幼児期の水分代謝は大人と違うの?

幼児期は水分代謝が良いため、十分な水分が必要です


幼児期の子供にとって水分は特に大切です。

なぜなら子供の水分量は、大人よりも大きい割合だからです。

なぜそれだけの水分が必要かというと、幼児期は代謝が活発で、より水分を奪われやすい環境にあるからです。

とはいえ、幼児にとってのどの渇きを伝えたり、その必要性を感じて自分で水分を摂取したりすることはいつもできるわけではありません。

側にいる大人がしっかりとケアしてあげましょう。

幼児期は水分をしっかりとりましょう

子供はとても活発に動き回ります。

それだけ、体内の血行はよくなり、代謝もよくなります。

動き回りますので汗をかきますので、水分は体内から蒸発していきます。

そうすると脱水症状などにも陥りやすくなり、水分代謝が常にいい状態には保てなくなるため、健康面でもいろいろな問題を抱えてしまうことがあるのです。

こうした危険を避けるために、十分に水分をとれるようにしていきましょう。

幼児期に水分代謝ができる環境を整えましょう

幼児期はとても活発に動き回り、汗もたくさんかきます。

それだけ、水分を体外に放出しますので、脱水症状にもなりやすいのです。

子供は大人よりも体に占める水分量は多いとはいえその分、放出も大人の比ではないのです。

運動をしているなら、脱水症状を予防しようと気を付けやすいものですが、幼児期に置ける脱水症状は室内でも起こりやすいものです。

そのうえ、子供は水分の必要を理解して、意識して水分を取るのは簡単ではありませんので、常に水分を取りやすい環境を整えてあげることが必要です。

そのために保護者ができるいくつかの工夫をご紹介します。

幼児期の水分代謝はとても重要

幼児期の体に含まれる水分の割合は80%ともいわれています。

幼児期の子供は体が小さければ小さいほど、水分の割合も増え、意識して水分をとっていかないと水分不足になってしまいます。

水分が足りなくなってしまうと、水分代謝も悪くなってしまい、いろいろは問題が生じてきます。

幼児期の水分代謝が悪くなると、尿が出なくなったライ汗が出なくなったりします。

そのため、老廃物が体に残ってしまい、内臓にも悪影響を及ぼすことがあります。

また、水分が不足することによって、体温調整がうまくできなくなってしまいます。

特に幼児期は大人よりも代謝が良いので汗もかきやすく、水分を体外に放出しやすい状態にありますので、しっかりと水分補給ができるようにしないければおけないのです。

どのように水分補給するか

幼児期の子供にとって水分補給は決して簡単ではありません。

子供はのどが渇くと一気にがぶ飲みすることがありますが、水分を一気に飲んでもすぐに排出されてしまうため、水分補給として適切とは言えません。

そのため、水分はこまめにとることを心がけましょう。

水分の代わりにジュースなどを与えると、糖分過多になり帰って体に負担をかけてしまいます。

あくまでも、お水を少しずつ飲めるように、保護者が気を使ってあげましょう。

保護者としては、子供たちの体温や汗のかき方、尿の量などを見てあげることで、子供が脱水状態にないか確認してあげることが必要です。

幼児期の子供にとって最適なお水は、不純物の入っていないお水です。

ミネラルなどが含まれているお水を取りすぎてしまうと、腎臓への負担になることもあります。

こうした、水分補給のために飲む飲み物や、飲み方に注意を払いながら、子供たちが脱し症状にならないように気を付けましょう。

大人よりも注意が必要な幼児期の脱水症状

一日の目安として、幼児期の子供が摂取したほうがいい水分量は、毎日1リットルと言われています。

もちろん、子供の成長は一年でもかなり変わるため、子供の運動量や大きさに応じて考えていきましょう。

幼児期の子供は脱水症状の進み方が大人よりも早いためすぐに症状が重くなってしまいます。

保護者としては、自分と同じ感覚で子供に水分補給をさせないように意識しましょう。

水分はお水以外でも摂取することはできます。

食事によってもある程度の水分を補給することはできます。

規則正しい食生活を通して、お水をのむ以外でも体内に水分を取り入れていけるようにしていきましょう。

水分代謝は、健康を保つために不可欠です。

幼児期にはとりわけ水分が不足して、水分代謝が悪くなりかねませんので、こうした日ごろの心がけで予防や改善を目指していきましょう。

水分代謝は重要な役割があります


水分代謝は体の温度調節機能や、老廃物を汗や尿として排出するために不可欠です。

幼児期にはとりわけ脱水状態になりやすいので、水分代謝をよい状態に維持するのが簡単ではありません。

保護者が十分に配慮してあげないと、脱水による症状の悪化も早い子供にとっては最悪の場合、命にもかかわります。

十分な水分を摂取して、よい状態を保ちましょう。

とはいえ、少しの心がけで十分に予防することは可能ですので、食生活や生活習慣、水分補給のタイミングなどを見直していきましょう。

水分補給を忘れずにしましょう

幼児期の水分補給はとても重要です。

子供は代謝が良く、水分不足で水分代謝が落ちてしまうことがありますので、こまめに水分補給をしながら、体内の水分が十分に保てるようにしましょう。

保護者は子供の体温や体の状態をよく観察して脱水症状にならないように注意しましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る