熱中症対策の水分補給はお水の他に砂糖と塩も必要?

熱中症対策の水分補給には砂糖と塩を含む経口補水液が効果的です


熱中症対策として、水分補給に気を付けているという人は多いかもしれません。

しかし、水分補給だけでは熱中症を対策することはできません。

普段の水分補給であれば、もちろんお水だけで十分ですが、大量に汗をかいた場合は、水分とともにナトリウムなどのミネラルも失ってしまうため、お水とともにミネラルも補ってあげる必要があります。

熱中症を対策するには、水分と失ったミネラルも補える経口補水液が適しています。

経口補水液は砂糖と塩をバランスよく摂れ、吸収されやすいです

経口補水液はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、スポーツドリンクとは違います。

経口補水液とは失われた水分や塩分、糖分などが腸内で速やかに吸収されるように配合された飲み物のことです。

水分だけでなく、失った塩分や糖分などがバランスよく含まれていて、なおかつ吸収されやすいため熱中症対策に適した飲み物です。

お水と砂糖と塩で経口補水液をつくって水分補給を行いましょう

経口補水液は薬剤師さんがいる薬局などに売られていますが、自分で作ることも可能です。

下痢や風邪などの体調不良のときにも適しているため、いざというときのために作り方を知っておくといいでしょう。

経口補水液について詳しく解説していきます。

経口補水液はスポーツドリンクよりおすすめ

熱中症対策や風邪のときには、スポーツドリンクというイメージを持つ人が多いかもしれません。

しかし、スポーツドリンクは確かに水分と糖分、塩分を含みますが、塩分の割合が少なく、糖分の割合が高いです。

そのため、飲み過ぎてしまうと糖分を摂りすぎてしまったり、塩分を十分に補えなかったりする可能性があります。

また、スポーツドリンクはカロリーも高めなため、カロリーを気にしてしまう女性も多いのではないでしょうか。

経口補水液はスポーツドリンクよりも糖分が少なめで、塩分の配合も配慮されているため、水分と糖分、塩分をバランスよく摂ることができておすすめです。

経口補水液を飲んだ方がいいときってどんなとき?

熱中症対策には経口補水液が最適ですが、経口補水液はその他の場面にも適しています。

  • 発熱したとき
  • 嘔吐があるとき
  • 脱水のとき
  • 下痢が続くとき

体調不良が続くときなども、経口補水液が効果的です。

経口補水液はスポーツドリンクよりもナトリウム、カリウム、塩分、糖分が少ないため、病的な脱水症状などにも適しています。

経口補水液は一気に飲むのではなく、5~10mlを少しずつ飲むようにしましょう。

一気にたくさん飲んでしまうと、嘔吐してしまう可能性があるので注意しましょう。

また、経口補水液は心臓や腎臓に負担をかけてしまう場合があるので、医師からナトリウムやカリウムの摂取を制限されている人は避ける、もしくは医師に相談してから飲むようにしましょう。

いつ飲んだらいいの?

熱中症対策の場合だけでなく、こまめに水分補給を行うようにしましょう。

理想は喉が渇く前に飲むようにすることです。

喉が渇いたと感じたときには、すでに脱水症状の初期になっていると言われています。

普段から水分をあまり摂らない人は、あらかじめ水分補給をする時間の間隔を決めておくといいでしょう。

経口補水液の作り方

経口補水液は薬局などでも購入することもできますが、ほとんどの家にお水と砂糖と塩はあるため、自分で作ったほうが経済的で余計な添加物も含まないため安全です。

経口補水液の作り方について説明していきます。

材料

  • お水  1L
  • 塩    2g
  • 砂糖  40g

作り方は簡単で、材料を空のペットボトルなどに入れて、フタをしてよく振ります。

使用するお水はピュアウォーターがおすすめです。

塩分濃度は0.1~.2%、糖分濃度は3~5%くらいを目安にして好みの配合で作ってみてもいいでしょう。

レモンやクエン酸などを入れると少し飲みやすくなり、果物を入れることでカリウムも摂れるのでおすすめです。

経口補水液の温度は5~15℃くらいがベストだといわれています。

水温が高すぎると身体への吸収力が弱まるので、適温で飲むようにしましょう。

汗をかいたときは、水分だけを摂ればいいというのは間違いです


汗をかくと水分だけでなくミネラル分も失ってしまうため、大量の汗をかいた場合は水分補給だけでは意味がありません。

むしろお水だけ摂ってしまうと余計に体内の塩分濃度が下がり、塩分濃度を上げるために尿として水分をさらに排出してしまいます。

経口補水液は水分だけでなく、糖分や塩分をバランスよく摂ることができ、さらに糖分を適度に含む水分は腸で速やかに吸収されるため、熱中症対策や体調不良のときの水分補給として適した飲み物といえます。

熱中症対策や発熱・脱水のときには、経口補水液を飲みましょう

普段の水分補給にはお水だけでも十分ですが、水分だけでは補えない場合もあります。

大量の汗をかく場合や風邪や下痢などの体調不良の場合の水分補給には、経口補水液を飲むといいでしょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る