水分不足だとかゆみが生じるの?

乾燥肌だと刺激に弱くなりかゆみが生まれます


乾燥肌は肌の水分が不足している状態で、見た目にもカサつき容姿を気にする方の大敵と言えます。

乾燥肌になると肌細胞が弱まるため、健康的な角層が作られづらい状態になると考えられるのです。

そのような肌状態では、肌にひび割れや亀裂が生じやすくなり見た目だけではなく、ちょっとした刺激に対しても敏感になると考えられます。

敏感肌になればちょっとした外部からの刺激だとしても反応してしまい、かゆみとなって感じられることが考えられるのです。

セラミド不足が水分不足につながり乾燥します

肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」という構造で構成されています。

その表皮も角質層や顆粒層と言った4つの層で作られています。

一番上の角質層は角質細胞で構成され、その間をセラミドという細胞間脂質という脂質が満ち、それが水分の蒸発や刺激から守ってくれていると考えられるのです。

しかしセラミドが減れば水分を保持できず乾燥肌につながると言われています。

水分不足がかゆみの原因の一つとして考えられます

水分不足になると肌にかゆみが生まれることがあります。

この原因の一つに乾燥肌が考えられているのです。

特に冬場、乾燥肌になりやすい季節にあまり水分補給をしていない人は注意してください。

また乾燥肌になるメカニズムや、飲み物での対策も解説いたします。

温かい飲み物で水分補給をしましょう

水分不足によりかゆみが生まれているのでしたら水分補給を行うことが必要です。

飲むという方法で水分補給をしたいのでしたら、温かい飲み物が良いでしょう。

皮膚細胞は栄養によって正常な状態を保っています。

しかし栄養が不足となれば新陳代謝も悪化しますし、セラミドなどの保湿成分を作ることができなくなることが考えられるのです。

栄養を隅々まで行き渡らせるためには血流がスムーズでなければなりません。

この時、冷えたお水などを飲んでしまうと体の冷えにつながりますから、血流の悪化も考えられるのです。

そのため水分補給をしたいなら、温かい飲み物が適していると言えるでしょう。

また、体温が一度上昇するだけでも免疫力は高まるとも考えられています。

免疫力がしっかりしていれば、外部からの刺激に対しても強くなると言えるのです。

ハーブティーが血流や免疫に良いと言われています

体を温めたいならハーブティーなどもおすすめです。

例えば生姜湯には、スムーズな血流保持に役立つと言われるジンゲロールやショウガオールと言ったポリフェノールが含まれています。

健康的な血流は体の隅々まで栄養が行き届くことにもつながりますので良いと考えられているのです。

他にもレモングラスやローズマリーなども血流を助けるという話があります。

また、ジャーマンカモミールなどは基礎化粧品にも使われており、保湿の助けになると言われるフラボノイドなどが含まれているのです。

手に入りやすく手軽に作れるのは生姜湯かもしれません。

生姜をすりおろし、お湯で溶けば良いだけなので簡単と言えます。

もちろんお湯だけではなく紅茶に入れるのも良いでしょう。

このようなハーブティーを飲むことで、体内から乾燥肌にならないための健康的な肌を作ることが大切と言えます。

保湿成分が含まれた飲み物でも注意が必要です

保湿成分が含まれている飲み物もあります。

セラミドは多くの飲み物に含まれており、代表的なのがコーヒーや紅茶や烏龍茶を上げることができます。

一般的にセラミドは黒い飲み物などにも含まれていると言われているので適度に飲むのも良いでしょう。

ただし、飲みすぎには注意が必要です。

飲みすぎてはいけない理由の一つとしてコーヒーや紅茶にはカフェインも含まれているからです。

カフェインは利尿作用も含まれていますから、せっかく飲んだのに外へ出てしまえば意味がありません。

また烏龍茶などは脂肪を分解すると考えられ、飲みすぎることで必要以上の脂肪が無くなり乾燥肌の悪化につながるのでくれぐれも気をつけてください。

また、どんなに乾燥肌に良いからと言って、そればかりを飲むのは控えましょう。

栄養バランスを意識して飲むことで、乾燥肌予防が期待できると言えるからです。

またハーブティーもその他の飲み物も、ベースとなるお水にも注意してください。

水道水などではない不純物を取り除いたピュアウォーターなどが良いと言えるでしょう。

間違ったスキンケアや生活習慣でもセラミドの減少につながります


乾燥肌になる原因の一つにセラミドが減少することが挙げられます。

しかしなぜセラミドが減少するかその原因として考えられる一つに、間違ったスキンケアがあると言われているのです。

例えば力を入れて強くスキンケアをすることで、角質層だけではなく皮下組織全体へのダメージにつながるのです。

また、極端なダイエットを行えば栄養不足になり肌にも悪影響が出ますし生活習慣に問題があれば、新陳代謝に悪影響を与える可能性があります。

乾燥肌でかゆみが生じないよう水分不足に注意しましょう

水分不足でかゆみが生じるのはセラミド不足が考えられるのです。

セラミドが失われれば乾燥肌となり皮膚バリアも低下し、刺激に敏感となるのでかゆみにつながります。

水分不足予防のため、温かいお湯やハーブティーなどを飲んで対策をしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る