むくみ改善に役立つ水分代謝アップのお茶とは?

水分代謝をあげるには血行を良くするお茶が有効です


水分代謝を良くする方法のひとつとしてお茶を飲むことがあり、お茶に含まれる成分によって余分な水分を排出しむくみ改善に役立てます。

そのためのお茶は、体を温めて血行を良くする成分が入った種類を選びますが、具体的には紅茶・ほうじ茶・番茶・プーアル茶などが適しているのです。

むくみは冷えから起きていることも多いので、原因が冷え性と考えられる場合にはこれらの温かいお茶を飲むことを続けてみましょう。

淹れ方や飲み方を間違えると逆効果も

お茶の種類は非常に多いので中には体を冷やす成分が主なものもあり、暖かい地方でとれる茶葉を使ったお茶や、色の薄いお茶は体を冷やしてしまうのです。

たとえば、緑茶は一年中愛飲する人も多いお茶ですが、温かい緑茶で飲んでも成分により体を冷やすことになります。

せっかく水分代謝アップを目指して飲んでいても、逆に代謝を低くする可能性があるのでは逆効果になってしまうでしょう。

水分代謝アップに役立つお茶と飲み方


水分代謝をあげるためにはこまめな水分補給は欠かせませんが、その時に選ぶお茶の種類や飲み方にも気を付ける必要があります。

「お茶を飲むように心がけているけれど、冷えが良くならない」と感じているのであれば、お茶の選び方や淹れ方、飲み方に問題があるのかもしれません。

では水分代謝アップのために選びたいお茶の種類や飲み方をご紹介します。

淹れた時、色の濃いお茶を選ぶ

水分代謝アップには血行を良くする必要があるので、体をあたためる成分を含むお茶を飲むことがポイントになります。

しかしお茶には種類が多いので、どのお茶を飲めば良いか種類をあげればきりがないでしょう。

そこで、体をあたためる作用が期待されるお茶を見分けるポイントですが、「色の濃いお茶」であることです。

たとえば、紅茶・ほうじ茶・番茶・プーアル茶・黒豆茶などがそれにあたります。

ですが紅茶やウーロン茶にはカフェインが含まれていることから、水分代謝アップを目的として常飲するのであればカフェインの少ないほうじ茶・番茶を、そして妊娠中や授乳中には全くカフェインを含まない黒豆茶を選びましょう。

純水で淹れる

純水は、原水となるおいしい湧水の中に含まれている不純物を99.9%取り除いて作られたお水なので、ほぼ水分だけともいえるものです。

そのためお茶を純水を沸かしたお湯で淹れた時、茶葉の成分が十分お湯の中に抽出されます。

もしミネラルウォーターでお茶を淹れたとすれば、お水の中には既にミネラルが存在しているので、その分抽出成分は少なくなるでしょう。

それにお茶によってはミネラルと相性が悪い茶葉の成分もあるため、水分代謝アップに役立ってくれないこともあります。

なので、お茶の成分を邪魔しないほとんど水分だけでできている純水を使って体をあたためるお茶を淹れることが、水分代謝アップには適していると言えるのです。

慣れないうちは白湯と併用する

今まで番茶や黒豆茶を飲んだことがないと、急にこまめに飲むことは難しいのではないでしょうか。

飲み慣れない味に飲みにくさを感じるだけでなく、体にとっても慣れない成分が常に入ってくることで何らかの反応が起きないとも限りません。

そのため、体をあたためるお茶がまだ慣れていない物である時は、純水の白湯と交互にするなどして飲む回数を調整しましょう。

たとえば、朝起きた時や寝る前などには慣れた水分の方が飲みやすいので純水の白湯を飲み、食後の水分としてお茶を飲む方法があります。

お茶の成分を積極的にとって水分代謝をあげたいからといって無理をする必要はなく、自分の体に合わせて慣らしていき続けることの方が大切なのです。

お茶を淹れることが面倒と感じるのなら、ホット用のマイボトルを用意してたっぷりまとめて淹れたお茶を詰めておけば、必要な時にすぐ飲むことができます。

どうしてもお茶を淹れられない時には純水の白湯を飲めば良いので、自宅にウォーターサーバーを設置しておけば、熱いお湯と冷たいお水で温度調整をしてすぐに純水の白湯を飲むことが可能になり便利です。

お茶によっては水分代謝を妨げるものもあります

お茶に含まれる成分にはさまざまなものがあり、お茶によっては水分代謝を邪魔するものもあるのです。

たっぷりの水分が体内にあることで水分代謝はスムーズになりますが、水分吸収を阻害し排出を積極的に行う利尿作用の高いお茶は避けましょう。

もし利尿作用の強いお茶をこまめな水分補給に使ってしまうと、水分の排出ばかり促され、たくさん飲んでいるけれど水分が不足する可能性もでてくるのです。

純水でいれたお茶を飲みましょう

体をあたためて水分代謝をアップさせるお茶を飲むには、お茶成分をしっかり出すことのできる純水で淹れることがポイントです。

そして純水で淹れた温かいお茶を飲んで血行を促進し、水分代謝アップへと導きましょう。

または、純水の白湯とお茶をバランスよく飲む方法もおすすめです。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る