天然水と精製水の違いはなに?

精製水は天然水より身体に優しい?

精製水は医療現場で使われるほど体に優しい
精製水は天然水に比べてとても身体に優しいお水です。飲料としてだけでなく、医療現場でも用いられることがあり、その安全性は科学的にも実証されています。

さらに、日常生活では美容にも大きな効果を発揮するといいます。
特に化粧をする前には、肌へパッティングするだけで保湿性が高まり、化粧水・ファンデーションといった下地の浸透がよくなるのです。

精製水と天然水の違いは?

天然水は、自然界のなかで作られたお水であり、ミネラルが豊富に含まれています。
対して、精製水は人工技術を用いて作るお水であり、塩素やミネラルといった不純物が取り除かれています。

ミネラルは人間に欠かせない成分である一方、体内での処理能力が発達していない赤ちゃんでは体調不良を招く要因となるケースもあり、一概に安全なものとはいえません。

そのため、不純物が取り除かれている精製水のほうが汎用性の高い安全なお水といえるのです。

精製水の使い道

精製水は身体への負担が少ない安全性の高いお水です。

その特長を活かした使い道はさまざまあり、どれも日常生活を豊かにしてくれます。
精製水の使い道をいくつかご紹介しましょう。

世代を超えた飲料として

比較対象として取り上げている天然水は、さきほど解説したように自然界で作られたお水のため、ミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルとひと口にいっても、カルシウムイオン・マグネシウムイオン・カリウムイオン・ナトリウムイオンなどに細かく分類することができますが、実はこれらの成分、水の味を作っているのです。

少量であれば、甘味を感じることができますが、多量に飲んでしまうと苦み・渋み・塩みを感じることがあるといいます。
そのため、ミネラルが豊富に含まれていると、お水の味に不満を感じてしまうことがあるのです。

対して、不純物を徹底的に取り除いたお水である精製水は、すっきりとした味わいがあり、どなたでも美味しく飲むことができます。
大人、そして高齢者の方まで、味に不満を感じることはないでしょう。

美容効果が高い

精製水は体内の吸収率・浸透率が高いといわれており、美容にはもっとも適したお水です。

さまざまな使い道があるため、項目別に解説します。

プレ化粧水

化粧水を使う前に精製水を肌にパッティングすることで、保湿性・浸透率が高まり、より効果的な効能を得られます。
日常的に使用することで、モチモチした肌を手に入れられるともいわれます。

洗顔後の拭き取り

洗顔に際して水道水を使っている方は多いと思われますが、水道水には塩素が含まれており、デリケートな肌の方は肌トラブルの要因となるケースがあります。
水道水での洗顔後、精製水で拭き取りを行うことで残留塩素を減らし、肌トラブルのリスクを軽減することができるのです。

また同様の理由で、シャワー後に全身の拭き取りを行えば、あらゆる箇所の肌荒れを防げるようになります。

手荒れ対策

乾燥などにより手荒れに悩まされている方の多くは、ハンドクリームで保湿を保っているでしょう。
そこに精製水を加えることで、さらなるケア効果に期待できるようになります。
ハンドクリームを塗る前に、精製水を手にパッティングし、その上からハンドクリームを塗るのです。

水分と油分の浸透率が高まり、保湿力がグっとアップします。

ろ過による製造方法

精製水のろ過方法とは
精製水は、人工的なろ過技術によって作られています。
このろ過技術には業者によってさまざまありますが、一例としてROろ過が挙げられます。

ROろ過は、極小フィルターにお水を通すことで、ミネラル・微生物・ダイオキシンなどの不純物を極限まで取り除くことができる技術です。
放射性物質除去にも効果があるといわれ、あらゆる面で安全性が担保されています。

精製水はこのような技術工程を踏んだ上で作られているお水のため、自然で生まれたお水よりも信頼がおけるのです。

天然水と精製水の違いを理解して健康的な生活を

天然水に含まれるミネラルは身体に欠かせない成分である一方、場合によってはトラブルの原因となります。

対して、精製水は一切のリスクをもたないお水のため、どのような方にもおすすめできます。

ぜひ日常生活に取り入れて、健康的な生活を目指してみてはいかがでしょうか。
[ad#cv01-natural]

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る