【保存版】お水を1日2リットル飲むとどんな効果があるの?

お水を1日2リットル飲むことで、基礎代謝アップによるダイエット効果やデトックス効果も期待できます


水分補給は身体を健康に保つために必要です。体内に水分が取り込まれると、血液にのって身体の隅々にまで運ばれて細胞活動に使われます。代謝が上がり、熱が生まれて脂肪が燃えやすくなるのでダイエットにも効果的です。

また内臓機能が高まり基礎代謝が上がれば、効率よく体内で作られたエネルギーが消費されていきます。お水は1日に2リットル飲むと良いと言われますが、必要な水分量は体重によって異なるので、自分に必要な水分量を計算して覚えておくようにしましょう。

1日に2リットルのお水を飲むと脂肪を燃焼しやすい体質になると言われています

水分が足りていないと、血液がドロドロになったり代謝が低下したりしてしまいます。お水を1日に2リットル以上飲むことで血流もよくなって代謝が上がり、それにともなって体温も上昇します。

体温が上昇するとエネルギーの消費量がアップし、エネルギーを消費しやすい体質になっていきます。体温が1℃上がると、代謝は約12%も上がると言われているため、体温を上げるだけでも痩せやすい体質になりダイエットに効果的です。

また、お水をたくさん飲むことでお肌の透明感がアップするなどの美肌効果や、体温が上がることにより免疫力もアップします。お水をたくさん飲むことはデトックスだけでなく、美容面や健康面でもよい影響を与えてくれるのです。

お水を飲むことで基礎代謝が上がります

体内の細胞活動の活性化には水分が必要です。血液の大半が水分でできており、お水を飲むと血液中の水分が増えるので血流がスムーズになります。身体の隅々に水分が行き届きやすくなり、細胞が活発化して代謝が上がります。

すると、エネルギーの消費効率が高まり、カロリー消費促進につながるのです。摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなると、脂肪を燃やしてエネルギーを作ろうとするため、痩せやすい体質へと変わっていきます。

また、水分摂取は食欲抑制にも効果的です。食前にお水を飲むとお腹が膨れるので食事量を減らすこともできます。

お水を1日2リットル飲むと、デトックスにつながるメカニズムとは

私たちの体の60%は水分ですが、血液の50%もまた水分でできています。お水を適切な量を飲むことで血液がサラサラになり、血流やリンパの流れがよくなります。栄養分や酸素だけでなく老廃物の運搬のスピードもアップし、代謝も上がるためさらに老廃物の排出を促します。

水分が不足していると血液がドロドロになり、老廃物が溜まりやすくなったり便秘になりやすくなったりしますが、たくさんのお水を飲むことで血行や発汗、排便を促して老廃物を排出しやすくしてくれます。

デトックスとは体内の毒素や老廃物を体外に排出することです

血液中の水分が少ないと血流が悪い状態になり、細胞の代謝に必要な水分や栄養素が届きません。体内の老廃物も排出されず、代謝の低下や腸内環境の悪化につながり、身体が不調状態に陥ります。そして、便秘や肌荒れ、冷え性などを招きます。

お水を飲むことで体内の老廃物が押し流され、細胞活動の活性化により代謝アップなどのデトックス効果も期待できます。それにより、便秘や肌荒れなどの不調の改善にもつながるでしょう。

体を動かすことで汗が出ますが、汗からのデトックス効果は少ないと言われています。お水を多めに飲んで尿や便などで排泄するほうが、デトックスには効果的です。

効率よく上手にお水を取り入れて、身体の中からキレイになろう


1日にどのくらいお水を飲んでいるかは意識していないと把握していないことが多いです。まずは自分が1日にどのくらいのお水を飲んでいるのかチェックして、1日に2リットルは飲むようにしていきましょう。

正しいお水の飲み方

お水は1日に2リットルをこまめに分けて飲むようにしましょう。一気に飲んだり、冷たいお水を飲んだりすると体が冷えて代謝が低下して逆効果になってしまいます。

飲むお水にはこだわって

ただお水をたくさん飲めばいいというわけではありません。体内に入れるものですから、飲むお水の質にもこだわりましょう。

水道水を一度沸騰させて冷やしてから飲んでいるという人も多いかもしれません。沸騰させることで水道水に含まれるカルキは揮発しますが、発がん性のあるトリハロメタンは倍増してしまいますので水道水は避けたほうがいいでしょう。

安心して飲める純水がおすすめ

飲むお水は不純物が取り除かれている純水がおすすめです。非常に細かいフィルターを使用してろ過されたお水には、有害物質などが含まれていないので安心して飲めます。

また、軟水で飲みなれている日本人の口に合いやすく、飲みやすく感じる人が多いです。

ミネラルウォーターは有害物質を含んでいる可能性も

ミネラルを摂れるミネラルウォーターを飲んでいる人も多いかもしれません。

ミネラルウォーターはろ過や殺菌工程に制限がかかってしまうことが国により定められており、分子が小さい有害な不純物は取り除くことができないため含まれている可能性があります。

デトックスウォーターもおすすめ

お水がデトックスに効果的でも、「お水は味がないから苦手」という人は少なくありません。お茶やコーヒーには利尿作用があるうえ、分解するのに体に負担がかかるので、メインの水分補給にはお水の方がいいでしょう。

お水が苦手な人はお水の中にカットした野菜やフルーツを浸すだけのデトックスウォーターがおすすめです。カットした食材をボトルに入れて、お水を入れて冷蔵庫で冷やすだけなので簡単に自分で作ることができます。デトックスウォーターはお水の他に、食材に含まれるビタミンやミネラルなどを摂ることができます。

食事にも含まれる水分量を考えてお水を摂取しましょう

1日必要な水分は飲み物以外にも食事から摂取することが可能です。水分を多く含んだ食材を上手く食事に取り入れると効果的です。

食事量の中にどの位の水分が含まれるかを把握し、その分の水分量も1日の水分摂取量に加えましょう。更に、水分をより多く摂取できるように、スープや蒸し物を増やすなど、調理法を工夫するのもよいと言えます。

また、1日2リットルものお水を毎日飲み続けるのは慣れるまでは大変かもしれません。一気に大量のお水を飲もうとせず、数回に分けてこまめに摂るのが良いとされています。

入浴後や起床時は身体が水分不足に陥りやすいので意識してコップ1杯のお水を飲みます。食事前や外出前後、喉が渇いた時など定期的に水分を補給することが大事です。

(まとめ)お水を1日2リットル飲むとどんな効果があるの?

お水を1日2リットル飲むことで、基礎代謝アップによるダイエット効果やデトックス効果も期待できます

お水を1日2リットル飲むと水分が主成分の血液の流れが良くなり、細胞の隅々にまで水分が行き渡ります。すると細胞活動が活発化し、代謝が上がって体温が上昇します。

脂肪が燃やされてエネルギー消費もなされるのでダイエットにも効果的です。さらに体内の老廃物が押し流され、血液がサラサラになりデトックス効果ももたらします。

便秘や冷え性改善にも良いとされているので、1日数回に分けてこまめに飲むことも大事です。また、不純物のない純水は体にも負担がかからないのでおすすめです。お水を飲むのが苦手な人は、水分を多く含む食材や水分を増やす調理法を食事に取り入れるだけでも、飲み物以外のところからも水分が補えます。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る