天然水の水質は本当に信頼できる?

体調不良を招く可能性がある

体調不良を招く可能性のある天然水
一般的に市販されている天然水は、安全面が考慮されており、適量で摂取する分には問題ありません。
しかし、摂り過ぎると、天然水に豊富に含まれる成分によって体調不良を招くことがあるといわれています。

たとえば、お腹がゆるくなったり、場合によっては尿路結石という病気を引き起こしたりしてしまうのです。

こういったリスクが少なからず存在することから、天然水の水質は信頼できると断定することはできないでしょう。

ミネラルが体調不良の要因に

天然水が体調不良を招いてしまうのは、含まれるミネラルがその理由です。
ミネラルとひと口にいってもさまざまな成分に細分化されますが、なかでもマグネシウムイオンとカルシウムが身体に影響を及ぼします。

前者は消化器官に刺激を与えて消化不良に、後者は尿路に結石を作り痛みの原因にしてしまうのです。
ミネラルは身体に必要な成分ですが、一概に健康にいいと考えるのは危険なのかもしれません。

天然水の選び方を考えよう

天然水に含まれるミネラルは世間の認識からすれば健康いいとされていますが、さきほど解説した通り、摂り過ぎると体調不良を招く原因となります。
摂取量はもちろん、天然水の選び方から気をつけなければならないでしょう。

以下で選び方のコツを解説するので、参考にしてみてください。

硬水と軟水どちらが安全?

天然水は含まれるミネラル量によって呼び方が変わり、ミネラル量が多い天然水は硬水、逆に少ない天然水は軟水といいます。
一般的に、硬水は海外ブランドの天然水が当てはまり、硬水は日本ブランドの天然水が該当します。
具体的には海外ブランドのミネラル量は300~1500程度、対して日本ブランドの天然水は高くても100程度。

なぜここまで含有量が異なるのかといえば、海外と日本の安全基準量が違うからです。
つまり、硬水は日本人には適さないミネラル量が含まれているといえるでしょう。

そのため、硬水と軟水を比べると、硬水は体調不良を招くリスクが高く、軟水のほうが安全性に富んでいることになります。

ここで、皆さんが日常生活に取り入れている天然水の種類を少し考えてみてください。
もし硬水を取り入れており、頻繁に摂取しているようであれば、軟水への切り替えを図ったほうがいいかもしれません。

特に、赤ちゃんがいる家庭は早めの切り替えをおすすめします。
赤ちゃんは大人に比べて体内の処理能力が発達していないため、体調不良のリスクが顕著になってしまうからです。

自分だけでなく、お子さんのリスクを減らすことができるので、検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

できるだけミネラルが少ないお水を

軟水といっても、ものによって含まれるミネラル量は大きく異なります。
さきほど高くても100程度と解説しましたが、出回っている軟水の平均は30~50程度。
できるだけミネラル量の低いお水を選んだほうが、もちろんリスクは減っていきます。

でも、そのなかでミネラルの不足を補うために天然水の摂取に取り組むようになった方がいるかもしれません。
そういった方は、ミネラル量が少ない天然水を選ぶことに抵抗があることでしょう。

確かにミネラルは身体を構成するのに欠かせない成分、5大栄養素と呼ばれることもあります。
しかし、天然水での摂取はミネラルの摂り過ぎに繋がりやすく、あまりおすすめできません。

そもそも、ミネラルは吸収率のいい食事での摂取が効率的だとされているため、補うのであれば食事の改善からはじめたほうがよいのです。
以上の理由から、ミネラルの低い天然水を選び、体調不良のリスクを減らしたほうが健康には最適な手段だといえます。

ピュアウォーターが1番の選択肢に

近年、硬水・軟水とは異なる、新たなお水が登場しています。

それはピュアウォーターです。

ピュアウォーターとは、極小のフィルターを使った人工的なろ過技術を用いて生産するお水のことで、不純物が極限まで取り除かれています。
そのため、大人はもちろん、赤ちゃんが体調不良になるリスクを大幅に減らすことができ、安全性を求めるのであれば一番の選択肢となるでしょう。

限りなく純粋に近いお水を日常生活に取り入れることで、より健康的な生活を送ることができるようになるかもしれません。
こちらも軟水と併せて検討してみてはいかがでしょうか。

原水の味にこだわった出荷工程

天然水のメリット
天然水のメリットは、自然から溢れ出る原水をそのまま味わえるところにあります。
しかし、この味わいを極力損なうことがないような処理工程を踏んでいるために、どうしてもミネラルをはじめとした不純物が豊富に含まれてしまうのです。

こちらも利点のひとつになるかもしれませんが、一方で摂り過ぎによる体調不良を招く可能性があります。

水質の安全性を求める方にとっては、大きなデメリットといえるのかもしれません。

天然水の水質の安全性が気になる方は

ここまで解説したように、天然水の水質が信頼できるとは一概にいいづらい面があります。

安全性を高める選択肢としては、ミネラル量の少ない軟水やピュアウォーターがありますので、こちらで解説した内容を参考に、自分に合ったお水を選んでみてください。
[ad#cv01-natural]

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る