ウォーターサーバーなら、緊急時の「備蓄」に最適?

ウォーターサーバーのボトルは、備蓄にぴったり!

ウォーターサーバーのボトルは備蓄に最適なお水
ピュアウォーターのウォーターサーバーなら、停電時でも使えるよう設計されているので安心です。

また、未開封時のボトルは「1年間の賞味期限」があるので、備蓄用として安全なお水が確保できます。

ウォーターサーバーを設置しておくことで、いつでも慌てることなく、生活に必要なお水がストックできるでしょう。

小さめの8L、スタンダードな12Lサイズ、大容量の18.9Lから好きなサイズを選んでみてください。

ウォーターサーバーが備蓄に向いている理由

ピュアウォーターのウォーターサーバーは、災害時でも利用できるため「備蓄用飲料水」として最適です。

ウォーターサーバーでお水のストックを確保しておけば、災害時に慌てることなく、家族に必要なお水が準備できます。

また、ピュアウォーターのウォーターサーバーは3つのサイズからボトルが選べ、飲む量に合わせて注文可能です。

緊急時の「備蓄」に最適なウォーターサーバー

「ウォーターサーバー」なら、緊急時にも安心して、美味しいお水が飲めます。

災害時には、多くの人が「買い溜め」に走るため、スーパーやコンビニエンスストアでお水を手に入れるのも一苦労です。

しかし、普段からウォーターサーバーを利用していれば、慌てることなく、必要なお水の確保が行えます。

長時間水分が不足すると、どうなる?

長時間水分補給ができないと、命に関わる問題に発展する可能性もあります。

断水が起こった場合、水道の復旧までに、3日前後の時間が掛かるでしょう。

しかし、1人あたり2Lのお水があれば、数日間は健康な状態のまま、安心して過ごせるのです。

家族の健康と安全のためにも「1日あたり2L以上」のお水をひとりずつ、用意しておいてください。

安心・非常時に備えてストックできる

もしもの時に備えて、ウォーターサーバーを普段から利用するようにしましょう。
自宅にお水のストックがあれば、「まさかの時」でも慌てず、冷静に対処できます。

まずは、家族の人数に合わせて、必要な「お水の」ストックを確保するようにしましょう。
普段飲むお水と入れ替えをしておけば、ピュアウォーターを切らす心配がありません。

自分だけで無く、家族の安全と健康のためにも「ウォーターサーバーのある生活」を始めてみてください。

ウォーターサーバーなら停電時でも利用可能

停電で「電気の供給がストップ」した場合でも、ウォーターサーバーなら、そのまま継続して使えます。

ウォーターサーバーの機械は、停電時でも使えるよう設計されており、まさかの時でも慌てず、安全なお水が確保できます。

長期保存できる、ピュアウォーターのお水

ピュアウォーターは、99%の不純物を取り除き、新鮮な状態でボトリングしているため、長期保存が可能です。

未開封の状態なら「約1年間の賞味期限」があるので、備蓄用のお水として数本、自宅でストックすることができます。
家族の人数が多ければ、できるだけ多めのストックを確保しましょう。

また、飲む量が多い方は「予備のお水」を集めておきましょう。

お水のサイズは3種類あるので安心

「ピュアウォーター」なら、ストックする場所に合わせて、お水のサイズが選べます。

小さめサイズの8Lのほか、スタンダードな12Lサイズ、たっぷり大容量の18.9Lボトルまで、みなさんが「必要な量」に対応しているので安心です。
飲む量に合わせて、ボトルを注文してみましょう。

また、サーバーのサイズも選べるので、お部屋の大きさに合わせてサーバーを選んでみてください。

災害時には、スーパーからお水が消える?

災害時の水不足予防にウォーターサーバーは便利
災害時や緊急時になると、全てのスーパーマーケットやコンビニエンスストアから、一斉にお水(ミネラルウォーター)が消えます。

お水だけではありません。

水分補給に必要なお茶やジュース、氷まで無くなってしまうのです。

必要な水分が補えなければ、喉が渇くだけでなく、脱水症状に陥ります。

いざという時に備えて・必要な準備

日本は災害の多い国です。
「水不足」などのトラブルに巻き込まれないよう、各家庭で、必要なお水を確保するようにしましょう。

ウォーターサーバーで安全性の確保

こちらでご紹介してきた通り、災害時に備えて、安全なお水を確保するなら、ウォーターサーバーの利用が便利です。
ウォーターサーバーなら、災害時でも使用でき、なおかつ安全性も高いといえるでしょう。

また、賞味期限内なら、ボトルの長期保存も可能です。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る