【保存版】ダイエットにはお水とお茶どちらが効果的?

ダイエットのために飲むなら、身体に負担をかけないお水の方が効果的と言えます


ダイエットのために水分が大切という話は多くの人が知っていますが、お茶とお水どちらでもいいという訳ではありません。ダイエットを目的として十分な水分を摂取したいと思うなら、お茶ではなくお水が良いと言えるでしょう。

お茶に含まれるカフェインやカテキンの成分を分解するために、どうしても身体に負担がかかってしまうからです。適量であればお茶を取り入れる事もおすすめですが、身体に負担がかかると基礎代謝が下がり痩せにくい体になりやすいと言われています。

そのためダイエット中はメインの水分補給をお水とし、飲むお水の種類や飲むタイミングなども注意して効果的なダイエットを実現しましょう。

カフェインやカテキンなどの成分が含まれるお茶は、内臓に負担をかける可能性があります

ダイエットのために摂取するのがお茶ではなくお水がいい理由をさらに紹介します。またお水をどのように飲むのか、どのようなお水がより効果的なのかを理解し、正しい知識の下でダイエットを行ってください。

まずはお茶を飲む場合のカフェインの及ぼす影響について理解しておきましょう。カフェインの及ぼす影響として代表的なものは、不眠、睡眠障害です。よく眠れなくなると、体の機能が低下します。そうすると当然代謝も落ちてしまいます。

代謝が落ちてしまうと脂肪を燃焼しづらい体になってしまいますのでダイエットには不向きです。また、食欲の暴走という原因にもなりかねません。さらにカフェインには体を冷やす作用もあるため、血流が悪くなり、体の働きを低下させます。

また、普通のお水と異なることは、カフェインには利尿作用があるために、お水を飲んだ場合よりも水分を失いやすく、むくみやすくなってしまうのです。カフェインレスのお茶などもありますが、お水ではなくお茶であるという時点で、成分を分解する際に体に負担がかかるため、おすすめできません。

こうした理由から、ダイエットの際にはお茶よりもお水を飲む方が体に負担なく、より痩せるために効率よく水分を摂取することができるのです。

カフェインの摂取が腎臓に与える影響

コーヒーに多いことでも知られるカフェインは、実はお茶にも含まれます。特に腎臓の機能が低下している時にコーヒーやお茶を過剰摂取すると身体に良くありません。

腎臓機能が弱っていると体内のカリウムを排出しにくくなります。お茶やコーヒーにもカリウムが含まれており、腎臓で排出できない分が溢れ出して高カリウム血症などを招き、不整脈の原因ともなるのです。

さらにコーヒーを飲みすぎるとトイレが近くなりますが、これはカフェインの利尿作用によるものです。排尿量や回数が増えると体内の水分量不足にもつながります。

またお茶にはポリフェノールの一種、カテキンも含まれています。カテキンの摂取量が正常なら問題ありませんが、過剰摂取すると健康被害を招くリスクもあるので注意が必要です。

含有成分からも、ダイエットにはお水とお茶どちらが効果的かを比べると、体に優しいお水だと言えるでしょう。

⇒水ダイエット中にお水以外のものを飲みたくなった場合については、こちらの記事【保存版】水ダイエット中の飲み物はお水じゃなくてお茶でもいいの?をお読みください。

お水を飲むタイミングは「こまめに複数回」がおすすめです

ダイエットのためにお水を効果的に飲む場合、いつ飲むのか、タイミングも非常に重要となります。お水の飲む量としての目安は1日に2リットルと言われています。

しかし一度にそれだけのお水を飲んでしまうと、逆に体の水分代謝が間に合わず、むくみの原因になってしまいます。そのため、こまめに複数回に分けてお水を飲むようにしましょう。

特に水分不足になりがちな就寝中の時間に備えて、就寝前に水分を補給することと、寝起きに必ずコップ一杯のお水を飲むことなど、生活の一部としてお水を飲むタイミングを定着させていくと楽に続けることができるでしょう。

食事の前にお水を飲むこともカロリーの摂取を抑える働きが期待できるのでおすすめです。また、お水を飲む際には冷えたお水ではなく常温のお水を飲むようにしましょう。そうすれば、身体を冷やすことなく、代謝を落とさずに摂取することができます。

⇒ダイエットと水分不足の関係については、こちらの記事【保存版】寝る前にお水を飲むとダイエットに効果があるって本当?をお読みください。

食事の前の一杯は食欲抑制に効果的な方法です

食べ過ぎを防ぐには食事前にコップ1杯のお水を飲むのが効果的な方法です。

1杯のお水でお腹が多少膨らむので食欲が抑えられ、食事量が減ります。そのうえお水はカロリーゼロなのでたくさん飲んでも太らず便利です。食事によって得られる摂取カロリーが消費カロリーを下回れば、脂肪が蓄積されにくい体になるのでダイエット効果にもつながります。

