ウォーターサーバーの節電のコツとは?

ウォーターサーバーの節電方法とは?

ウォーターサーバーの節電方
ウォーターサーバーは常に電気を入れておかなければいけないものです。
そのため、電気代もかかります。

最近ではエコ機能がついたウォーターサーバーもあり、節電に効果的なものもありますが、日常生活の中で、節電するコツもあります。

お水の温度を常温にする、温度の変化が少ない場所に設置する、などといった方法も、節電になります。

エコ機能のついているウォーターサーバーもいろいろです。
使い方によっては失敗してしまう場合もあるので、ライフスタイルに合った使い方で節電を心がけましょう。

ウォーターサーバーの電気代はいくらくらい?

ウォーターサーバーを使うには、常に電源を入れておくい必要があります。
そのため、電気代がかかります。
いくらくらいかかるのかというと、通常は1,000~1,200円程度と言われています。

近年では省エネモード搭載など、電気代の節約ができるタイプのウォーターサーバーも出ているので、そういったものも検討してみるといいでしょう。

これで安心。ウォーターサーバーの節電方法とは?

冷蔵庫もそうですが、ずっと電気を入れておく電化製品は電気代がかかります。
1日の電気代は少なくても、毎日のことですから1年、2年と積もれば大きな差になります。

電気代を気にするケースも増え、冷蔵庫でも省エネタイプなどが売れているようですが、ウォーターサーバーにも省エネタイプのものがあります。

そういったウォーターサーバーを選ぶのも節電の方法の一つですが、生活の中で節電するコツもあります。

節電の方法やコツについて紹介しましょう。

ウォーターサーバーの設置環境による節電のコツ

ウォーターサーバーを設置する場所によっても、電気代が異なります。
考えられるのは、直射日光が当たる場所や、部屋が暑すぎたり、寒すぎたりすると、その分電気代がかかることになります。

ウォーターサーバーを設置する場所は、できるだけ温度の差がない部屋に置くのが節電のコツです。

また、設置する際には壁の間に隙間を作ることも節電になります。
後だけでなく、左右のスペースも確保しましょう。その方が冷却時の放熱がしやすいためです。

ウォーターサーバーの温度設定を変えるというのも節電につながります。
温度設定を変更し、温水の設定を変えることでその分の電力を使わずにすみます。

寝る前や出かける前など、必要のない時など設定を変えるのもオススメです。

省エネタイプのウォーターサーバーで節電

省エネタイプのウォーターサーバーというのは、省エネできる機能が搭載しているものです。

方法はいろいろで、ボタンを置いて自分で設定するものやセンサーによって感知し、自動で変更してくれるものがあります。

エコ機能が搭載していると便利ではありますが、自動のものはとくに注意が必要です。
自動で切り替えてくれるのは便利なのですが、熱いお湯が必要な時に温度が低かった、という場合もあります。

特に夜などは温度が低くなっていることが多いので、朝すぐにお湯を使おうと思ったらぬるかった、ということもあります。

そういった点に注意しながら使うことも必要となります。

ウォーターサーバーは電気代の節約になる?

ウォーターサーバーを使うこと自体が、節電になるということも言えます。
例えば電気ポットを使っているケースも多いでしょう。

すぐにお湯が沸き、常に温かいお湯を飲むことができる電気ポットは便利なものです。
しかし、ずっと電気を入れっぱなしにしていることも多く、電気代は1年で1万円前後かかっていることも多いと言われています。

1年間でかかる費用は、ウォーターサーバーとそれほど大きな差はないかもしれませんが、ウォーターサーバーを使うことで、冷蔵庫の明け締めなどが減るなど、電気代が節約される分、ウォーターサーバーの方が、電気代がかからない、とも言えるでしょう。

節約のためにウォーターサーバーの電源を抜くのは?

ウォーターサーバーの電源を抜いて節電するのはよくない
電気代の節約方法として電気プラグを抜く、という方法がありますが、ウォーターサーバーの電気プラグを抜くのはいけません。

ウォーターサーバーはサーバー内の温度を一定に保つことで、菌の繁殖を抑えています。
そのため、電源プラグを抜いてしまうと温度が変わってしまい、菌が繁殖する危険性があるのです。

衛生面においても、電源プラグを抜くは抜かないようにしましょう。

ただし、2週間以上家を空ける際には、電源プラグを抜いてもいいと言われています。
方法についてはそれぞれの機種によって異なるので、確認が必要です。

ライフスタイルに合わせてウォーターサーバーの節電をする

常に電源を入れておかなければならないウォーターサーバーは、電気代もかかります。

それを節約するには、節約機能などが搭載されたウォーターサーバーを選ぶのも一つの方法ですが、設置する環境などに配慮することで、節約が可能です。

設置場所を温度変化が少ない場所にする、状況に応じて温水の温度を調節する、といったことで、節電になります。
ライフスタイルに合わせて、不便のないよう節電をするといいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る