いというメリットがあります。
ウォーターサーバーにはメリットが多く、お得ということです。

水素水は水素濃度が公表値ではなく第三者機関の検査結果があるメーカーにしよう

水素水の濃度
水素水といって販売されているものは、濃度においても表記があるものも増えてきました。

しかしその濃度は製造時のもので、実際飲む時には低くなっている可能性もあります。
中には濃度を偽っているケースもあるので、注意が必要です。

水素の濃度だけが表記され、方式やなぜこのような高濃度になるのか、などの説明がないと不安になるものです。

その場合はメーカーに問い合わせ、確認をしてみて疑問を解消するといいでしょう。

できたての水素水ほどコストパフォーマンスが良い

どのような容器を使っても水素は抜け出てしまうものですが、ウォーターサーバーはできたてを飲むことができます。

ウォーターサーバーの水素水は1杯(100ml)あたり13円です。

ウォーターサーバーは、コストパフォーマンスもいいのです。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る