外仕事のとき水分補給はどのようにすれば良いの?

汗をかきやすい外仕事は吸収しやすい成分の水分を摂取しましょう


外仕事をしている人は、特に汗をかきやすく、水分不足に陥りやすいです。

脱水症状になり、熱中症になってしまえば、その場で倒れてしまう可能性もあります。

喉が渇いたと感じてからの水分補給では遅いため、こまめに水分をとり、体内で水分不足が引き起こされないように心がけましょう。

特に暑いシーズンの対策は重要です。

水分補給をする際は、吸収しやすい成分のものを取り入れるように意識しましょう。

ドリンクの温度なども重要です。

大量に水分を取れば良いわけではありません

外仕事をする人の水分補給は、ただ闇雲に大量のお水を飲めば良いというわけではありません。

人間の身体から配分が排出される際には、水分以外にも様々な成分が一緒に出ていってしまっているからです。

暑い時期は大量に冷たい水を飲みすぎてしまうことで低ナトリウム症になってしまう場合もあるため、取り入れるドリンクの成分や温度を意識して、体内の循環が安定するようにしましょう。

外仕事の人が意識したい水分補給の方法

外仕事の人は、相対的に水分を体内から失ってしまいやすいです。

外気の影響を受けやすいため、乾燥や暑さなどの変化にもさらされやすく、特に夏場などはたくさん汗をかき、水分をたくさん失ってしまうため、熱中症などの危険性も高まります。

暑さから水分補給のバランスが乱れてしまい、お水はたくさん飲んでいたはずなのに倒れてしまったというケースも多いです。

効果的で安全な水分補給の方法について、詳しくチェックしていきましょう。

冷たいドリンクをいっきに飲むのは避けること

暑いシーズンなどは、冷たいお水やスポーツドリンクをごくごく飲んでしまう外仕事の人は少なくありません。

まったくお水を飲まないよりは良いと感じる人も多いですが、冷たいものばかり飲んでいると、代謝の乱れが引き起こされやすくなってしまいます。

そのため、汗をかきやすい人が飲むドリンクは、5℃から15℃程度の常温のものが良いでしょう。

汗をさましたり、体温を調整したりするのは、水分補給以外のポイントで行うようにしてください。

一度にたくさんの水分を取りすぎてしまうと、処理スピードが追いつかなくなってしまい、肝臓に負担をかけることもあります。

一回に口に含む程度、一時間に250ミリリットル程度の量が適しています。

基本は喉が渇く前に水分補給をすることです。

こまめに少しずつ飲むことを忘れないようにしてください。

成分にこだわって水分補給をするようにする

外仕事の人が陥りやすいトラブルに、「低ナトリウム症」があります。

体内の塩分濃度が極端に低くなってしまい、めまいや吐き気を催してしまう症状で、酷い場合は倒れてしまうようなケースも多いです。

この低ナトリウム症は、汗と一緒に大量の塩分を体外に排出してしまい、その補給が追いついていないことで引き起こされてしまいます。

発汗によって体液を失ったところで、お水だけを飲んでいると、身体は体液濃度を調整しようとして、かえって水分をたくさん失ってしまい、水利尿が促進され、結果的に自発的な脱水症状になってしまうのです。

短時間に大量の汗をかく人は、水分と一緒に適量の塩分を取り入れるようにしましょう。

糖分や塩分の取り過ぎにも注意する

スポーツドリンクは、吸収力が高いため、夏場のスポーツや外仕事のときに、塩分と水分を効率よく補給するのに適しています。

しかし、エネルギーに変換されなかった糖分は、そのまま脂肪として蓄積されてしまうため、過剰摂取は肥満に繋がってしまうデメリットもあります。

糖分を摂取しすぎると、ビタミンB1の消耗も激しくなってしまうため、集中力が低下し、仕事の効率が下がってしまうきっかけにもなります。

塩分や糖分が含まれたドリンクで水分補給をする場合は、バランスとカロリー計算を重要視してください。

水分の補給が目的であれば、不純物の入っていないピュアウォーターという選択肢もあります。

喉が渇く前に飲むのが大切です


「喉が渇いた」と感じているとき、既に人間の体内では脱水が進行しています。

「まだ喉が渇いていないから」といって水分補給をしないのではなく、定期的にコツコツと水分を取り入れるようにしましょう。

また、気温や天候などの気分によって、水分補給の量を減らしてしまうのも危険です。

日差しが強く無くても、たくさん汗をかいていることはありますし、自覚なしに疲れている場合や、体内の栄養バランスが乱れていることは少なくありません。

睡眠不足などの際は、特に熱中症にかかりやすいです。

外仕事は計画的な水分補給を目指しましょう

外仕事をする人は、汗によって大量の水分や塩分を失いやすいです。

熱中症や低ナトリウム症、集中力の低下やだるさなどを引き起こしてしまう危険性もあるため、水分補給の時間を定期的に取り、がぶ飲みも避けてください。

その際には、塩分や糖分の含有量も注意しましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る