水分不足だと疲れやすいの?

水分不足で疲れやすいことはあります


人間の体は60%以上が水分で構成されており、体には水分はなくてはならない成分です。

体内の水分は体液となり、多くは血液になっていきます。

水分不足になると、血液がにごってどろどろになり、血液循環が悪くなっていきます。

血行が悪くなることは、体にさまざまな障害ももたらします。

血行が悪く脳への血液供給が少なくなれば頭痛の原因となり、代謝にも血液は関係しているので代謝も悪くなります。

その結果として、体の隅々まで栄養や酸素を十分に供給できず、疲れやすくなります。

水分不足で出る症状で疲れやすいかわかります

水分不足は血行に関係しているので、関連する症状で疲れやすいかどうかもわかります。

頭痛が起きやすい、汗が出にくい、口が渇きやすい、尿の色が濃いなどあれば、血行不良のサインであり、疲れやすい体であると言えます。

もしも、疲れやすく水分不足となっているならば、水分補給をして、水分不足の状態を改善するのが、疲れやすい体の改善に繋がるでしょう。

日常の中でこまめに水分補給します

水分不足を解消するならば、水分補給を行い、体に水分を取り込むしか方法はありません。

汗をかく以外にも、人は常に体から水分は失われるので、水分補給をしないと、自然と水分不足になってしまいます。

水分補給のための飲み物

水分補給には、飲み物はいろいろありますが、適した飲み物があります。

どんな飲み物でも、飲めば水分補給になるということではありません。

飲み物の中でも、一番手軽なのはお水であり、日常的の飲む飲み物として良いです。

カルキなどが気にならない方は水道水でも良いですが、何も含まれていないピュアウォーターなどが、体には良いと言えるでしょう。

その他にも、アルコールや砂糖の含まれない飲み物で、お茶なども良いでしょう。

運動する時や暑い時期は汗をかき、汗をかくと体から水分が失われます。

汗には水分の他に塩分やミネラルも含まれており、それらも一緒に体から失われます。

汗をたくさんかいたときには、スポーツ飲料を飲むと、汗と一緒に失われた成分を補給できます。

ただし、スポーツ飲料には糖分も沢山含まれているので、お水に塩やクエン酸などを加えて自分でスポーツ飲料を作ることもできます。

水分補給のタイミング

日常生活の中では、それほど水分補給を意識することはないでしょうが、水分が失われる機会は多いです。

入浴時は汗をたくさんかくので、水分が失われて、入浴後に飲み物を飲むようにします。

朝起きたときも、寝ている間は水分補給をできず、意外にも睡眠中に水分が失われるので、起きたときも飲み物を飲むようにします。

忘れてはならないのは、お酒を飲んだときも水分は失われます。

お酒にはアルコールが含まれており、アルコールは体内で分解されますが、分解するときに水分を必要とします。

またアルコールには利尿作用もあるので、飲んだ以上の水分を体から出してしまいます。

お酒を飲んだときは、他の飲み物も飲むようにしましょう。

そして、どのような時でも、のどが渇いたと感じたときは、すでに体から水分が失われています。

のどが渇く前に、水分補給をするようにすると、水分不足を防げます。

夏と冬の水分補給

夏は汗をかきやすいので、体から水分が失われやすく、飲み物を意識して飲む人が多いでしょう。

夏であれば、汗を沢山かくようなこともあるので、そのような時はスポーツ飲料も飲むと良いです。

逆に冬は寒いので、沢山汗をかくようなことは少ないかもしれません。

しかし汗をかかなくても、冬も水分は体から失われやすいです。

冬は乾燥して湿度が下がるので、体も乾燥しやすく、皮膚呼吸や呼気から水分が失われていきます。

このために、冬であっても意識して水分補給を行うようにしましょう。

もちろん、春や秋でも、人間は生きていれば水分が体から失われていくので、水分補給をして、水分不足を防ぎます。

特に水分は、血液になる以外にも、体温調節、栄養運搬、細胞に弾力と潤いを与えるなど、いろいろな機能面で重要な役割を果たします。

四季に関係なく、上手に水分を摂っていくと、疲れにくくするばかりでなく、体にも良いです。

上手に水分補給


体の機能を正常にして疲れにくくするための水分補給は、上手に行っていきましょう。

一般的に2L程度の飲み物を、1日に飲むと良いとされており、こまめに補給していきます。

飲み物を飲むのを習慣化するのも良く、水筒を持参する、ウォーターサーバーを活用するなどします。

日常生活の他に、仕事や運動の時も、水分補給をうまく行うことで、自然と水分を補給できるようになります。

身近なところに、飲み物を置いておくと、いつでも水分補給を行えて、水分不足も防ぎやすいです。

意識して飲み物を飲みましょう

近くに飲み物を用意しておく他に、意識して飲み物を飲まないと、水分補給はできません。

そのために、休憩時間や手の空いた時間などを使い、積極的に飲み物を飲むようにしていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る