お水を飲むタイミングとしては、食事の30分前までが良いでしょう。食事直前だと水で消化液が薄まり、消化不良を起こす可能性があるからです。

基礎代謝UPや便秘の改善など、お水にはたくさんのメリットがあります


お水を飲むことは疲労回復など身体に様々な良い効果をもたらすと言われています。水分補給に適さない飲み物もあるので注意しましょう。

疲労回復効果

体内の水分が不足すると、血液の主成分は水分なので血液の流れが滞ります。すると血液中の酸素や栄養素が各細胞に行き届かなくなり、疲労物質が溜まり疲労感が強まります。

つまり、水分補給により血流がスムーズになることで、疲労回復効果が期待できるのです。

むくみ解消効果

むくみは細胞間に水分が溢れ出し停滞することで起こります。水分の摂りすぎでもむくみが生じますが、水分不足により血流が悪くなると、血管から細胞間へ水分が多く流れ出てしまうためむくみが起こるのです。

水分補給することで血液やリンパの流れがスムーズになり、余分な水分が排出されるためむくみ解消につながります。

便秘解消効果

水分不足になると便が硬くなって排泄しづらくなり便秘に陥ります。お水を飲むことで便が軟らかくなって排出がスムーズになり、便秘解消につながります。

また、冷たい水は腸を刺激するので蠕動運動が起こり、便が押し出されやすくなるのです。

ダイエット効果

お水を飲むと体を温めようと熱が生成され、基礎代謝が上がります。代謝が活発化して脂肪が燃えやすい状態になるので、ダイエットにも効果的です。

美肌効果

水分不足になると血液の流れが悪くなり、細胞の新陳代謝が落ちて肌のターンオーバーも乱れます。お水を飲むことで血液循環が良くなり、老廃物が排出されていくので肌の新陳代謝も活発化します。

その結果肌の調子が良くなり、美肌作りにつながるでしょう。

⇒水分補給とデトックスの関係については、こちらの記事【保存版】ダイエットでは水分補給して尿を出した方がいいの?をお読みください。

水分補給におすすめできない飲み物

水分補給を行うといってもどんな飲み物では良いわけではありません。コーヒーやお茶には利尿作用があり、水分が排出されてしまうカフェインが多く含まれるので、適さないです。

さらに糖分を多く含む炭酸を含めたジュースも、味が美味しいので飲みすぎてしまうかもしれませんが、糖分の摂りすぎとなり体によくありません。また、栄養ドリンクにはカフェインが多く含まれ、お酒にはアルコールの分解に水分が含まれ、利尿作用があるのでNGです。

不純物を排除したピュアウォーターはダイエットに最適です

どのようなお水を飲めばいいかもダイエットには重要です。お水には様々な種類があります。ダイエットに最適と言えるのは、ピュアウォーターでしょう。ピュアウォーターであれば、不純物が全く入っていないので、身体に負担をかけることがありません。

ミネラルウォーターに比べても、不純物がない分安全なお水ということができます。実はミネラルは分解するために内臓に負担をかける成分です。ですから適量であれば体には良いものかもしれませんが、1日に2リットルもミネラルウォーターを飲んでしまうと体の機能を低下させてしまう可能性もあります。

さらに、硬度によっては日本人の体質に合わないものもありますので、実はどのようなお水を選ぶかも非常にデリケートな問題なのです。そうした心配な点をすべてクリアしてくれるのがピュアウォーターです。

ダイエットのために毎日2リットル程度のお水を飲もうとしているなら、身体への負担の少なさを考えてピュアウォーターにするのが安心でしょう。

ウォーターサーバーであれば簡単に質のいいお水を飲むことが出来ます

ウォーターサーバーなら、キレイで体にも良いお水がいつでも飲めます。冷たいお水や炭酸水はのど越しがいいのでつい一気に飲んでしまいがちです。

しかし、飲みすぎてしまうと体も冷えてしまいます。ウォーターサーバーは温かい白湯を簡単に摂取できます。白湯は内臓を温め機能を向上させて基礎代謝を上げ、脂肪燃焼を促進するのでダイエットしたい人にも良いと言われています。

(まとめ)ダイエットにはお水とお茶どちらが効果的?

ダイエットのために飲むなら、身体に負担をかけないお水の方が効果的と言えます

お茶には内臓に負荷がかかりやすいカテキンやカフェインなどの成分が含まれています。カフェインには不眠や利尿作用などがあり、体内の水分を減らして代謝を下げる可能性があります。カテキンも過剰摂取すると身体に良くありません。

ダイエットにはお水とお茶どちらが効果的かというと、余分な成分が含まれないお水です。お水は1日に数回、少しずつ摂取したほうが良いと言えます。また、食事前に飲むと食べ過ぎを防げます。

水分補給は疲労回復やむくみ、便秘の解消などにも効果的です。ウォーターサーバーがあれば、体を温める白湯もすぐ飲めるのでとても便利でしょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る