ダイエット中のマグネシウム摂取にはお水がいいの?

ダイエットに必要なマグネシウムはお水から摂取すると良いといえます


マグネシウムはミネラルの一種であり、人の体には必要な成分です。

不足しても良くなく、摂取しすぎも体に良くありません。

マグネシウムは、代謝を促し、エネルギー消費を助ける作用があり、体脂肪を燃焼させやすくしてくれるといえます。

そのために、ダイエットを目指す人は、必要量を摂取するようにすると、痩せやすい体を作ることが期待できます。

サプリメントもありますが、体のことを考えるとやはり食品やお水から摂取するのが良いです。

ダイエットではお水やマグネシウムは重要な働きをするといえます

マグネシウムは、代謝を促す働き以外にも、身体には重要な働きをします。

腸を活性化して便秘になりにくくする、糖をエネルギーに変える、筋肉や骨の収縮をサポートするなどあります。

ミネラルの一種であるため、身体には潤滑油のような役割を果たし、ある程度身体に必要な成分です。

ダイエットでは、下がった基礎代謝を上げるという効果を見込めます。

マグネシウムは健康のサポートに役立つといえます

マグネシウムは身体の中に巡って、代謝アップや糖をエネルギーに変えるなどの働きをします。

ダイエットにも重要な役割を果たしますが、その他の役割としても必要であるため、不足することのないように摂取しましょう。

食品やお水から定期的に摂取するのが良いといえます。

身体のバランスを整えます

マグネシウムの働きとしては、以下のようなものがあります。

  • 酵素の働きを活性化
  • 筋肉の収縮をサポート
  • 神経の興奮を抑制
  • 代謝アップ

人間に必要な量は、成人男性で1日340mg、成人女性で1日270mgです。

不足すると不整脈や血圧上昇を引き起こしやすくなり、過剰摂取すると血圧低下や下痢などを引き起こします。

身体にとっては重要な成分ではありますが、必要以上に摂取しても、不足しても身体には良くないのです。

過剰摂取すると尿として排出されますが、排出する以上に摂取すると身体に害を及ぼします。

マグネシウムとして有名なのが、豆腐に使うにがりであり、食品にも多く含まれます。

人体を構成する5%前後がミネラルとなっており、身体の組織を作るうえでも重要な成分となります。

マグネシウムは不足しがちな成分であるため、意識して摂取するようにすると良いでしょう。

食品にも多く含まれます

マグネシウムはにがりであり、豆腐に使われるため、豆腐にもマグネシウムは多く含まれています。

このために、このようなマグネシウムを多く含む食品からも、摂取することはできます。

食品でも特にマグネシウムが多いのが、お蕎麦や大豆、豆腐、ほうれん草です。

精製されていない穀類や種子などの植物に多く含まれていますので、このような食品を中心にした食事にすると摂取しやすいです。

玄米やお蕎麦、ライ麦などを使ったパンなどを食事に取り入れるようにします。

魚介類にも多く含まれますので、主菜を魚にすると、より効率的に摂取できます。

ただマグネシウムだけでなく、カルシウムとも一緒に摂取すると良いとされており、カルシウム2に対して、マグネシウム1の割合で摂取するのが良いです。

ただこのような割合は考えても難しいので、カルシウムの多い食品も一緒に食べるように心がけると良いといえます。

お水で摂取すると効果的です

お水には軟水と硬水があり、日本のお水は軟水で、欧米のお水は硬水だといわれています。

水の硬度は、カルシウムやマグネシウムが、多く含まれるかどうかで決まってきます。

マグネシウムを摂取するならば、食品やサプリメントを使うという方法もありますが、お水から摂取するのも効果的です。

特に欧米の方だと、カルシウムやミネラルの多いお水をダイエットに使う人も多く、人気があります。

マグネシウムは便秘も防いでお通じを良くし、カルシウムは体重増加を抑える働きも期待でき、ダイエットをしている人には、おすすめのお水です。

特に、食品からマグネシウムを摂取するとなると、多く含まれる食品を意識して食べないといけないため、なかなか難しいものがあります。

しかしお水であれば、時間のあるときや食事のときなどに飲めばよいので、手軽に摂取できます。

マグネシウムは食品やお水から摂取します


マグネシウムを摂取するならば、食品やお水を活用しましょう。

便秘を防ぐなど以外に、特に基礎代謝を上げる効果が期待できるので、ダイエットで体重を減らしたいという方にはとてもおすすめです。

食品以外にも、日本でもマグネシウムの多く含まれるお水は売られているため、そのようなお水を活用すると良いでしょう。

お水はそのままでなく、スープや味噌汁として摂取しても、意識してお水をわざわざ飲む必要がないので、手軽で簡単です。

摂りすぎは害になるのでほどほどにしましょう

マグネシウムはダイエットをする方に適している成分です。

しかし、1日の必要量は決まっているため、過剰摂取するのは身体に良くありません。

水分補給は不純物を含まないピュアウォーターを併用すると、マグネシウムを過剰摂取してしまう不安も軽減されます。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る