ペットの飲み水にミネラルが含まれていた時の影響は?

ミネラル分をペットが代謝できない可能性があります

ミネラルは動物に良くない
ペットの飲み水にミネラルが含まれていた場合の影響は、その成分の濃度にもよります。
ミネラルがたくさん入っている水を飲むと、ペットの体はミネラルを代謝できずに病気になるおそれがあるのです。

できればミネラル分は少ない方が望ましく、体に良さそうだからといって人間と同じようなミネラルウォーターを飲ませるのは避けた方が良いでしょう。

人間とは違う体の構造を持っているため、人の体には影響がなくても、ペットには深刻な影響を与えることもあるのです。

ペットの体に与えるミネラルの影響

ミネラルは、体を作る元になったり、調子を整えたりする成分であるため、ペットにも必要なものです。

しかし、人間とは違った食べ物を食べ、違った体の構造をしているペットたちの体にはミネラルをわざわざ摂取する必要はありません。

ペットフードの中には十分なミネラルが含まれており、それ以上に別のものからミネラルを摂取する必要はないというわけです。

ペットの飲み水に過剰なミネラルが含まれていると

ペットの飲み水にミネラル分が含まれていた場合の影響として考えられるのは、ペットの体の不調や病気などがあります。

ミネラルの成分が体の中に溜まりやすく、代謝しにくい構造によって、過剰に摂取した分が体に悪影響を与えてしまうのです。

特に飲み水に入っているミネラル分が過剰である場合には、必要となる水分補給をしながら、体に悪いものを取り込み続けるという矛盾が起こってしまいます。

ペットの飲み水を選ぶ時には、ミネラルの影響をしっかりと考えましょう。

ミネラルは尿道に結石を作る

ミネラルの中には、その濃度が上がると結晶しやすく、結石を作るものがあります。
特にペットの体はミネラルを代謝しにくいため、濃度が高くなりやすいため、結石が出来やすくなってしまいます。

たまったミネラルが結石を作るのは、尿道の尿が出来る過程です。
尿の中に結石ができると、ペットたちは排尿できなくなったり、排尿時に痛みを感じたりすることがあります。

水分をたくさん取れば、結石は出来にくくなりますが、その水分にミネラルが入っていてはリスクは高くなる一方です。

ミネラルが腎臓のフィルターに負担を

ミネラル分は、過剰に摂取されて代謝できなくなると、尿として排出することになります。

しかし、尿を作る腎臓がミネラル分を過剰に受け取ることで、腎臓のろ過機能に負担が生じます。
腎臓の働きは一度壊れると回復しません。

人間も腎臓病になると腎臓の働きがなくなって透析が必要となりますが、ペットの腎臓も同じように機能不全となってしまいます。

しかも、人間の腎臓よりも、犬やネコなどの腎臓の方が駄目になりやすいのです。
尿を作るフィルターの働きをする部分の数が犬やネコなどの方が少ないのです。

腎不全や腎炎、腎臓結石などの進行は、静かに症状なく行われます。
ネコは腎臓のろ過機能が犬よりも少なく、犬はネコよりも腎臓の病気で症状が出るのが遅いというリスクがあります。

気がついた時には手遅れだったということもありえるため、腎臓にかける負担自体を減らすことが大切なのです。

ミネラルを余分に体に入れないように

飲み水は毎日のものですから、そこにミネラル分がたくさん入っていないことは大切です。

ところが、水道水の成分を危険視することから、ミネラルウォーターなどの買った水をペットにも与える飼い主が増えています。

水道水に含まれている塩素や発ガン性物質を恐れるため、人間の飲み水をウォーターサーバーやペットボトルの水に変えるとともに同じものをペットにも与えるようになったのです。

確かに水道水のカルキ臭が気になることはありますが、水道水は決してリスクの高い水ではありません。

飲用に安全である基準を満たしてあり、人もペットも安心して飲めるものです。
ミネラル分を豊富に含んでいるミネラルウォーターなどの方がペットの体に与える影響は大きいのです。

どうしても水道水の味や塩素などが気になるのであれば、ミネラル分のない水を選ぶべきです。
ミネラル分を含んでいない純水であれば、人もペットも同じように安心して飲むことができます。

ミネラルウォーターの中に入っているミネラルはわずかなものではありますが、毎日飲み続けることによって弱いペットの体に影響を与えるリスクは高くなっていきます。

少しでもミネラルを余分に入れないように注意してやることがペットの健康のためには大切なことです。

ペットの体に優しい水とは

ペットに優しいお水
ペットの体には過剰なミネラルが悪影響を与えることがあるため、ミネラルウォーターをペット用に選ぶことは危険です。

意識的にミネラルを取らせることは必要ないので、できるだけ純粋な水分だけを摂取できるようにしてやりましょう。
ペットの体に必要なのは、毎日一定量の水分です。

代謝を助けるためにも、不純物の少ない吸収が良く腎臓に負担をかけにくい水分が大切です。
ペットの飲み水を考えるには、体に負担のない優しさを第一に考えたいものです。

ペットの飲み水に含まれるミネラルは危険もある

ペットの飲み水にミネラル分が含まれていた場合の影響は、腎臓の機能などの体調維持に欠かせない部分にへのダメージとなります。

そのため、できるだけミネラル分の少ないものを選び、体への負担を減らしてやることが必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る